3/25(木)は久々の【海の京都・旅日記】!vol.6は綾部・老富町 ミツマタの群生地へ♪

20210325

3月最後の7 COLORS FANTASY ~UMI NO KYOTO~は

【寺田有美子の海の京都・旅日記】の第6弾!ということで

 先日私が訪れました綾部市老富町にある

「ミツマタの群生地」の取材リポートをお届け!

DSC_1643

綾部市では過疎・高齢化が進み、農業用水や道路の維持管理といった

共同生活の維持が困難な状況に直面している集落を「水源の里」と位置付けて、

それぞれの集落の振興と活性化を図るための活動に取り組んでいます。

今回訪れた「老富(おいとみ)」地区も そんな“水源の里”の一つ。

Screenshot_20210319-115948

福井県との県境の近くにある この老富地区の森に広がるのが

可憐な黄色い花を咲かせる“ミツマタ”の群生地です。

DSC_1673 1

 DSC_1687 1

DSC_1650 1

DSC_1669 1

枝が必ず3つに分かれる特徴があることから その名がつけられたという「ミツマタ」

老富地区の群生地では、毎年3月下旬から4月中旬にかけて

この黄色いミツマタが杉木立の森の一面を埋め尽くします。

 

また、この場所は「シャガ」という花の群生地でもありまして

ミツマタのシーズンが終わる4月下旬ごろから5月中旬ごろにかけては

見渡す限りの神秘的な白いシャガが咲き誇ります。

(↓下の写真は以前のシャガの開花時期の様子)

DSC_1718 1

 

 今回はこの群生地の保全・管理やなどを行う「水源の里 老富」の代表

酒井省吾さんにインタビューさせていただきました♪

DSC_1712 2

DSC_1702 1

「水源の里」というだけに

流れる川の水がとってもきれい!

この老富の小川は上林川の最源流にあたるそうです。

 

DSC_1699 1

下の緑の葉っぱがシャガです。

杉木立の間から差し込む日の光を浴びてすくすく成長中。

開花が待ち遠しいですね~

 

DSC_1695

昨年は 新型コロナウイルス感染拡大の影響で

ミツマタのシーズン途中で休園となってしまったんですが

今年はマスクの着用や人との距離の確保などの感染対策を講じたうえで

3月20日先週の土曜日に開園しました!

DSC_1653

今はミツマタが8部咲き~満開に近づいている感じで

このあと4月上旬までミツマタは楽しめるそうですよ~

 

群生地に入る山道の手前には休憩所「花やどり」が開設されています

DSC_1715 1

営業日はミツマタとシャガの開花時期の

毎週水・金・土・日曜日。

特産のとち餅の販売なども予定されています♪

DSC_1710 1

DSC_1717 1

DSC_1707 1

入園の際は群生地の保全のための協力金(200円)に

ご協力をお願いします。

DSC_1676

綾部・老富町のミツマタとシャガの群生地について詳しくは

綾部市観光協会のウェブサイトでご確認ください♪

ミツマタ群生地 開花状況 | 綾部市観光ガイド (ayabe-kankou.net)

DSC_1665 1

 

 そして!

今回の旅日記の取材では

先週の番組でクローズアップしました

“遊べる温泉”

あやべ温泉も訪ねてきました~

DSC_1640 2

あやべ温泉には3月28日(日)に

大型迷路がグランドオープン!

DSC_1726 1

ということで

寺田も体験させていただきました!

DSC_1727 1

寺田も同行スタッフもいい大人なのに 仕事を忘れて大はしゃぎ(笑)

そして いい大人なのに 迷路は難し過ぎてクリアできず(苦笑)

 

あやべ温泉といえば

広大な敷地を誇るレクリエーション施設!

DSC_1729 1

 

昨年秋に新設されたキャンプ場をはじめ

温泉・宿泊施設・レストランもあるので

これからの季節のお出かけにおススメです♪

桜も見事なのでお花見キャンプにもいいかも?

 

_20210325_171141

こちらはあやべ温泉で人気のお土産「二王門 “” カレー」

綾部にお出かけの際はぜひ!

 

goTop