地域情報発信コーナー『Kyoto Side』

20200306

α-STATIONオリジナルクオカード1,000円分をプレゼント
「WEBサイト「KYOTO SIDE」をご覧いただいた感想」
「この“コーナー”への感想」
「オススメ“もうひとつの京都エリアスポット”」など
このコーナーや京都府にまつわるメッセージを頂き、
メッセージをOAした方の中から抽選で毎週2名の方に
α-STATIONオリジナルクオカード1,000円分をプレゼントします。
ぜひ、番組宛てにメッセージをお寄せください。
メッセージはホームページMessageフォームから↓
http://fm-kyoto.jp/message/?program=SIESTA%20GRAFFITY
番組名「SIESTA GRAFFITY」を選んでお送りください。

このコーナーは、観光、グルメ、イベント情報など、
まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し、
共有していく地域情報発信WEBサイト「KYOTO SIDE」をもとに、
旬の情報をご紹介していくコーナーです。

 

突然ですが皆さん、納豆の発祥地ってどこかご存知ですか?
やっぱり有名な茨城県の水戸でしょう!
と、思ったんですが、、、
実は、森の京都エリアの京都市右京区京北も、
納豆発祥の地とささやかれる場所の一つなんですね。

今日はweb「KYOTO SIDE」の記事
京都・京北発、
お取り寄せもできる「究極の発酵食品」から、
納豆グルメに特化して情報をお届けします。
ライターさんが訪れたのは、
京北山国地区にある「山国さきがけセンター」。
原材料の栽培から加工、製造、販売まで、
ほとんどすべてを自社で行い、
安心安全で美味しい、発酵食品を取り扱う地元企業です。
この記事は、お腹が空いている時に見るとヤバイですね。
美味しそうなグルメ画像がずらりと並んでいます。
まず気になったのは、
納豆ファンにぜひ一度、食べていただきたいという「山国納豆」。
画像を見る限り、粒がすごく大きいですね〜。

味は納豆臭さや大豆の青臭さなどが一切なく、
ふくよかな甘みとコクが味わえるとのこと。

塩を一つまみ入れて、粘りと大豆の味をしっかりと楽しむのが
京北スタイルなんだそうです。

お次のこれも気になります!
京北のソウルフード「納豆餅」。

京北のご家庭では、
正月に「納豆餅」をお雑煮の代わりに食べる風習があるんだそうです。
紹介されている「あみがさ」という「納豆餅」は、
納豆を杵つきの白餅で包み、
表面にきな粉をまぶした和菓子っぽいビジュアル。
プレーンに加え、びっくりなことに砂糖入りもあるそうです。
納豆に砂糖・・・意外な組み合わせではありますが、
納豆の塩気ときな粉の香ばしさが、甘さと絶妙にマッチするそうです。

そして最後にご紹介するのは、「山国納豆」を細かく刻んで、
フレッシュな「美山牛乳」と合わせた「納豆ジェラート」!

納豆と牛乳の組み合わせ・・・これまた味は大丈夫?
と、一瞬思ってしまいますが、
試食したライターさん曰く、
例えるなら塩キャラメルとナッツのジェラートとのこと。

少し溶かして練ると、
トルコアイスのように粘りがでてくるそうです。

いやぁ〜バラエティに富んでいますね、京北の納豆グルメ。

気になった方は、ぜひ現地に足を運んでみてください。

goTop