“そうだ、京都でよう”奈良県桜井市散策編①「談山神社」

20100414

SUNNYSIDE BALCONY、春の新企画「そうだ、京都でよう」
今日は平城遷都1300年祭で盛り上がりを見せる奈良県に注目!
今回は 日本の歴史に深い関わりのある町ということで、
奈良県桜井市をクローズアップ♪
その中でも私、福岡が特にココロ惹かれた「談山神社」をご紹介♪

100414tanzan-iriguti-fukuoka.jpg
「談山神社」。
藤原鎌足の死後、留学先の唐から帰国した
息子の定慧和尚が父・藤原鎌足の霊を弔うために
遺骨を多武峰山山頂付近に埋葬。
麓に十三重塔と講堂を建立したのが始まりです。

100414tanzan-juusannotou.jpg
こちらが今も談山神社のシンボル的存在となっている
「十三重塔」。
室町時代に再建されたものですが、
木造の十三重塔としては世界で唯一とされる
貴重な建造物なんです!

で、そんな「談山神社」は実は「大化の改新」ゆかりの地!
中臣鎌足(のちの藤原鎌足)と中大兄皇子が、
まだこの神社が建てられる前、大化の改新の談合、
つまり計画を練っていた場所と言われているんです!
談合が行われたから「談山神社」というわけですね。

100414tanzan-turigane-sakura.jpg100414tanzan-sakura-up.jpg

100414tanzan-sakuramiti.jpg
一般的には「紅葉の名所」として知られていますが、
紅葉のほかにも、いろんな種類の桜やアジサイ、
椿といった花々が
四季折々美しい表情を見せる場所でもあります。
私が昨日伺った時は
散り始めた桜の花びらがピンクのじゅうたんのように
地面を埋め尽くしていました!

100414tanzan-odouzentai.jpg100414tanzan-dounai.jpg

100414tanzan-siryou.jpg
境内には重要文化財に指定されている
歴史的建造物がたくさん。

拝殿の中は畳敷きの広い空間になっていて、
大化の改新から神社の創建までの絵巻や
古文書などの資料も展示されています。
建物はもちろん、
こういった資料も見ごたえ十分です!

奈良県桜井市にある「談山神社」。
アクセスはJRまたは近鉄「桜井駅」から
バスを利用しておよそ25分となっています。

goTop