『SPRITE INTERVIEW』 GUEST 「渡部美佳さん」

20200515

話題になっているコト・モノを発信する人、生み出す人に話を伺い、ちょっと掘り下げてみようというこのコーナーですが、今日は今が旬の「イチゴ」のお話です。

0515MS

江戸時代末期の1830年代にオランダ人から日本に伝えられたといわれていて、12月のクリスマスシーズンあたりから出回り、ハウス栽培で冬、露地栽培でちょうど今が旬です。

本来なら、イチゴ狩りシーズン真っ只中のはずなのですが、今年は新型コロナウイルスの影響で大変影響が出ているそうです。

 

ところで「イチゴ」、なんと300種類もあることはご存知でしょうか。

かく言う私も「あまおう」「さがほのか」「さちのか」「とちおとめ」くらいは知っていたのですが…

「あかいしずく」「あきひめ」「あまみつ」「やよいひめ」「おいCベリー」「もういっこ」「サマーティアラ」「カレンベリー」「アマテラス」「サマーアミーゴ」…などなど本当にたくさんの種類があるようです。

 

そこで、もっとイチゴについて掘り下げるべく今日お話を伺いましたのは、京都市中京区にあるイチゴ専門店「MAISON DE FROUGE」のオーナーで、岡山には研究所、さらに福岡には専属のファームもお持ちの渡部美佳さんでした。

 

一般的には、色が七分付きの状態で摘んで出荷されるそうですが、ここでは農家さんが手をかけて育てた完熟の美味しいイチゴをその都度仕入れて新鮮なうちに提供されています。

 

ちなみに、イチゴの赤みは熟している程度を表しているのではなく、温度が上がれば色が付いていくものだそうです。

 

さらに「形がいびつなものほど美味しかったりする」これはイチゴ農家さんの間ではあるあるなんだそうで、今まで「赤くて粒ぞろいの美味しそうなイチゴ♪」と買っていた私は反省しております(笑)

0515MS2

新型コロナウイルスの感染が収束し、外出できる状況になったら、ぜひ「MAISON DE FROUGE」訪れてみたいですね。

「MAISON DE FROUGE」さんについて、詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

 

SPRITE INTERVIEW来週もお楽しみに。

 

 

goTop