LUXURY TIME

20091005

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。
今週から「ウィスキー」についてのお話です。

ウィスキーは麦などの穀物を原料として糖化、発酵、蒸留させた後、
樽に詰めて熟成させたお酒です。
ウォッカ、ジン、ラム、焼酎などの蒸留酒はまとめて「スピリッツ」と呼ばれていますが、
ウィスキーもその一種となります。
こうした蒸留酒は、金を人工的に作り出そうとしていた錬金術師が
偶然作り上げたものと考えられています。

少なくとも10世紀以前の話になりますが、
ある時、錬金術師が、気まぐれに既存の醸造酒を彼らの仕事道具である
蒸留器に入れてみると、それまで味わったことのない、
素晴らしい味の液体ができあがりました。
彼らはその液体を不老不死の効果があるモノと信じ、
ラテン語で「アクア・ヴィテ = 生命の水」と呼んだそうです。
これが蒸留酒の始まりといわれています。

その後、錬金術師によって見つけられた蒸留酒「アクア・ヴィテ」の製法は、
ヨーロッパ各地に広まり、同時にアクア・ヴィテという言葉も、
各地の言葉に訳され、蒸留酒をさすようになりました。
そして、この技術を穀物から作った蒸留酒に応用したのが、
「ウィスキー」の始まりといわれています。
ウィスキーは、アクア・ヴィテがゲール語に訳された「ウースカ・ベーハ(Uisge Beatha)」
または「ウスケボー(Usquebaugh)」が語源になっています。

現在、様々な国でウィスキーは作られていますが、
中でも、アイルランド、スコットランド、アメリカ、カナダ、
そして、日本を加えた5つの国が、世界の5大ウィスキーと呼ばれ、
ウィスキーの質や量で世界をリードしています。

ウィスキーは「穀物を原料とした蒸留酒で、木製の樽で熟成させたもの」ですが、
その原料である穀物によって、ウィスキーの呼び名は異なります。
各地で、地域の特性をいかした様々なウィスキーが生まれたのも、
すべては、琥珀色の美しさ。醸し出される華やかな香り。
そして、まろやかで味わい深いコクを持つテイストに魅せられたがゆえ。
ウィスキーが歩んできた歴史に敬意を表し、
今宵も素敵なウィスキータイムをお過ごしください。

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
今日は、日本料理レストラン「Touzan」をPick Up!!
0407touzan1.JPG0407touzan2.JPG

「Touzan」はホテル地下1階のガーデンフロアにあります。
地上に向かって吹き抜けの石庭園があり、
店内からは、その自慢のお庭を望めたり、
陽の光もしっかりと差し込む明るい雰囲気となっています!!
また、店内は、京都らしい和のテイストと斬新なデザインが融合した空間が広がり、
オープンな寿司カウンターと炭火焼カウンターがあります。
また、ホテル内のレストランで一番大きく、
8人まで一緒に食事ができるセミプライベートルームが5つ、
16人が一堂に集える完全プライベートルーム も1つあります。
京都にはちょっとした機会に食事ができる個室が揃っているお店は意外と少ないですよね。
家族やお友達、会社の仲間が揃って、

ひとつのテーブルを囲むお食事会をプライベートな空間でお過ごしください。
0407touzan3.JPG0407touzan4.JPG

0407touzan6.JPG0407touzan7.JPG

お料理の方は、京都ならではの旬の食材を使った和の味を楽しむことができます。

「食材の持ち味を引き出す調味料の使い方」、「鮮度が良い旬の物を使用する」のほかに、
ついついお酒やお料理を注文してしまうといった
「笑みの出る楽しい料理を作る」ことなど料理へのこだわりをもっています。

そんなTouzanのランチセットをご紹介!!
「松花堂弁当」、「お寿司の盛り合わせ」、「蕎麦の膳」の3種類あります。
オススメは、人気の『蕎麦の膳』です。
メインの蕎麦は、
健康増進成分であるルチンの含有率が高い『ハイルチン蕎麦』を取り入れています。
また、松花堂弁当は小鉢に盛られたお料理が松花堂に入っていて、
少しずつ、いろんな食材を楽しめる点が、幅広い世代に人気となっています。

続いて、ディナーコースは、炭焼きのコースが2種類あります。
「東山」は、自慢の炭焼きを取り入れた会席コース。
松茸やマイタケ、銀杏、さらには梨といった旬のモノがたっぷり使われています。
もうひとつの炭焼き会席「伏見」は、
料理長自らセレクトしたその日おすすめのお料理、
全11品を、コース仕立てでお楽しみ下さい。
強肴の「和牛ロース」は炭火で仕上げ、素材の味がそのまま伝わってきます。
そして、「祇園」は寿司職人お任せで江戸前寿司をお楽しみ頂けるコースです。
寿司カウンターでのお食事となりますので、
お寿司にまつわるいろんなお話など、カウンターならではなお食事をお楽しみ下さい。

そして、今日ご紹介したTouzanをはじめ、
ハイアット リージェンシー 京都のすべてのレストランで、
長澤農園で収穫した、安心・安全で、新鮮な有機野菜を一部使用しています。

現在、万願寺とうがらしや茄子を収穫しているということです。
また、全てのレストランにおいて、アレルギー表示が行われています。
苦手な食材やアレルギーなどある場合は、気軽にお問い合わせください。

Touzanご利用の際は、ぜひお得な特典もご利用ください。
この10月から、古都・京都にちなんだ「きものプラン」が再スタートしています。

今年も、着物で来店し、お二人以上で
「Touzan」または「ザ・グリル」のランチセットかディナーセットを注文すると、
お一人分の料金が無料となります。
必ず事前予約が必要ですので、予約の際に「きものプラン」希望とお伝えください。

さらに今後は、スタッフが無料にて着物の着崩れを直してくれる「きものレスキュー」。
ゲストがご自身で着崩れを直せるような場を提供する施設「きもの立ち寄り所」が、
設けられます。
「きものレスキュー」は、午前10時~午後6時の受け付け。
「きもの立ち寄り所」は、空き状況により随時受け付けとなります。
なお、事前予約が必要となりますので、まずは気軽にお問い合わせください。

今日ご紹介した内容に関して詳しくは、日本料理レストラン「Touzan」
電話 京都075-541-3201までお問い合わせ下さい。
「Touzan」の営業時間は、
ランチタイムが、午前11時30分~午後2時30分まで。
ディナータイムが、午後5時30分~午後10時まで。

「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ

goTop