FLAG RADIO Cornelius Vol.60(2020.7.15)

20200715

cornelius

奇数月水曜日の「FLAG RADIO」、担当はCornelius、小山田圭吾さん。
この番組では小山田さんのミュージックライブラリーより、新旧ジャンル問わず、好きな音楽だけをノンストップミックスでお送りしています。

今月は「7月」をテーマにした選曲でお送りしています。

エンディングでは毎回セレクトした中から小山田さんが楽曲解説。
今週は耳の早い人の間では既に話題となっているJohn Carroll Kirby(ジョン・キャロル・カービー)について。

ノラ・ジョーンズやソランジュ、フランク・オーシャンらと共演する注目の鍵盤奏者。そしてStones Throwからファースト・ソロアルバムをリリースということで、今後更にその名が知られそうです。

ジャズやR&Bそしてエレクトロが内包されたこのアルバム本当に良かったです。(以前にリリースされているアンビエント/ニューエイジ的なアルバムも最高です!)

面白いエピソードとしてはアルバム1曲目に収録されている「Blueberry Beads」は、日本のジャズ・ベーシスト、鈴木良雄さんが80年代に作ったアンビエント・ジャズから多大なるインスピレーションを得て作られた楽曲だそうです。

このアルバムのレコーディング、プロデュース、作曲の全てを自身で行なっているということで、その才能は計り知れません。

そして彼の日本限定CDが ringsレーベルから9/23にリリースとなります。
ボーナストラックを加えたハイレゾCD「MQA-CD」仕様!

ちなみにこのレーベルringsはレイ・ハラカミさんの再発などを手がける素晴らしいレーベルです。
現代進行形の拡張するジャズシーンがお好きな方には特にオススメです。

https://www.ringstokyo.com
https://www.ringstokyo.com/johncarrollkirby

 

音楽ストリーミングサービスspotifyではプレイリストを公開しています。
そちらでもお楽しみください。


【Vol.60(7/15) OA楽曲】

M01:「Wind / John Carroll Kirby」
M02:「Storm / Joviale」
M03:「Don’t Touch / Norma Tanega」
M04:「Troubled Girl / Drab City」
M05:「Floating / Mac Miller」
M06:「The Tunnel / Azimuth」
M07:「I Wasn’t Born To Follow / The City」
M08:「ザ・ワードII / セキトオ・シゲオ」
M09:「Hotel Supernova / Felix Kubin」
M10:「Fall Into A Dream / Foxwarren」
M11:「White Nights / Psychic TV」
M12:「Hypnosis / Holy Hive」
M13:「Looking Back, I Should Have Been Home More / Richard Swift」


 

メッセージはこちらから。

水曜日のフラレディでは今のところ番組内でメッセージを紹介していませんが、アーティスト本人にお渡ししています。番組の感想など是非お送りください。

■音楽ストリーミングサービスspotifyでもプレイリストを公開しています。

※Spotifyでの番組プレイリストにはO.A.でご紹介した選曲すべてが、掲載されている訳ではありません。

radikoプレミアムや「タイムフリー機能」を利用すると、きめられた期間内であれば、全国どこにいても、α-STATIONを楽しみいただけます。小山田さんのトークを含め全て聴くことのできる「FLAG RADIO」を是非「タイムフリー」でお楽しみください。

radiko.jp

goTop