期間限定コーナー『KYOTO MISORUN』

20151116

今週から毎週月曜日に期間限定コーナー『KYOTO MISORUN』をお届けします。

京都が誇る「和食文化」を支えてきた”西京味噌”に注目して、
「西京白みそ」のおいしい食べ方や新しい使い方などをご紹介していきます♪

そして、実は京都は「パンのまち」でもあります。
(なんと昨年、パンの消費量日本一!)

ということでα-STATIONでは現在京都の人気のパン屋さんとのコラボで
「西京白みそ」を使った新しいパンを開発するプロジェクト『KYOTO MISORUN』を展開中!
このプロジェクトで誕生したパンも、このコーナー内でご紹介していきますので、お楽しみに♪

初回の今日は、京都の料理研究家、大原千鶴さんをスタジオにお迎えして、
「西京白みそ」の上手な活用法についてお話いただきました。

1116_misorun.jpg

=============大原千鶴先生オリジナル白みそレシピ=============

★★★ベースとなる「白みそソース」★★★
白みそ:豆乳=1:2(白みそ200gの場合、400ccの豆乳を投入して混ぜてください)

★白みそライスグラタン(一人分)
<材料>
白ごはん・・・80g
溶けるチーズ(シュレッド)・・・お好みの量
パセリのみじん切り・・・適量
白みそソース・・・大さじ3

<作り方>
温かいご飯に白みそソースを混ぜ、耐熱容器に入れ、
チーズとパセリをのせてオーブントースターで10分焼く。
お好みでベーコンや玉ねぎなどの具材を混ぜ込んでも♪

★白みそシチュー(二人分)
<材料>
小かぶ・・・2個(300g)
鶏もも肉・・・1枚(300g)
太白ごま油(なければサラダ油でもOK)・・大さじ1/2
しめじ(あれば丹波しめじ)・・・1/2パック
しいたけ・・・2枚
塩茹でブロッコリー・・・適量
白みそソース・・・1カップ

<作り方>
1.小かぶは皮をむき、6等分に切り鍋に入れ、
ひたひたのだしで柔らかくなるまで煮る。

2.鶏もも肉は一口大に切り、塩こしょう(分量外)し片栗粉を全体に薄くまぶし、
中火にかけた太白のごま油をしいたフライパンに並べ入れ、蓋をして
両面をこんがり焼いて肉に火を通す。

3.鍋に1のかぶ、2の鶏肉を入れ、食べやすく切ったきのこも入れて
白みそソースを加えて中火にかけ、全体にソースを絡めながら温め、
きのこがしんなりしたら完成。器に盛り付けてブロッコリーをのせる。

★豚肉の白みそリエット(直径6cmのココット型2個分)
<材料>
豚バラスライス・・・200g
玉ねぎ粗みじん・・・60g
昆布だし・・・200cc
白ワイン・・・200cc
白みそソース・・・60cc

<作り方>
1.豚バラスライスは3cm幅に切り、玉ねぎ、昆布だし、白ワインとともに鍋に入れ中火にかける。
沸いたらアクをとり弱火にして、15分ほど煮汁がほぼなくなるまで煮る。

2.1の鍋に白みそソースを加え中火にし、絶えず混ぜながらソースを煮詰めていく。
混ぜていて鍋底が見えるくらいになったら味をみて、必要であれば塩を少し足してから火を止め、
あら熱をとり、フードプロセッサーにかけてなめらかにして、器に入れて冷やす。
冷蔵庫で4日保存可能。

================================================================

「KYOTO MISORUN] 協力:㈱西京味噌
「西京白みそ」について詳しくは西京味噌のオフィシャルサイトをCheck!

================================================================

goTop