11/16 Meets The Kyoto

20201116

今週は「お米」をご紹介します。
京都府のオリジナル米「京式部」が誕生しました!

山形県の「つや姫」、新潟県の「新之助」、滋賀県の「みずかがみ」など、
新しいブランド米による産地間競争が激化する昨今。
京都府も風土に合わせた 育てやすく、美味しいお米を生み出すため、
平成29年から国の研究機関である「農研機構」=
農業・食品産業技術総合研究機構と共同開発を進めてきました。

開発にあたっては、研究機関だけでなく、
京料理店の料理人や米穀店のお米マイスターなど、「味覚のプロ」も協力。
3年間の栽培試験・食味評価試験を経て、ついにオリジナル米が出来上がりました。
お米の名前は「京式部」!

香り高く、上品な味わいで、程よい粘り、
大きい粒感、ツヤのある白さが特徴です。

コシヒカリに比べ、あらゆる項目で高評価を獲得しました。
来年度産のお米からは、「京料理店で出されるご飯」をコンセプトに、
百貨店などで一般販売する予定です。

11月30日・月曜日まで、「京式部提供フェア」として、
府内の京料理店にて、期間限定で提供中です!
詳しくは、京都府のホームページをご確認ください。

それから、今月11月から新型コロナウイルス感染症の相談先が変わりました。
発熱などの症状がある方は、かかりつけ医や地域の診療所に電話相談し、
必要があれば検査を受けてください。

また、検査を受ける際にはマスクの着用を忘れずにお願いします。
休日・夜間など、お近くの診療所が閉まっている場合や、
かかりつけ医がおられない方は、新型コロナ医療相談センター
電話075-414-5487にお電話ください。

goTop