Kyoto University Academic Talk

20141015

Kyoto University Academic Talk
このコーナーでは、京都大学の先生をお招きして、
“学び”をキーワードに、いろんな話しをお伺いしていきます。
20141015kyoto university.JPG

今日は、「京都大学 化学研究所」の教授「村田 靖次郎」先生をお迎えして、
「分子レベルで”ものづくり”を可能にする化学」をテーマに、
電子デバイスの材料や生理活性物質として注目を集めているナノカーボンについて
詳しくお話を伺いました。
村田先生、ありがとうございました!

“学び”のコーナー「Kyoto University Academic Talk」
次回は・・
物質の最小単位である素粒子が何か、ということを
推論や計算で調べていく「素粒子理論」がご専門の
「基礎物理学研究所」の教授「青木 愼也」先生をお迎えする予定です。
来週もぜひお聴きください。

goTop