20060607

梅雨入り間近!・・とはいえ
今日のように「紫外線ビシバシDay」には 日焼けをしてしまっている可能性あり!
やけてないつもりが「あれ?鼻の頭 皮めくれてる・・(泣)」なとこもしばしば。
そこで!昨日のFARY CASTLEでご紹介した
「日焼けをしてしまった時の対処法」
をここでOnce More!

①日焼けをした肌は 一種のヤケド状態。
  まずは「冷やす」ことが大切です。
  冷たいタオルやクールパックを包んだタオルに巻いて当てるなどして
  まずは熱を取り除いて 炎症を抑えるようにしてあげましょう

②充分に冷やしたら 今度は肌をゆっくり休ませてあげましょう
  (普段使っている化粧品でも 強い刺激になることがありますから 
  なるべくメイクはいつもより薄めに!)
  タオルで顔をふくときも顔を抑える程度にしましょう

③ほてりが治まって、肌の状態が落ち着いてきたら 本格的なケアをしましょう!
  ずばり「十分な保湿」
  保湿効果の高い化粧水をたっぷり使って肌に潤いを与えてあげてください
  (化粧水は アルコールフリーのものが 刺激が少なくてオススメ)
  とにかく肌に水分を与えることが大切なので、
  5分おきに 最低でも3回~4回は化粧水をつけるようにしてみてください。
  化粧水をたっぷりしみこませたコットンでのパックもおすすめ!
  たっだ~し!長時間つけっ放しは逆効果。まめにパックはとりかえましょう。

④仕上げにお肌の水分を逃がさないように「乳液」をON

日焼けはオナゴの敵!
後でいくら涙を流しても、シミ爆弾は流れ落ちてくれません。
十分なケア、してくださいね。

夏子的アドバイス
「私はアロエジェルを愛用!
 冷蔵庫に冷やして“冷やっこい”バージョンで使ってま~す♪」

goTop