寺田有美子の海の京都・旅日記vol.3 ~舞鶴 レトロ駅舎で舞鶴茶を満喫♪~

20201022

DSC_1831

7 COLORS FANTASY ~UMI NO KYOTO~では毎月

寺田有美子が海の京都エリアを訪れて

地元の方にインタビューさせていただいています。

今月は【舞鶴 レトロ駅舎で舞鶴茶を満喫♪】をテーマに

舞鶴市の松尾寺駅駅舎内にある

お茶の流々亭(るるてい)」さんにお邪魔して参りました~

DSC_1832

西国三十三ヵ所第二十九番札所「松尾寺(まつのおでら)」の

最寄り駅となる「松尾寺駅」の駅舎は

大正11年に建てられた木造平屋建てのとってもレトロな雰囲気の建物・・

国の登録有形文化財にもなっていて映画の撮影にも使われたことがあるそうです!

DSC_1835

DSC_1834

DSC_1844

 

そんなレトロな駅舎内に

「お茶の流々亭」さんが運営するカフェスペースがオープン!

DSC_1859

店内は明るくとってもてイイ感じの雰囲気♪

DSC_1848

舞鶴産のお茶の茶葉やティーバック、お抹茶をはじめ

お茶を使ったスイーツ、雑貨なども販売されています。

DSC_1853

DSC_1861

お土産にぴったりなサイズのお茶がズラリ~

パッケージも凝っています!

何種類も購入しておうちで飲み比べてみるのもいいかも!?

 

カフェインレスで小さなお子様でも飲める

「赤ちゃん番茶」も大人気!

DSC_1858

DSC_1852

カフェスペースも駅舎の雰囲気にあわせてレトロなしつらえ。

ゆったり..まったり..ほっこり..

極上のティータイムを楽しめること間違いなしの空間です

DSC_1866

舞鶴市は知る人ぞ知るお茶の名産地。

流々亭では舞鶴産のお茶を

抹茶や玉露、煎茶をはじめ

抹茶珈琲、抹茶ラテ、抹茶スイーツetc

色んな楽しみ方で提供されています。

DSC_1862

DSC_1869

舞鶴のお茶は優しい甘みが特徴だそう。

口の中にふわ~っとじわ~っとほのかな甘さが広がりますよ~

 

珈琲との相性もぴったり!

苦み×苦み=苦さ増し増しになるかと思いきや

舞鶴のお茶の甘みが苦みをまろやかに変えてくれます♪

DSC_1871

 

DSC_1855

「お茶の流々亭」は奈知さんと亜未さんの仲良し姉妹で営まれています。

寺田用の抹茶をシャカシャカとたてていただいたのがお姉さんの奈知さん。

10/22の番組にインタビュ-出演してくださったのは妹の亜未さんです♪

お二人とも とっても朗らか

流々亭は そんなお二人だからこその居心地の良さに包まれていました

DSC_1873

『お茶の流々亭』

営業時間:09:00~16:30(ラストオーダー)17:00閉店

定休日:毎週日曜日・月曜日

駐車場:あり(JR松尾寺駅の敷地内に停車ください)

 

公式Instagram

公式Twitter

公式Facebookページ

DSC_1872

 

DSC_1867

すぐそばを走る電車が店内から見られるので子供たちも大喜び!

日が暮れた後はまるで「銀河鉄道の夜」の世界だとか・・♪

 

DSC_1879

今回の寄り道スポットは

舞鶴を代表する紅葉の名所の一つ「金剛院」さん。

流々亭さんから車で5分ほどのところにありますよ~

DSC_1876

紅葉の色づきはまだまだこれから

楽しみですね~DSC_1880

goTop