【もうひとつの京都】地域情報発信コーナー【Kyoto Side】

20190816

このコーナーは、皆さん、よくご存知の「古都京都」……だけでなく、
京都府北部・中部・南部のいわゆる「もうひとつの京都」エリアに注目!
茶畑が広がる、宇治茶の産地……南部の「お茶の京都」。
自然豊かで里山の風景が美しい……中部の「森の京都」。
美しい海の景観が楽しめる………北部の「海の京都」。
清らかな竹林が広がる………「竹の里・乙訓」。
KYOTO SIDE」は、この「もうひとつの京都」エリアを中心に、
観光、グルメ、イベント情報など、
まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し、
共有していく地域情報発信WEBサイトです。
このwebサイト「KYOTO SIDE」をもとに、
旬の情報をご紹介していくコーナーです。

こんな暑さだと、お出かけしたいけどちょっとためらってしまう・・・
という方も多いのではないでしょうか?

今日はそんな方にオススメ!夏でもひんやり涼しい
森の京都エリア・京丹波町にある
「質志鐘乳洞公園」をご紹介します。

みなさん、京都府に鍾乳洞があるってご存知でしたか?
質志鐘乳洞は、
京都府唯一の鍾乳洞で、高低差およそ25m、総延長およそ50m。

かつては海の中にあったそうですが、それが動くプレートによって、
山の中へと運ばれてきたそうです。
さて、気になる鍾乳洞の中なんですが、平均温度はなんと! 年中12℃!
京都の平均気温をみると、だいたい11月頃と同じぐらいですかね。
まさに天然の冷蔵庫ですね!!
黄金に輝くような柱や、ぽたりぽたりと水が滴るつらら、
かつて水が流れていたくぼみを残す岩肌などなど・・・。
神秘的な鍾乳洞の醍醐味が楽しめる「質志鐘乳洞」。
プチ冒険家気分が味わえそうですね。

身長152cmのライターさんが、
気をつけて通らないと背中をぶつけてしまうような狭い場所があったり、
頭上をスイスイとコウモリが行き交ったり。
公園内には、キャンプサイト20基、バンガロー2棟を備えた
キャンプ場があり、バーベキューも楽しめるとのこと。
「質志鐘乳洞」へは、京都市内から車でおよそ1時間なので、
身近な避暑地として活用するのも良さそうですね。

なお、web「KYOTO SIDE」には、
本日ご紹介した「質志鐘乳洞」のほか、
京都府内の花火大会スケジュールや海水浴場の一覧など、
夏のお出かけ情報がたくさん掲載されています。
今日は海の京都エリアで、宮津燈籠流し花火大会、
来週末の24日・土曜日には、伊根花火があります。

ただしみなさん、ひんやりスポットや夜のイベントとはいえ、暑さには要注意!
お出かけの際は、暑さを避けて水分・塩分をこまめに補給!
熱中症対策を万全にして、楽しい夏休みを過ごしてくださいね。

海・森・お茶の京都、そして竹の里・乙訓。
「もうひとつの京都」と呼ばれるこのエリアには、
まだまだ知られていない、素敵なスポットがたくさんあります。
このコーナーでは、そんな地域の魅力を発信するwebサイト
KYOTO SIDE」に掲載されている旬の情報をご紹介していきます。
webサイト「KYOTO SIDE」の方もとっても見やすく、とても分かりやすいです。
さらに、Facebook、Twitter、Instagramもありますので、
みなさんが見やすいものをチョイスしてみてください。
季節や時間によって色々な景色を見せてくれる京都。
このサイトを片手に、
京都をすみずみまで歩いて食べて見て体験してみてください。
あなたの知らない京都がここに詰まっています。
京都府内の穴場やグルメなどオススメの情報も多数掲載されていますので、
ぜひ、ご覧になってくださいね!
↓ホームページはコチラとなっています↓
https://www.kyotoside.jp/

リスナーの皆さんも、
「もうひとつの京都」のオススメスポットや穴場スポットなどありましたら、
ぜひ、番組宛てにメッセージをお寄せください。

goTop