LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.12.10

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,ユニバーサルデザインの普及・啓発活動などに取り組まれている
京都光華女子大学ユニバーサルデザイン研究会 
嶺帆乃夏さん,大磯佳純さん,顧問の井川啓教授にお話を伺いました。
IMG_5333

「京都光華女子大学ユニバーサルデザイン研究会について」
ユニバーサルデザイン研究会は,
短期大学部を含む京都光華女子大学の学生がメンバーとなり,
市民の皆さんにユニバーサルデザインのことを知っていただき,
関心を持っていただくことを目的に,活動に取り組んでいる研究会です。
ユニバーサルデザインは,障害者や高齢者の方に配慮した
設備を設けるバリアフリーと混同されることがありますが,
バリアフリーも含めて,障害の有無や年齢,性別,人種などに関わらず,
誰もが利用しやすいように,製品やサービス,
環境などをデザインする考え方のことが,ユニバーサルデザイン。
私たちの活動で,多くの方にユニバーサルデザインに
関心を持っていただくことにより,
誰もが快適に暮らすことができるまちづくりが,更に進んでほしいと考えています。
主な活動には,福祉団体,障害者団体,行政との交流や共同イベントの開催,
「KYOTOユニバーサルデザイン・ガイドマップ」の発行などがあります。

「KYOTOユニバーサルデザイン・ガイドマップについて」
「KYOTOユニバーサルデザイン・ガイドマップ」は,障害の有無や,
年齢,性別などに関わらず,誰もが快適に暮らすことができるように,
全ての人にとって必要な様々な情報を掲載しているマップです。
例えば,屋根付きバス停,タクシー乗場,ATM,AED,公衆電話,郵便ポスト,
歩道幅等の情報を掲載しており,皆さんの日常生活の中で,
大変役立つものになっています。
現在,来年初めの発行を目指して,
京都の表玄関である京都駅とその周辺地域の情報を掲載する,
vol.2発行のための調査・編集を進めています。
ユニバーサルデザインを考えることは,他人への思いやりにもつながりになります。
私たちが進めている「KYOTO ユニバーサルデザイン・ガイドマップ」の作成が,
他人を思いやる社会の実現の一助になれば幸いです。

「活動を資金面から支えていただける方を募集中」
「ユニバーサルデザイン・ガイドマップ」の作成は,
学生が取り組んでいる活動であり,印刷などの製作費は,
活動の趣旨に賛同いただいた企業などの広告掲載料で賄われています。
今後,vol.2のガイドマップを作成していくにあたり,
資金面から活動を支えていただける,企業や個人の方を募集しています。
ご支援いただきました企業や個人の方のお名前は,
ガイドマップに掲載させていただきます。
支援をしていただける方がいらっしゃいましたら,
ud@gwm.koka.ac.jpまでご連絡ください。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.12.03

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は「市民活動支援クリスマスチャリティコンサート」と
「市縁堂2017」の開催について
京都市市民活動総合センターの吉田智美さんにお話を伺いました。
IMG_5306

「市民活動支援クリスマスチャリティコンサートについて」
演奏終了後に,NPO法人や市民活動団体等への支援を目的とした
寄付を募る「市民活動支援クリスマスチャリティコンサート」を開催します。
開催日は,12月10日(日),午後2時30分会場で,
午後3時~5時まで,河原町五条下ルの「ひと・まち交流館 京都 大会議室」で開催。
演奏は,京都市内で2015年に誕生し,
プロ・アマ・学生が混合で楽しめるアマチュアバンドを目指し活動を行っている,
英国式金管ブラスバンドの「京都ブラスバンド」が行われます。
メンバーは,10代から70代までと幅が広く,プロとして活動している方も含め,
多種多様な人材が集まっており,英国式ブラスバンドの普及と
地域社会への文化的貢献を目標に,主演公演や各種依頼演奏などの活動を行ってます。
当日は,セント・アンドリュース・バリエーション,美女と野獣,
ホワイトクリスマスなどの曲を演奏していただきます。
市民活動にこれまで関わりのなかった方も,このコンサートを通じて,
市民活動に関心を持っていただければ幸いです。
参加料は無料です。定員は300名で,事前申込が必要になります。
参加希望の方は,お名前,連絡先,住所を記載のうえ,
メール・FAXでお申込みください。
詳しくは「京都市市民活動総合センター」のホームページをご確認ください。

「市縁堂2017について」
「市縁堂」は,市民の方にNPO法人等の市民活動団体の
活動内容を知っていただくとともに,活動に共感していただければ,
その場で寄附し,応援していただくことができるイベントになります。
今年で 5回目を迎える「市縁堂2017」は,12月17日(日)
午後1時~4時まで,
河原町五条下ルの「ひと・まち交流館 京都 大会議室」で開催します。
当日は,各ブースでの団体紹介や交流,活動内容のプレゼン,
野草の生け花や着物の端切れでシュシュをつくる体験コーナー,
会場内でのインタビュー実況中継などを行います。
今回の参加団体は,鴨川に架かる橋で唯一100年を越える橋である,
七條大橋を守る活動に取り組まれている「七條大橋をキレイにする会」,
支援が必要な方に食品を提供する活動に取り組まれている
「NPO法人セカンドハーベスト京都」,
就職活動に不安を感じている若者の
相談にのる活動に取り組まれている「NPO法人CaPSAY」など,全10団体になります。
交流や体験により,活動内容を知っていただき,「いいね!」と思ったら,
寄付したり,活動を手伝ったりしてみてください。
「市縁堂2017」は事前申込不要,参加料無料となりますので,
参加を希望される方は,直接会場にお越しください。
詳しくは,「京都市市民活動総合センター」のホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
京都市市民活動総合センター「075―354―8721」へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.11.26

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,子育て支援や地域を活性化させるまちづくり活動などに取り組まれている
NPO法人「子育ては親育て・みのりのもり劇場の」西田玲子さんにお話を伺いました。
IMG_5305

「NPO法人子育ては親育て・みのりのもり劇場について」
みのりのもり劇場は,子どもや子育て中の親などが,
「楽しみ」と「喜び」を感じながら子育てができるよう,
子育てに関する支援や情報提供を行うとともに,
地域団体等と協働し,発展的な地域の活性化などを目指し,
まちづくり活動に取り組んでいる団体です。
右京区太秦の大映通商店街の真ん中にある,
コミュニティスペース「キネマ・キッチン」を拠点に,地域の大切な仲間が,
「繋がって」,「広がって」,「続く」そんな地域の絆を創り出す活動を展開しています。
主な活動には,子育てに関する劇を媒体に,子育てに関する気づきや想いを語り合う, 
「どらりん劇団の子育てJOYトーク」や,右京区の様々な地元情報を発信する,
年4回,各1万部発行のフリーペーパー「右京じかん」の作成,
毎月第2土曜日に太秦の自然幼稚園の園庭に,様々なお店やパフォーマーが登場する,
手づくり市&フリーマーケット「太秦あそべるつながる二土の市」の開催などがあります。
次回の二土の市は,12月9日(土)開催です!
他にも「右京じかん」から始まった「現代版わらしべ長者」等に取り組んでいます。
また,活動拠点のキネマキッチンは,映画の博物館&カフェになっており,
年代物の映写機,台本,雑誌等を展示するとともに,地元のおいしい食材を使ったおばんざい
バイキングや定食,お弁当,夜は居酒屋メニューなどを提供しています。

「現代版わらしべ長者の取組について」
「地域の人と人をつなぐ企画をしたい!」そんな想いから,
「右京じかん」の誌面で,物々交換を呼びかける企画
「現代版わらしべ長者」が始まりました。
2012年にチョコからスタートした物々交換が,絵本になり,マグボトルになり,
人形になり,バッグになり,ガスファンヒーターになり,・・・,
丸4年が経過し,全部で28回程度の物々交換をした結果,チョコから始まった物々交換が,
「地域のために使ってほしい」と,京都市右京区の京北にある,
土地付きの空き家になりました。
現在,京北地域では,豊かな自然を求める観光客や,
U・Iターン等で移住を希望する人が,気軽に利用できるカフェや,
お試しで田舎暮らしができる安価な宿泊施設が少ない状況にあることから,
譲り受けた古民家を改修し,
古民家カフェ&お試し移住者向けシェアハウスをつくることを決め,取組を進めています。
この取組は,学生,地元の企業や団体,商工会など,
様々な方の協力を得て進めていますが,補助金等だけでは,改修費用が足りないため,
クラウドファンディングサイトの「キャンプファイヤー」において,
皆さんからの支援を募集しています。 

「支援を行う方法について」
「キャンプファイヤー」と検索し,
クラウドファンディングサービスのホームページをご確認ください。
そして,ホームページ内の検索フォームに,
「現代版わらしべ長者」と入力し,プロジェクトの詳細ページにお進みください。
3,000円からの寄付を募集しており,寄付していただく金額により,
チョコ,Tシャツ,京北のお米,とれたて野菜,お酒,日帰り京北ツアー,
完成後のシェアハウスの無料宿泊券など,様々なリターンを用意しています。
募集期間は,12月8日(金)までです。皆さんからのご支援をお待ちしています。

もう一つお知らせです!みのりのもり劇場も運営のお手伝いをしている,
高雄の絶景が楽しめるハーフマラソン「高雄マウンテンマラソン」が,
12月17日(日)に開催されます。
実は,昨日25日で応募締め切りだったのですが,
このラジオをお聴きの方だけ,29日までのお申込み・ご入金でご参加いただけます!
参加申込の詳細は,「高雄マウンテンマラソン」のホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは「NPO法人子育ては親育て・みのりのもり劇場」
「075-882-3309」へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.11.19

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は「市政と“みんなごと”でつながる2日間」の開催について
京都市総合企画局総合政策室の山下比佐暢さんにお話を伺いました。
IMG_5286

「市政と“みんなごと”でつながる2日間について」
行政に自分の意見や声を届けたいけど,どうしたらいいかわからない。
そんな風に思ったことはありませんか?
京都市では,京都がもっとよくなる,もっと住みやすくなるために,
市民のみなさんから意見をお聴きする場を様々な方法で設けています。
「市政と“みんなごと”でつながる2日間」は,
そんな市民のみなさんから意見をお聴きする場の一つとして開催するもので,
市民のみなさんが市政を「自分ごと」「みんなごと」と感じ,
つながることができるよう,2日間に渡り,京都御池創生館を会場に,
トークセッション,交流会,ワークショップなどを行います。
1日目は,「市政との楽しいつながり術」をテーマに,
12月3日(日)午後2時~4時30分まで開催します。
京都市では,行政が計画や制度を考える際に開かれる外部有識者会議(審議会)が,
約100あり,この会議に,公募した市民の方が参加しています。
みなさんの意見はどう活かされているか?公募委員の楽しさとは?
審議会の委員になるってハードルが高い?等々,ゲストトークと交流会を通じて,
参加者の皆さんに,審議会や公募委員の魅力をたっぷりとお伝えします。
ゲストトークでは,「市政参加ってなに? 教えて 谷口先生」をテーマに,
福知山公立大学教授の谷口知弘先生にお話しいただきます。
交流会には,公募委員をされている方も参加されます。

「2日目の内容について」
12月19日(火)の午前10時~午後3時30分まで,
4つのテーマで,皆さんのアイデア等をお聴きするワークショップを開催します。
4つのテーマの1つ目は,危機からしなやかに回復できる
「レジリエント」なまちづくりをみんなで語り合う,
『We make 未来のKTOTO ~「あなたの○○」が「京都のため」に~』
2つ目は,社会に役立つエシカル消費について考える,
「明日からの買い物が世界を変える」
3つ目は,京町家の活用などについて考える,
「京町家の価値を共有し,守り,育て,創造する」
4つ目は,オープンデータの見方や活用策を一緒に考える,
「データがあれば何でもできる」になり,
1つ目,2つ目が午前10時~正午,3つ目,
4つ目が午後1時30分から3時30分までの開催となります。
プロのファシリテーターから指導を受けた職員が運営を行い,
皆さんと担当部署の職員が,想いを共有し,一緒にアイデアを考えます。

「参加方法について」
参加対象者は,京都市にお住まいの方又は京都市に通勤・通学されている方で, 
参加費無料,申込先着順となっています。
1日目は,定員50名で,申込締切は11月29日(水),
2日目は,定員各ワークショップ30名で,
申込締切は12月13日(水)になります。
お申込みは,インターネットで「みんなでつくる京都」と検索し,
ホームページ上の専用フォームからお申込みいただくか,
氏名,職業,電話番号,メールアドレス,参加する日(両日への参加も可),
12月19日に参加の方は,参加するテーマ番号,
(開催時間の異なる2テーマへの参加も可)を明記し,電話,FAX,
メールからお申込みください。
なお,託児をご希望の方は,1日目は11月24日(金),
2日目は12月8日(金) までに,お子様のお名前,性別,
年齢と月齢を添えてお申込みください。
詳しくは,インターネットで「みんなでつくる京都」と検索し,
ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
京都市総合企画局総合政策室「075-222-3178」へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.11.12

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は「らくさいスマートサイクリング」モニターツアーと
「らくさいマルシェ」,「風土・food大原野2017」の開催について
京都市都市計画局都市総務課の片山尚彦さん、
西京区役所洛西支所地域力推進室の太田哲也さんにお話を伺いました。
IMG_5292

『「らくさいスマートサイクリング」モニターツアーについて』
「らくさいスマートサイクリング」モニターツアーは,
西山の麓に広がる緑や豊かな自然を楽しみながら,
地元のユニークなお店や神社,公園,同日開催の「らくさいマルシェ」や
「風土・food大原野2017」のイベントなど,
西京区にある洛西の魅力が詰まったコースをサイクリングで巡るツアーになります。
このツアーは,洛西ニュータウンや大枝・大原野地域の魅力を広く発信すること,
そして,洛西地域の魅力スポットを巡る観光プログラムの開発を目指して開催するものです。
地域が一体となって,まちの賑わいを創り出していこうと取り組んでいるもので,
今回のツアーでいただくご感想やご意見を参考に,
より魅力的なプログラムを開発していきたいと考えています。
開催は,11月25日(土)の午前10時~午後4時頃です。
サイクリングを楽しんだ後には,洛西ニュータウン内にある
ホテル京都エミナースの竹の郷温泉につかってリフレッシュしていただけます。
健康と観光をテーマに実施するイベントで,サイクリングを楽しむと同時に,
洛西地域のまちづくりにも参加できるツアーになります。

『「らくさいスマートサイクリング」モニターツアーへの参加方法について』
今回のツアー,大変ご好評をいただき,すでに定員に達してしまったため,
申込を締め切らせていただいております。誠に申し訳ございません。
ツアーにご参加いただくことはできませんが,同日開催の「らくさいマルシェ」や
「風土・Food大原野2017」のイベント会場や阪急洛西口駅などで,
洛西地域の魅力やまちの賑わいづくりに関するアンケート調査を行います。
皆様の想いやアイデアを,今後の洛西地域のまちづくりに活かしていきたいと
考えていますので,ぜひこちらにご協力いただきますようお願いします。
「らくさいマルシェ」や「風土・Food大原野2017」などのイベントには,
定員はございませんので,ぜひお越しください。

「同日開催の「らくさいマルシェ」と「風土・food大原野2017」について」
らくさいマルシェは,洛西ニュータウンにあるラクセーヌ広場で,
毎月最終土曜日に開催されている,らくさいの魅力がいっぱいのマルシェです。
会場では,様々な飲食店を始め,手作り雑貨や洋服などを多数販売しています。
今回のらくさいマルシェは,モニターツアーと同日の
11月25日(土)の午前10時~午後4時までの開催です。
午後4時からは夜マルシェ、
午後5時からは,クリスマスイルミネーションの点灯式も開催されます。
詳しくは,「らくさいマルシェ」と検索し,ホームページをご確認ください。

風土・food大原野2017について。
このイベントは豊かな田園風景,歴史,寺社など
たくさんの魅力あふれる西京大原野を満喫できるイベントです。
紅葉の名所「大原野神社」の境内に露店を広げ,
大原野地産の野菜や加工品をはじめ, 
大原野の食材をふんだんに使った弁当や大根炊きなどの販売が行われます。
また,大原野の農家さんの自慢の品が陳列される品評会では,
毎回200点以上の野菜などが出品され,即売会も開催されます。
会場内で行われる竹太筒・フルート・琴などのライブ演奏を聴きながら
楽しいひとときを過ごしませんか。
「風土・food大原野2017」は,
11月25日(土)の午前10時~午後2時まで大原野神社で開催されます。
会場へはラクセーヌ広場から無料シャトルバスも運行します。
詳しくは,「西京区役所」と検索し,西京区役所のホームページの,
「区のまちづくり」の「洛西支所のまちづくり支援」をご確認ください。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.11.05

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,車いす利用者の方が安全に車いすを使えるように,
点検活動などに取り組まれている京都車いす点検ボランティア
「スイマルク」の代表,谷口博さん,副代表,藤田邦雄さんにお話を伺いました。
IMG_5264

「京都車いす点検ボランティア「スイマルク」について」
車いすの専門的な知識や技能を習得して,
利用者の方が安全で快適に車いすを使えるように,
点検,整備,清掃などの活動を行っている団体です。
車いすは,使用する方にとって,大切な身体の一部です。
福祉施設や病院などにある多くの車いすが,
不具合がある状態で使用されているという現状を知り,活動を始めました。
また,最近は,高齢者の増加に伴い,車いすを利用される方を
よく見かけますが,利用者が故障に気付かず,
危険な状態で使用されている状況があります。
市内に,自転車屋さんはありますが,車いすを修理できるところは少なく,
施設などでも,忙しくてタイヤの空気入れにも手が回らないという現状があります。
利用者の方が,安心して車いすを使用できるお手伝いをしたいという想いで,
日々の活動に取り組んでいます。
主な活動は,月4回程度,福祉施設や社会福祉協議会,病院,
各種イベント等で行っている車いすの点検活動になります。
また,各施設からの点検依頼に対しての,
訪問計画の作成や,活動事例の報告等を行う毎月1回の定例会,
メンバーの車いすに関する技術向上を目的とした,
研修会の開催などにも取り組んでいます。
点検では,独自のチェックシートに沿って,フレーム,車輪,
シート部分と調べていき,溶接の不具合,タイヤの亀裂,
ブレーキの制動力などもチェックしています。
車いすの点検をご希望の施設や団体等がありましたら,スイマルクまで連絡ください。
点検は,すべて無料で行っています。

「車いすの無料点検会について」
11月21日(火),午前10時から午後5時まで,
イオンモール京都桂川1階の「竹の広場」で開催される,
「おたっしゃ広場」において,車いすの無料点検会を行います。
今月は,「シニア趣味発見フェア」と題して,手芸体験・体操教室・
絵手紙などの企画と私たちスイマルクの車いす無料点検を行います。
車いすを安全に使用する方法や日常点検について,
アドバイス等もさせていただきます。
車いすを日常的に使用されている方や,施設の担当者でお困りの方など,
ぜひ気軽にお越しください。
詳しくは,「南区おたっしゃ広場」と検索し,ホームページをご確認ください。

「ボランティア募集について」
私たちと一緒に,車いすの点検・整備・清掃等の活動を行っていただく,
ボランティアの方を募集しています。
例えば,定年退職をされて,何か活動を始めたいと思われている方など,
余暇を使い,これからの住み良い高齢化社会を支えるお手伝いをしてみませんか?
活動内容は,車いすの点検・整備・清掃等を各種施設等で行うというものになります。
車いすの扱いにお困りの方や興味のある方など,誰でも参加いただけます。
年齢性別は問いませんので,気軽にお問合せください。
詳しくは,「京都市福祉ボランティアセンター」と検索し,
ボランティア募集情報のページで「スイマルク」と検索してください。

お電話でのお問い合わせは,『京都車いす点検ボランティア「スイマルク」』
「090-4763-5058」へお願いします。

Newer

Older

goTop