『SPRITE INTERVIEW』 GUEST 「大石直紀さん」

20201127

今日のゲストは今年京都本大賞を受賞した光文社庫から出版の『二十年目の桜疎水』。

こちらの本の著者でいらっしゃいます作家の大石直紀さんでした。

182619

京都本大賞は、過去1年間に発刊された「京都を舞台にした小説」の中から

もっとも「地元の人に読んでほしい」と思う小説におくられる作品賞です。

 

第8回目となる今年は

浅田次郎さんの『活動寫眞の女』

綿矢りささんの『手のひらの京』

そして大石さんの『二十年目の桜疎水』

この3つの作品が最終ノミネートに選ばれ

 

その中から「二十年目の桜疎水」が受賞しました。

 

京都本大賞の実行委員長はこの作品について

「『京都を長編で描くのは難しいから短編にした』と聞くが

それが読みやすさを生み、得票に繋がったのでは」と選評されています。

 

さて、本日はこちらの「二十年目の桜疎水」を2名様にプレゼントいたします。

プレゼントフォームよりご応募ください。

締切は12月4日金曜日朝7時です。

 

SPRITE INTERVIEW来週もどうぞお楽しみに。

goTop