地域情報発信コーナー『Kyoto Side』

20200124

α-STATIONオリジナルクオカード1,000円分をプレゼント
「WEBサイト「KYOTO SIDE」をご覧いただいた感想」
「この“コーナー”への感想」
「オススメ“もうひとつの京都エリアスポット”」など
このコーナーや京都府にまつわるメッセージを頂き、
メッセージをOAした方の中から抽選で毎週2名の方に
α-STATIONオリジナルクオカード1,000円分をプレゼントします。
ぜひ、番組宛てにメッセージをお寄せください。
メッセージはホームページMessageフォームから↓
https://fm-kyoto.jp/message/?program=SIESTA%20GRAFFITY
番組名「SIESTA GRAFFITY」を選んでお送りください。

このコーナーは、観光、グルメ、イベント情報など、
まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し、
共有していく地域情報発信WEBサイト「KYOTO SIDE」をもとに、
旬の情報をご紹介していくコーナーです。

 

みなさん、いよいよ完成しました。
「サンガスタジアム by KYOCERA」!!!

「サッカー」や「ラグビー」「アメフト」などの
国際試合も開催できる京都府初の球技専用競技場。

先日、竣工式が行われました。
web「KYOTO SIDE」では、
完成直前に行われたスタジアム見学会の様子を
レポートされているんですが、これが写真満載でわかりやすい!

今日は「2020年オープンの亀岡駅前「京都スタジアム」見どころ徹底解説!」
の記事から、特に魅力的だと思ったポイントを三つ、ご紹介したいと思います。

まずは、抜群のアクセス! 
最寄り駅であるJR山陰本線「亀岡駅」北口すぐ!

駅のホームから見えるほど近いんです!
JR亀岡駅は京都駅から快速で20分ほどですから、
「ちょっとそこまで」と、
気軽に試合を見に行くことができますよね。

お次は、客席の快適さ! 
種類は、一般観客席、ゆったり席、桟敷席、車椅子席、
VIPテラス席、スカイボックステラス席などがあり、
合計およそ2万1600席を配置!

観客席最前列よりも2mも張り出した大屋根で全席が覆われているので、
多少の雨ならしのぐことができるんです。

しかも、売店やトイレがある場所はオープンコンコースになっており、
移動中もピッチが見られるようになっているとのこと。
これなら、得点シーンを見逃さずに済みそうですね。

そして、一番すごい!と思ったのがこれなんですが、
とにかく客席とピッチの距離が近いんですよ!!

なんと、ピッチのサイドラインからバックスタンド最前列までが7.5m!!
南北のサイドスタンドで10.5mの距離らしいんです!

しかも、スタンド最前列とピッチとの高低差もわずか1.2m!
もう選手に手が届きそうな距離感ですよ、これ!!

また、球技専用スタジアムではありますが、
それ以外の楽しみ方も色々あると聞いてビックリ!

日本初の「本格屋内スポーツクライミング施設」や
「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」などもあり、
試合やイベントの無い日でも楽しめます。

そんな「サンガスタジアム by KYOCERA」へ
お出かけしてみてはいかがでしょうか。

なお、サッカーJリーグ試合日やイベント時は、
お客様向け駐車場はございません。
公共交通機関でご来場ください。

goTop