LunchTime Guest:志村昌司さん

20210218

本日はLunchTime Guestに
アトリエシムラ代表・新作能『沖宮』プロデューサー・志村昌司さん
お電話でご出演いただきました〜

 

志村さんは、1972年 京都生まれ。
祖母は染織家・随筆家で人間国宝の志村ふくみさん
母は染織家・随筆家の志村洋子さんです。

京都大学 法学研究科 博士課程修了。

2013年に祖母・志村ふくみさん、母・志村洋子さんと芸術学校「アルスシムラ」を設立。
2016年には、染織ブランド「アトリエシムラ」を立ち上げられました。

 

そんな志村昌司さんの
最近あったサニーサイドなことは・・・『金曜ドラマ「俺の家の話」にお能が出てきて面白い』

逆にダークサイドなことは・・・『コロナ太り』

 

志村さんは2018年から新作能『沖宮(おきのみや)』をプロデュース!!
原作は作家の石牟礼道子さん、衣装監修は志村ふくみさん

 

【あらすじ】
石牟礼さんの育った天草を舞台に、
戦に散った天草四郎と生き残った幼い少女あや、そして、人々の死と再生の物語である。

干ばつに苦しむ村のために、雨の神である龍神への人柱として亡き天草四郎の乳兄妹であるあやが選ばれる。
緋の衣を纏ったあやは、舟に乗せられ一人沖へ流されていく。やがて稲光とともに雷鳴が轟き、
あやは、天青の衣を纏い現れた天草四郎に導かれ妣なる國である“沖宮”への道行きが始まる。

 

今年6月12日(土)に京都市上京区の「金剛能楽堂」での上演を予定!!
現在“クラウドファンディング”が行われており、すでに目標金額も達成!!!
(3月31日まで実施中)

午後3時からの昼公演と午後6時からの夜公演を予定、

「沖宮」の前に『アヴェ マリア』『アニマの鳥』の二重唱も予定しています。

 

新作能『沖宮』公演のクラウドファンディングについて
詳しくは「THE KYOTO クラウドファンディング」のサイトをご覧ください。

 

 

goTop