Rambling Journey

20101107

毎週月曜日の「KYOTO AIR LOUNGE」と、
毎週日曜日の「OVERSEASTOP40」では、列車で行く、ブラリ旅をご紹介しています。

目的・テーマ別、ちょっとした休日に、自然の楽園・絶景を見る!
歴史を感じる!、食べ歩きづくし!、温泉でリラックス!などなど、
そんな列車で行く旅を楽しんでみませんか?

今日は、滋賀県「長浜市」の「長浜鉄道スクエア」をPICK UP!!

長浜鉄道スクエアは、3つの鉄道保存展示施設、
「旧長浜駅舎」、「長浜鉄道文化館」、「北陸線電化記念館」を総称して、名付けられました。
「旧長浜駅舎」は、1882年(明治15年)に、
北陸線の始発駅として建設された初代の長浜駅です。
現存する駅舎としては日本で最も古いもので、第1回鉄道記念物に指定されています。

そして、2000年10月14日の【鉄道の日】に、
この旧長浜駅舎に隣接する形で「長浜鉄道文化館」がオープンしました。
長浜の鉄道の歴史や、琵琶湖すいうん水運に関する資料、
北陸線を走った鉄道の模型車両などが展示されています。
館内上部には、66mの鉄道模型レールが敷かれ、SLや特急などの模型が走っているそうです!!

さらに2003年7月に「ほくりく北陸せん線電化記念館」がオープン。
北陸線で活躍した歴史的車両「ED70がた形1号機 交流電気機関車」と、
「D51形793号機 蒸気機関車」が展示されています。

続いて、もうひとつ、交通の要所・長浜らしい観光スポットが「慶雲館」。
1886年(明治19年)に、明治天皇が、
京都からの帰路に、長浜に上陸されるとの情報が入り、
当時の豪商「浅見又蔵」が私財をなげうって完成させた迎賓館です。
総ヒノキ造りの2階建てで、
玉座が設けられた2階からは、びわ湖と伊吹山が一望できたそうです。
現在は公共の施設として、
今年は、今月30日まで、一般公開が行われているほか、
毎年1月20日から3月10日にかけては、
日本一ともいわれている「長浜盆梅展」が開催され、多くの人で賑わいます。

最後はやっぱりグルメ!!
11月中旬から3月にかけての長浜の郷土料理といえば、真鴨を使った「鴨すき」。
湖北では、臭みがなくしっかりした歯ごたえが特徴の天然の鴨肉を使って、
すき焼きを楽しむそうです!!
さらには、近江牛に、かの秀吉公も愛した鮒ずしなど、美味しい食がいっぱいです。

JR西日本からのお知らせです。
今日は、滋賀方面にお出掛けするのにオススメのプランをご紹介します。
滋賀県長浜で、地元の素材を盛り込んだ近江牛会席を満喫していただける、
JRでいく【「長浜散策」近江牛会席】日帰りプラン。

JRの往復きっぷに、近江牛の握り寿司・近江牛ローストビーフ・近江牛しゃぶしゃぶなど、
近江牛が満喫できる近江牛会席の昼食がセットになっています。

このプランでは、近江牛だけでなく、長浜名物焼きさばそうめんや湖北米など、
地元の素材にこだわった長浜ならではの味を堪能することができます。
また、館内の温泉に無料で入浴できるほか、
館内の売店でのお買い物が1割引になるなどの特典もついたとってもお得なプランです。
ちょっと足をのばせば、黒壁ガラス館や長浜鉄道スクエアなど長浜散策も楽しめます。
2名以上の申し込みに限りますが、
例えば、京都駅発なら、大人 お1人、9,100円と、とってもリーズナブル!!
ご利用期間は12月5日までで、
発売期間は12月2日までとなっています。
ご利用日の1ヶ月前から3日前までにお申込みください。

更に旅行先での移動に手軽でお得な【駅から観タクン】もとっても便利!!
駅前タクシー乗り場のタクシーを利用して、
周辺の観光地をおトクな価格で気軽にまわっていただけるタクシー観光プランです。
長浜駅出発プランは
●長浜名園巡りコース
●長浜三寺(さんでら)巡りコース
●長浜戦国ミュージアムコースの3コースあり、予約いらずで当日購入もOKです。

今日ご紹介しました
【「長浜散策」近江牛会席】日帰りプラン、【駅から観タクン】に関して
詳しくはJRおでかけネット
またはJRの主な駅のパンフレットでチェックして下さい。

goTop