Guest:小倉悠吾さん

2021.04.14

★梅小路ハイラインのシーズンイベント
SPRING FOOD FESTA」に出演!

5月22日(土)、6月6日(日)、6月12日(土)に出演されます。

京都周遊アコフェス2021*プレイベント

5月2日(日)、3(月・祝) 京都zest御池で開催!

今後の詳しい情報は、
小倉悠吾さんのホームページをチェックしてください👀
https://ogurayugo.wixsite.com/ogura-yugo

4/14 Meets The Kyoto

2021.04.14

今週は、「不妊治療助成」についてのお知らせです。

晩婚化が進む昨今、「子どもを持ちたい」と希望しながらも、
なかなか機会に恵まれないご夫婦は増加傾向にあり、
不妊治療を受けたことのある夫婦の割合は、5組に1組に及ぶといわれています。

不妊治療は長く続ければ続けるほど、
身体的、精神的、経済的、時間的な負担がかかります。
京都府では、その負担を少しでも軽くするため、
医療費の一部を助成しています。

この度、体外受精や顕微授精といった、
いわゆる「特定不妊治療」を行う方を対象とした
助成制度の内容が拡充されました。

助成を受けるためには、
指定された医療機関で治療を受けていること、
妻の年齢が43歳未満であること、などの条件があり、
令和3年1月1日以降に治療を終了した方が拡充の対象です。

拡充された制度では、今まであった所得制限が撤廃されたほか、
助成回数の上限が増え、助成金額の上限も
1回最大30万円に引き上げられています。

詳しくは、京都府のHPで「不妊治療 助成」と検索してください。

京都府では、「まん延防止等重点措置」等を実施中です。

そして新型コロナウイルス感染症について、
京都府では「厳重警戒期」となっています。
特に飲食の機会では感染リスクが高まります。

・会話の時はマスクをつける
・大声で会話しない
・2時間、4人までを目安にする
・適切なアクリル板や換気設備のあるお店を選ぶ
・食事前、退店時には手指の消毒をする

5つのマナーが「京都の食文化」を守ります。

ご自身や大切な人の命と健康を守るため、
「感染しない・させない」という強い意識で慎重に行動してください。

4月13日のGNK

2021.04.13

Guest:半﨑美子さん

2021.04.12

半﨑さんの最近あった「GOOD」な話題👍

ごはんを作ってくれた人に毎回
「おいしかったです!」と言うようにしているという半崎さん。
先日ロケ先で2日間、同じ場所でご飯を食べることがあったそうで
何と2日目、少しサービスしてくれたんだそう✨

そして「New」な話題✨は

4月21日に、New Single「ロゼット~たんぽぽの詩~」を
配信リリース👏

壮大で、半﨑さんらしさ満開の名曲に仕上がったという
タイトル曲「ロゼット~たんぽぽの詩~」のほか
イオン北海道のTVCMソング「特別な日常」や、
故郷の空に思いを寄せて書いた「草笛の声」、
第50回日本有線大賞新人賞を受賞した代表曲
「サクラ~卒業できなかった君へ~」をリテイクし、
2021ver.として収録されます♪

そして、初のビルボードライブを大阪と横浜で開催!

「半﨑美子 Billboard Live 2021

5月17日(月) ビルボードライブ大阪
5月20日(木) ビルボードライブ横浜

今後の活動予定、詳しい情報は
「半﨑美子」さんの公式WebsiteSNSをチェック👀

4/12 Meets The Kyoto

2021.04.12

今週は、「不妊治療助成」についてのお知らせです。

晩婚化が進む昨今、「子どもを持ちたい」と希望しながらも、
なかなか機会に恵まれないご夫婦は増加傾向にあり、
不妊治療を受けたことのある夫婦の割合は、5組に1組に及ぶといわれています。

不妊治療は長く続ければ続けるほど、
身体的、精神的、経済的、時間的な負担がかかります。
京都府では、その負担を少しでも軽くするため、
医療費の一部を助成しています。

この度、体外受精や顕微授精といった、
いわゆる「特定不妊治療」を行う方を対象とした
助成制度の内容が拡充されました。

助成を受けるためには、
指定された医療機関で治療を受けていること、
妻の年齢が43歳未満であること、などの条件があり、
令和3年1月1日以降に治療を終了した方が拡充の対象です。

拡充された制度では、今まであった所得制限が撤廃されたほか、
助成回数の上限が増え、助成金額の上限も
1回最大30万円に引き上げられています。

詳しくは、京都府のHPで「不妊治療 助成」と検索してください。

そして新型コロナウイルス感染症について、
京都府では「厳重警戒期」となっています。
特に飲食の機会では感染リスクが高まります。

・会話の時はマスクをつける
・大声で会話しない
・2時間、4人までを目安にする
・適切なアクリル板や換気設備のあるお店を選ぶ
・食事前、退店時には手指の消毒をする

5つのマナーが「京都の食文化」を守ります。

ご自身や大切な人の命と健康を守るため、
「感染しない・させない」という強い意識で慎重に行動してください。

4月7日のGNK

2021.04.08

 

Newer

Older

goTop