番組審議会

エフエム京都放送番組審議会レポート

放送番組の適正を図るために毎月1回、各界の有識者からなる委員によって放送番組が審議されています。
α-STATIONでは、この結果を踏まえて今後のより良い番組に努めております。

 

新型コロナウイルス感染症 拡大防止の為、会議への出席形式では無く、委員の皆様から対象番組の
審議結果を原稿として事務局宛にお送り頂く形で実施。

 

 


 

 

<委員(敬称略)>

柳澤伸司 (委員長)  ※敬称略

斎藤英之  (副委員長)

渡辺チカラ

小川勝章

國府宙世

中井雄作

沼光絵理佳

 

<放送事業者側出席者名>
黒柳輝昭 (番組審議会事務局長)
田井裕士 (番組審議会事務局)
堀秀和 (編成制作部/プロデューサー)

 

 


4.議題

『Thirty Note』について

 

5.議事の概要

 

タイトル :『Thirty Note』
DJ:和紗
放送形式/ レギュ
放送形式:レギュラー番組(事前収録)
ON AIR:毎週火曜日 19:00 - 20:00
※番組審議対象は6月29日放送分です

について審議を行いました。

 

審議に先立ち堀担当プロデューサーから以下の通りの番組説明資料を送付させて頂き、
各委員からの寄稿により審議を行いました。

 

毎週火曜日午後7時から8時の放送、和紗(かずさ)がDJを担当。
京都出身、透明感と繊細さを持ちながらも凛とした力強い歌声で魅了する女性シンガーソングライター 和紗が、
日常に溢れている「小さな癒し」をご紹介する1時間番組。
旨の説明が資料にございました。

 

 

 

<各委員からのご意見・ご感想骨子>

◇オーソドックスな展開なので安定感があり、和紗さんのトークが透明感も感じさせてくれるとても心地よいものでした。
◇和紗さんの選曲した楽曲も聴いていて気持ちよく、番組コンセプトである「癒し」を感じさせてくれました。
◇番組内で和紗さんの「生歌」を取り込んでいけば、トークだけでなく番組の流れに新鮮な空気を取り込むことができると思います。

と言った意見が寄せられました。    

 

次回開催 :次回は9月に開催の予定です。
※新型コロナウイルス等、感染拡大防止の為、開催方式については随時検討を継続致します。

Older

goTop