『SPRITE INTERVIEW』 GUEST 「藤原辰史さん」

20210319

コロナ禍で宴会は自粛。

ひとりで食事をとることが多くなったこのご時世ですが

 

孤独でさみしい「孤食」ではなく

共通を強制される「共食」でもない

 

その中間ともいうべき新しい食事のスタイルを

歴史学の観点から探り、描かれているのが

 

ミシマ社から出版されている一冊

「縁食論ー孤食と共食のあいだ」です。

 

今日はその著者で京都大学人文科学研究所

准教授の藤原辰史さんでした。

235443

「孤食」「共食」は社会学の分野ではメジャーな言葉ですが

 

「縁食」は、藤原さんが作られた造語で

ひとりで食べる孤食でもなく、みんなとわいわい共食でもない。

 

立ち飲み居酒屋で隣の方と少しお話

あるいはお店のご主人と世間話…

 

などなど、関係性が薄く

もう会うことはないかもしれない人とのお話

 

このような関係性を社会学では

「弱い紐帯」と呼んだりもしますが

 

孤独ではないけれども、近すぎる関係性でもない

 

この絶妙な距離感こそ、今の社会情勢でストレスフルな世の中に

求められているのかもしれませんね。

 

生きる上で欠かせない「食」のこと

 

誰と、どんな食事をしている時が楽しいのか

人それぞれではありますが

 

皆さまはいかがでしょうか。

 

今一度考えてみると

意外な発見があって新鮮ですね。

goTop