京都府 人権啓発推進室

20201217

京都府では、「一人一人の尊厳と人権が尊重され、
だれもが自分らしく生きることのできる社会」の実現に向け、
多くの府民の方が“人権”について主体的に考えるきっかけとなるような
様々な啓発活動を行なっています。

その活動の一つとして、
京都精華大学との協働事業となる
『人権ぬりえ』『人権啓発動画』の創作活動があります!!

『人権ぬりえ』は、
子供たちがぬりえを楽しみながら思いやりの心を育み、
ご家族で考えるきっかけとしていただくことを目指して制作しています。
今年度は新たなデザインで創作活動が進められています。

『人権啓発動画』は、
「STOP!コロナ差別」をテーマに制作され、
完成後は、サンガスタジアム by KYOCERA の大型ビジョンや
JRの駅などのデジタルサイネージなどで放映されます。

 

本日は、京都府の「人権ぬりえ」と「人権啓発動画」の創作に携わる
京都精華大学マンガ学部キャラクターデザインコースの
安井すずかさん、イ・ヒョンジュさん、浦野真理子さんの3人をお迎えし、
京都府と協働での人権啓発活動にどう携わっているのか、
「人権ぬりえ」と「人権啓発動画」についてお話しお聞きしました。

IMG_4547

京都府と京都精華大学が協働で制作した
「人権ぬりえ」は現在製作中。
完成後は、京都府内のすべての幼稚園児やそのご家族
およそ1万人に毎年、京都府知事から配布されることになっています。

「STOP!コロナ差別」の啓発動画は12月20日(日)に
「サンガスタジアム by KYOCERA 」で行われる
「京都サンガF.C.」の試合の開始前とハーフタイムに
スタジアム内のオーロラビジョンで上映されます。

また、今月末までは
京都府内各地の駅などにある
デジタルサイネージで上映されます。
ぜひご覧ください!!

安井すずかさん、イ・ヒョンジュさん、浦野真理子さん、
ありがとうございました〜

京都から「STOP!コロナ差別!」

 

goTop