LUXURY TIME

20091013

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

今日はスコッチウィスキーについてのお話です。
スコッチは、イギリス北部のスコットランド地方で製造される
ウィスキーの総称として呼ばれています。
スコットランドは、面積・人口ともに、北海道にほぼ等しく、
現在でも、100以上もの蒸留所が存在します。
また、先週ご紹介した、
モルトウィスキー、グレーンウィスキー、ブレンデッドウィスキーが作られているため、
世界各地で、スコッチの原料や製造方法をベースに、
その土地にあったウィスキーが生まれたという、
いわば世界のウィスキーのお手本ともいわれています。

その歴史と品質を守るために、1988年には、スコッチウィスキー法が制定されました。
例えば…
「スコットランドの蒸留所で、水と発芽した大麦で作られること。」
「容量が700リットルを超えないオークの樽に詰め、
最低3年間にわたり、スコットランドの保税貯蔵庫で熟成されること。」
「使用した原料、製造や熟成過程から引き出された色、芳香、風味を失わないこと。」
などといったように、スコッチの製法は、法律で厳しく規定されています。

そんなスコッチウィスキーの最大の特徴は、ピートの香りです。
ピートは、原料である大麦麦芽の発芽を止めて乾燥させる際に火を焚いて使用する、
泥炭=水生植物などが堆積して炭になったものなんですが、
このピートのスモーキーな香りがスコッチの個性を強め、重厚な味わいを生み出ています。

ピートが醸し出すスモーキフレイバーを感じるためにも、
まずは、シングルモルトウィスキーとお水を1対1で割った「水割り」で
その強い個性を存分に感じてお楽しみください。
ブレンデッドやグレーンにはない、
モルトウィスキーの大いなる個性や神秘性が広がることでしょう。

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
今日は、10月25日 日曜日に開催されるイベント
「ウェディング エクスペリエンス」をご紹介します!!
「ウェディング エクスペリエンス」は、毎月開催している大規模なウェディングイベントです。
テーマに合わせてバンケットルームをディスプレイし、
会場の雰囲気やテーブルコーディネートのプレゼンテーションが行われています。
090511airlounge9.JPG090511airlounge8.JPG

ハイアット リージェンシー 京都のウェディングは、
装花からお料理、ケーキにいたるまで、
お二人のために創り上げる、テイラーメイドウエディングです。
そして、1組のカップルを1人のウェディング コンシェルジュがエスコート。
経験豊かなウェディング コンシェルジュとともに、
新しいスタイルでコーディネイトされた披露宴会場を見学いただきながら、
お二人のウェディングイメージの手助けをしてくださいます。
200905043.JPG200905045.JPG

今回の「ウェディング エクスペリエンス」は、10月25日 日曜日に開催。
午前10時から午後6時まで行われ、3部構成となっています。
第1部が、午前10時から。
第2部が、午後1時から。
第3部が、午後4時から行われます。

内容は…「会場コーディネイト」をご覧いただくほか、
「ウェディング コンシェルジュによる個別ご相談会」や「ホテル館内のご案内」。

また、ウェディングドレスのフィッティングの上、写真撮影を行い、
その写真はプレゼントとして後日お送りするということです。
もちろん、毎回大好評の「ミニ試食会」も開催。
ハイアット リージェンシー 京都のウエディングメニューを
シェフからの説明を直接聞きながら、ハイアットの味を確認することができます。

実際に足を運んで体験したり、見たり、聞いたりすることで、
よりお二人の理想が現実に近づく良い機会です。
お二人の人生で最初の晴れ舞台を最高のモノにするためにも、
まずは、ウェディングのスペシャリストに
いろんなお話を聞くところからスタートしてみましょう!!

ハイアット リージェンシー 京都らしい洗練されたスタイルを自分の目で確かめるためにも、
ぜひ「ウエディングエクスペリエンス」にご参加ください!!
第1部・第2部・第3部はいずれも参加費無料となっています。
なお、各回いずれも、
8組限定の完全予約制となっていますので、お早めにご連絡ください。
すでに予定が入っているという皆さん。
10月は、毎週末の土曜日 日曜日は、
テイラーメイドウエディングの魅力を確かめていただける相談会
「ウエディングトーク」が開催されています。

さらに毎週木曜日なら、「イブニング トーク」と題して、夜9時まで行われています。
いずれも、事前に予約が必要ですが、
ウェディング コンシェルジュが丁寧に対応してくれますので、
まずは気軽にお問い合わせ下さい。
090511airlounge3.JPG090511airlounge4.JPG

早速予約を希望という方や、今日ご紹介した内容を直接聞いてみたい!!という方は、
ハイアット リージェンシー 京都 ウェディング直通までお問い合わせ下さい。
電話の方は、 075-541-3211
Faxの方は、 075-541-3236
e-mailの方は、wedding.hrkyoto@hyatt.com となっています。

最後にもうひとつインフォメーションです。
ハイアット リージェンシー 京都では、
雑誌「ディスカバージャパン」とのコラボレーションとして、
デラックスバルコニーの1室が「ディスカバージャパンルーム」となっています。
091013luxury4.JPG091013luxury1.JPG

「この秋に京都で本を巡る旅」をテーマに、
京都国立博物館または日本庭園に望み、
客室からその風景をお楽しみいただくことができます。
091013luxury3.JPG091013luxury5.JPG

また、「デラックス バルコニー」のお部屋には、
先月に新創刊された「Discover Japan」の京都特集号の中で、
ブックディレクターの幅允孝さんが、
京都市中から集めた50冊余りの本がスペシャルディスプレーされています。
091013luxury2.JPG091013luxury7.JPG

幅さんご本人の「京都の書店で購入した京都関連の本だけで」という想いから、
京都に対する美意識や思いを込めてセレクトされた本に囲まれ、
京都を深く感じることのできるお部屋となっています。
091013luxury6.JPG

そこで、来年2010年3月17日までの期間中、
「ディスカバージャパンルーム」で、本を通して、京都を感じる宿泊プラン
「ディスカバージャパンルーム・プラン」を実施しています。

「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ

goTop