ゲスト【栗山千明】

20190924

今夜は【栗山千明】さんをお迎えしました。

image1

栗山さんの元気の源とは・・・ご当地グルメ

◎栗山千明
・1999 年映画「死国」で女優業を本格始動。 
 タランティーノ監督作「キル・ビル Vol.1」でハリウッドデビュー。
・現在に至るまで、FINAL CUT や
 遺留捜査シリーズなど多数のドラマや映画、舞台、CM 等に出演。
・α-Station には 2009 年、映画「鴨川ホルモー」の公開タイミングでお越しくださいました。

◎10 月 20 日(日)に京都コンサートホールで行われる「時の響 2019」に出演!!
・「文化遺産アーカイブ」と 京都市交響楽団のコラボレーションコンサート
 「時の響」 
 今年で 3 回目を迎える「時の響」は、
 音楽・映像・食を核として 過去・現在・未来を五感で感じるプログラムです。
 
・栗山千明さんはナビゲーター&朗読を担当。当日は着物姿で出演します。

コンサートは 2 部構成となっていて 第 1 部では 日本とオーストリアが国交 150 周年を迎えたことを記念し、 プログラムプレゼンターでもある くるりの岸田繁さんがセレクトする、ウィーンなプログラムを作成。 栗山千明さんと 指揮者 広上淳一さんのナビゲートの中、 岸田さんがウィーンで誕生させたくるりの「ジュビリー」を歌うなど、ウィーンの香りを堪能できます。
 
第 2 部では、京都の世界遺産認定 25 年を記念し、 広上淳一指揮、京都市交響楽団の演奏による、作曲家 酒井健治のヴィオラ協奏曲を楽しむことができます。 そして、京都で生まれた歴史的エッセイ「徒然草」を きもの姿の栗山千明さんが朗読。 その言葉に、京都で歌い続けられた「京のわらべうた」をモチーフにした くるり 岸田さんによる作編曲のオーケストラ演奏が世界初演として行われます

詳しくは「時の響」のホームページをチェック!!

goTop