☆クロレラキッチン~元気とキレイは食事から~☆

20170809

クロレラを通じて美容・食育・健康的な
ライフスタイルを提案するコーナー
「クロレラキッチン」。

今回、鈴木先生に教えていただいたのは
【ベジ漬け丼】のレシピ

20170809ku

材料は・・・
トマト1個、アボカド1個、たまり醤油 大さじ1と小さじ1、
メープルシロップ 大さじ1、バルサミコビネガー 小さじ1、亜麻仁油 小さじ4、
クロレラパウダー 小さじ1/8×2、ガーリックパウダー少々、大葉、焼き海苔、
白いりごま、甘酢生姜 適量、お好みでわさび適量。酢飯2人分

作り方・・・
①アボカドは半分にカットして種を取り薄切りにします。
②たまり醤油大さじ1、メープルシロップ、亜麻仁油小さじ2、
クロレラパウダー小さじ1/8、ガーリックパウダーを合わせた
漬けだれにアボガドを漬けておきます。
③トマトは湯剥きし1/8のくし形にカットしたら種と筋は取って、
なるべく平らな形になるようにします。
取った種の部分は食べられますので捨てないで下さい。
④残りのたまり醤油、バルサミコビネガー、亜麻仁油、クロレラパウダーを
合わせた漬けだれに漬けておきます。
アボカドは30分、トマトは15分位はつけて下さい。
⑤その間に大葉を千切りにして、焼き海苔を細かくちぎるか
ハサミで細くカットしておきます。
⑥どんぶりに酢飯を半分入れ、焼き海苔をひき、
アボカドのつけだれを少しだけ垂らしておきます。
残りの酢飯を入れてトマトとアボカドをのせます。
千切りにした大葉と白いりごま、甘酢生姜とお好みでわさびも飾って完成です。

取っておいたトマトの種の部分は、残ったたれとお酢を少し加えて混ぜ、
わかめとキュウリの薄切りと和えると一品小鉢が出来ちゃいます。

特別な調理を必要とせず手軽に食べることのできる
ホールフードの「クロレラ」は、良質なタンパク質をはじめ、
葉酸、ビタミンB12など天然のビタミン類や各種ミネラルを
バランスよく含んだ食品です。
美と健康をサポートするためには、おすすめします。

今週もクロレラパウダーとクロレラ茶をプレゼント!
201706kupp
ご応募はコチラから!

1969創業「サン・クロレラ」の『サン・クロレラA』や、
お料理にぴったりのクロレラパウダーについては
コチラをご覧ください。

goTop