12/21 Meets The Kyoto

20201221

豊かな自然に囲まれた京都府の北部、「海の京都」エリアは
新鮮な農水産物の宝庫です!
この時期の魚介類は、日本海の冷たい荒波にもまれ、
身が引き締まって旨味もたっぷり。
野菜も、厳しい気候に負けないよう栄養を蓄え、甘味を増しています。

そんな旬の食材を現地で存分に味わうことができるのが、
現在開催中の冬期「海の京都 旬の食材フェア」!
このフェアは いわば「海の京都エリア全体を会場にしたグルメフェス」で、
22の認定店で、
旬の食材を取り入れた個性豊かなメニューを楽しむことができます。

この時期のオススメ食材は、脂がたっぷりのった寒ブリやサワラ、
身がプリプリで味が濃厚なカキ!
ブリしゃぶや にぎり寿司、海の京都のお宝食材を詰め込んだ「丹後お宝丼」で
味わうと絶品です。

また、農産物では鍋料理に欠かせない京みず菜のほか、
九条ねぎ、大納言小豆も旬を迎えています。

現在開催中の「海の京都 旬の食材フェア」は、来年2月末まで。
現地ではお店に掲げられた旬の食材提供店の のぼり旗を目印にしてください。
認定店やフェアの詳細は、海の京都の公式HPを要チェック!
この機会にぜひ「海の京都」の冬の味めぐりを楽しんでみてください。

それから、京都府では、新型コロナウイルス感染症の感染者が増加傾向にあります。
府民の皆さまには、感染拡大地域への不要不急の外出を
極力控えていただきますようお願いいたします。

また 飲食の機会における感染や、同居家族からの感染が拡大しています。
今一度、「感染しない・させない」という強い意識をもって行動してください。
お一人おひとりの行動が、ご自身だけでなく、
大切な方の生命と健康を守ることにつながります。

goTop