【もうひとつの京都】地域情報発信コーナー【Kyoto Side】

20190920

このコーナーは、皆さん、よくご存知の「古都京都」……だけでなく、
京都府北部・中部・南部のいわゆる「もうひとつの京都」エリアに注目!
茶畑が広がる、宇治茶の産地……南部の「お茶の京都」。
自然豊かで里山の風景が美しい……中部の「森の京都」。
美しい海の景観が楽しめる………北部の「海の京都」。
清らかな竹林が広がる………「竹の里・乙訓」。
KYOTO SIDE」は、この「もうひとつの京都」エリアを中心に、
観光、グルメ、イベント情報など、
まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し、
共有していく地域情報発信WEBサイトです。
このwebサイト「KYOTO SIDE」をもとに、
旬の情報をご紹介していくコーナーです。

まだまだ残暑が続く9月。
秋分の日、お彼岸ですし、
秋のお出かけ欲も高まってくる時期ですよね。

今年は色とりどりのコスモスや、真っ赤な曼殊沙華を見に行ってみませんか?

KYOTO SIDE」では、
コスモスの名所4カ所、曼珠沙華の名所2カ所が紹介されています。

今日はその中から、気になったスポットを
それぞれ一つずつご紹介したいと思います。

まずはコスモスから! 
もう画像を一目見て、行きたい!と思いました。
森の京都エリア・亀岡市にある「夢コスモス園」です。
まるで遠く山の裾まで続いているかのようなコスモス畑が続いています。
規模もすごいんですね〜。
面積が4.2haなので、だいたい200m×200m。
そこに、なんと、およそ800万本のコスモスが咲いているとのこと!

品種も20種類ほど植えられているため、
今月9月の下旬から来月の10月の末までと、
見頃が長いのも特徴なのだそうです。

ちなみにこちらでは、さまざまなイベントも開催されるようですね〜。
ほのぼのしたものからキャラクターものまで、
個性的なかかしが楽しめる「創作かかしコンテスト」、
亀岡牛ピラフや黒豆ごはんなどのご当地グルメや
特産品の販売が行われる「丹波味わい市」。

では、続いては曼珠沙華……
彼岸花といった方が、馴染みがあるかもしれませんね。
そちらの名所をご紹介します。

タイミングが合えば、「夢コスモス園」と一緒に楽しめるのかな?と思いまして、
同じく亀岡市のスポットをピックアップしました!
そんな景色が見られるのは、
西国三十三所の21番札所、穴太寺のほど近く。
真っ赤な花が印象的な曼珠沙華ですが、穴太寺付近では、
変種として白色の花を咲かせることがあるそうなんです。
これはぜひ見てみたいですよね。

亀岡市では「亀岡市観光写真コンテスト」なるものを実施していて、
曼珠沙華を撮影した作品もこれまで多数応募されているとのこと。

過去の受賞作は、いずれも穴太寺の南側に広がる田んぼの畔で
撮影されたものなのだそうです。

こちらの曼珠沙華の見頃は例年、9月下旬まで。
今週末は、カメラを片手に亀岡散策に繰り出してみてはいかがでしょうか。

海・森・お茶の京都、そして竹の里・乙訓。
「もうひとつの京都」と呼ばれるこのエリアには、
まだまだ知られていない、素敵なスポットがたくさんあります。
このコーナーでは、
そんな地域の魅力を発信するwebサイト「KYOTO SIDE」に
掲載されている旬の情報をご紹介していきます。
webサイト「KYOTO SIDE」の方もとっても見やすく、とても分かりやすいです。
さらに、Facebook、Twitter、Instagramもありますので、
みなさんが見やすいものをチョイスしてみてください。
季節や時間によって色々な景色を見せてくれる京都。
このサイトを片手に、
京都をすみずみまで歩いて食べて見て体験してみてください。
あなたの知らない京都がここに詰まっています。
京都府内の穴場やグルメなどオススメの情報も多数掲載されていますので、
ぜひ、ご覧になってくださいね!
↓ホームページはコチラとなっています↓
https://www.kyotoside.jp/

リスナーの皆さんも、
「もうひとつの京都」のオススメスポットや穴場スポットなどありましたら、
ぜひ、番組宛てにメッセージをお寄せください。

goTop