かにカニ日帰りエクスプレス 城崎温泉駅篇

20201221

12月限定コーナー!毎週月曜日・13時15分頃からは『🦀かにカニ日帰りエクスプレス🦀』

今日は途中下車ができる「城崎温泉駅篇」と題してお届けしました!

駅

先週の「佐津篇」は こちら

この「かにカニ日帰りエクスプレス」のプランは、「竹野」「佐津」「香住」「浜坂」を利用した場合は、帰りのみになりますが、城崎温泉駅で途中下車することができます!

さらに、城崎温泉にあるカフェやおみやげのお店など10店舗で、「かにカニ日帰りエクスプレス」を利用した方への特典もございます!

今回は…その特典のあるお店へ行ってきました。
そのひとつが「城崎プリン専門店 KIMAN(きまん)」さんです。

プリン

もともと、町おこしの商業施設として生まれた「城崎温泉木屋町小路」でスタート!
豊岡市が地元のチャレンジを応援する企画に応募したことがきっかけで、2019年に移転オープン。
カウンターのタイル張りや赤い椅子などがとてもナチュラルで居心地の良い雰囲気のお店です!

コロナ対策も万全で、出入り口の消毒液はもちろんのこと、ひと席ごとにちゃんと透明な仕切りをされていて安心です!

kiman㈯

生萬のプリンは、オーナーでありプリン職人の店主が、手作りで丁寧に作られています。
砂糖をあまり使わず、プリンの濃厚さと素材の味を引き立てるため、たまごの黄身のみを使用されています!手作りならではの味と食感を楽しむことができます!

価格はたまごプリン360円。
(そのほかにも、黒蜜きなこ380円、クレームブリュレ420円、そして一番人気の3種類のプリンのハーフサイズが入ったアソート750円!)※すべて税込み

「かにカニ日帰りエクスプレス」を利用した特典は、50円引きで、たまごプリンを310円で食べることができました!特典を受けたいときは、帰りのきっぷを見せるだけです。

そして、もうひと店舗UTUROI CAFÉ(ウツロイカフェ)」さんにお邪魔しました!

カフェ

「UTSUROI TSUTIYA ANNEX(ウツロイツチヤアネックス)」という素泊まりのお宿の1階にあるカフェ。もともとは街の安全を見守り続けてきました「城崎消防署」。

2017年に、消防署移転のためにその役目を終え、つちや旅館の新館としてエンブレムや大きな骨組みはそのままにリノベーションされました!

カフェの1階はいったところには2枚の大きな絵が飾られています。その奥にはギャラリーも…日本画家の山田毅さんの作品がございます!

金沢美術工芸大学卒業後、「日本画名品100選」にも選ばれるなど、日本画で数々の賞を受賞し、現在は京都にアトリエを構え活動する傍ら、宝塚大学で講師を勤めていらっしゃいます。

こだわりのコーヒー豆を挽いて、ハンドドリップでいれるコーヒーなどが人気!
そして、城崎の地ビール!

ピルスナー (空のビール)= チェコ産ザーツホップをふんだんに使用したコクと旨さのバランスの良いクラシックラガーです。
(その他、スタウト (黒のビール)ヴァイツェン (川のビール)カニビール (雪のビールなどもございます。)

そして、こちらも「かにカニ日帰りエクスプレス」を利用した特典で帰りの切符を見せて50円引きでした!

それでは、今年の『かにカニ日帰りエクスプレス』についてご紹介します!

設定期間は2021年3月21日まで!
年末年始、12月28日〜1月6日は設定がありませんので、ご注意ください!
対象エリアは「城崎温泉」「城崎円山川」「竹野」「佐津」「香住」「浜坂」「夕日ヶ浦木津温泉」「丹後由良」「若狭高浜」、全部で27の施設から選択していただけます。

また『かにカニ日帰りエクスプレス』は、現地でいただくカニ料理の昼食と往復のJR特急指定席がセットになったとてもお得な日帰りプランです!
日帰り旅行で特典もある平日がおすすめ!
人気エリアの「城崎温泉」のほか、カニのボリュームに定評がある「竹野」「佐津」「香住」「浜坂」エリアをご利用の場合、カニを食べた後、帰り時に「城崎温泉」で途中下車ができます!人気スイーツ店やお土産店の割引などもございます!

詳しくは公式HPをチェック!

goTop