FLAG RADIO Cornelius Vol.68(2020.11.4)

20201104

cornelius

奇数月水曜日の「FLAG RADIO」、担当はCornelius、小山田圭吾さん。
この番組では小山田さんのミュージックライブラリーより、新旧ジャンル問わず、好きな音楽だけをノンストップミックスでお送りしています。

今月は「11月」をテーマにした選曲でお送りします。

エンディングでは毎回セレクトした中から楽曲解説。
今週はAztec Cameraで知られるロディ・フレイム(!!)について。

お送りしたのは2014年リリースの(いまのところ最新)アルバム『Seven Dials』より「Postcard」。

どうですか?
初期のAztec Cameraを彷彿とさせる瑞々しいネオアコ・ポップチューン!

個人的にもネオアコ大好きでしたが、正直、2000年代以降は全く追っていませんでした。この『Seven Dials』は全編通してアズテックらしさを感じさせる内容!
ネオアコファンにはたまらないと思いますので是非。

ちなみにこのアルバムはエドウィン・コリンズ(!!)が主宰するレーベル、AED RECORDSからのリリースということで、そこも含めてグッときますね。

”Aztec Camera”、”ロディ・フレイム”といえばα-STATION!!おそらく全国で一番OA されるステーションではないでしょうか?(担当ディレクター調べ)

「Oblivious」のイントロのギターカッティングだけで飯3杯くらいはいけそうですが、α-STATIONでも頻繁にOAされる名曲たちをいくつか貼っておきます。

 

音楽ストリーミングサービスspotifyではプレイリストを公開しているのでそちらでもお楽しみください。


【Vol.68(11/4) OA楽曲】

M01:「IV. / Meara O’Reilly」
M02:「Loving Machine / TV Girl」
M03:「Postcard / Roddy Frame」
M04:「Sister, Brother / F. J. McMahon」
M05:「Object Permanence / Jon Mckiel」
M06:「Bromley / Joy Overmono」
M07:「Southbound Station / Omni」
M08:「Fanfare For Effective Freedom / Horse Lords」
M09:「Toda Pessoa / Fumaça Preta」
M10:「Wop-A-Din-Din / Red House Painters」
M11:「Tomorrow Is Gone / Jode」
M12:「Cumulous Potion (For the Clouds to Sing) / Salami Rose Joe Louis」
M13:「Program Of The Second Part / Thieves Like Us」
M14:「The Shade Of The Sun / The New Wave」
M15:「It Is So Nice To Get Stoned / Ted Lucas」


 

メッセージはこちらから。

水曜日のフラレディでは今のところ番組内でメッセージを紹介していませんが、アーティストにはお渡ししています。番組の感想など是非お送りください。

■音楽ストリーミングサービスspotifyでもプレイリストを公開しています。
ぜひ、プレイリストをフォローしてお楽しみください。

※Spotifyでの番組プレイリストにはO.A.でご紹介した選曲すべてが、掲載されている訳ではありません。

radikoプレミアムや「タイムフリー機能」を利用すると、きめられた期間内であれば、全国どこにいても、α-STATIONを楽しみいただけます。小山田さんのトークを含め全て聴くことのできる「FLAG RADIO」を是非「タイムフリー」でお楽しみください。

radiko.jp

goTop