地域情報発信コーナー『Kyoto Side』

20200214

α-STATIONオリジナルクオカード1,000円分をプレゼント
「WEBサイト「KYOTO SIDE」をご覧いただいた感想」
「この“コーナー”への感想」
「オススメ“もうひとつの京都エリアスポット”」など
このコーナーや京都府にまつわるメッセージを頂き、
メッセージをOAした方の中から抽選で毎週2名の方に
α-STATIONオリジナルクオカード1,000円分をプレゼントします。
ぜひ、番組宛てにメッセージをお寄せください。
メッセージはホームページMessageフォームから↓
http://fm-kyoto.jp/message/?program=SIESTA%20GRAFFITY
番組名「SIESTA GRAFFITY」を選んでお送りください。

このコーナーは、観光、グルメ、イベント情報など、
まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し、
共有していく地域情報発信WEBサイト「KYOTO SIDE」をもとに、
旬の情報をご紹介していくコーナーです。

いやぁ、今年は例年に比べて暖冬気味とはいえ、寒さが身に染みる。
そんな時は、ホットな刺激が欲しくなりまでんか?
そこでお薦めなのが、
京都市内から、電車でおよそ10分、
竹の里・乙訓エリアにある向日市の激辛商店街!
「激辛」を押しにしたメニューが目白押しだそうです。

「激辛」が発足したのは、
今からさかのぼること11年前の2009年のこと。

当初は罰ゲームの印象が強い「激辛」での町おこしに
抵抗感を持つ人もいたそうですが、じわじわと加盟店舗が増加。

いまや日本一辛いもの決定戦・KARA-1GPを開催するなど、
名実ともに激辛のまちとして知られるようになりました。

そんな激辛商店街なんですが、
web「KYOTO SIDE」では、
これまで、2回紹介されているんですね。

1回目の記事は、2018年の7月、
「辛すぎるトウガラシを、一般の人向けに
美味しく食べられるよう調理してほしい」
という依頼を受けて開発されたメニューや、
代表的な激辛グルメをライターさんたちが突撃取材。
商店街の様子も詳しくレポートされています。

「麻婆豆腐」から「餃子」、「パスタ」まで、
いろんな料理が紹介されているんですが、
僕が一番気になったのは、
人気中華料理店の「珉珉 向日町店さん」の「死神チャーハン」!

いや、これはすごいですよ。
なにせ、調理するときは防毒マスクを着用!
完食できたのは、今までで、
わずか20人ほどしかいないそうなんです!

実際に食べたライターさん曰く「もはや辛いを通り越して痛い」とのこと。

2回目の記事は、先月の25日に掲載された最新情報で、
激辛パンとドーナツのお店が3軒紹介されています。

気軽に買えるパンやドーナツなら、
激辛商店街入門としても良さそうですよね。

1軒目の「まあ’sキッチン」さんからは、
三つの辛さが選べるカレーパンがエントリー。

注文を受けてから揚げてくれるので、
いつでもアツアツが楽しめるそうなんですが、
超激辛カレーパン・・・見た目からやばいです。

2軒目の「焼きたてパンぷりえ」さんのパンはなんと全品100円!

紹介されている「大辛口チョリソー」は、
ペースト状のカレーとスパイシーなチョリソーが相性抜群で、
激辛好きはもちろん、辛口なら大丈夫!という方にもおすすめとのこと。

そして3軒目は、「四代目山下とうふ店」さん。

ドーナツなら大丈夫でしょう・・・と思いきや、
こちらの「激辛豆乳どーなつ」は、
かつて「世界一辛い唐辛子」としてギネス世界記録にも認定されたことがある
「ブート・ジョロキア」が練りこまれているとのこと。

なんでも、「生地がしっとりとして優しさを感じられる分、
余計にジョロキアの辛さが際立つ」んだとか。

いかがでしたか? 
激辛と創造性に溢れる京都向日市「激辛商店街」。

京都駅からも電車ですぐ、
竹の里・乙訓は、
西国街道の面影が残る
古い町並みや歴史のある神社等もありますので、
歴史散歩と休日のランチにホットな商店街に立ち寄るのも楽しそうですね。

気になった方は、web「KYOTO SIDE」の検索窓で
「激辛商店街」と検索してみてくださいね。

goTop