LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.04.23

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,芸術文化の振興や芸術・文化によるまちづくりに取り組まれている
NPO法人劇研の理事・事務局長の杉山準さんにお話を伺いました。
IMG_4812

「NPO法人劇研の活動について」
劇研は,演劇の「劇」に研究の「研」と書くのですが,
下鴨にある「アトリエ劇研」という演劇やダンスの専門の
小劇場の運営を出発点にするNPO法人です。
その名の通り演劇をはじめとする様々な芸術が,
より多くの方の生活の中にいきづくことを目指して,
劇場の運営以外にも様々な事業を行っています。
演劇を作ったり,上演するといった直接作品に関わる事業だけでなく,
演劇を学ぶ機会を提供したり,演劇などの芸術を,福祉や教育,
児童青少年育成に活用する事業などにも積極的に取り組んでいます。
中でも近年は,芸術・文化によるまちづくりに力を入れていて,
左京東部及び西部のいきいき市民活動センターの指定管理業務なども行っています。
また,昨年度には,文化庁京都移転決定を機に,
「文化の力で日本を元気にするために,自分たちに何ができるか」を,
市民と京都市が共に考え行動するチームである,
「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」のメンバーになり,
京都に息づく「日本伝統の生活文化,精神文化や多彩な文化芸術」の
更なる振興・発信などに取り組んでいます。

「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」主催で,
 開催されるイベントについて」
4月29日(土・祝)の午後1時~午後4時まで,
「いきいき春の文化祭~アール・ブリュットとの出会い~」というイベントを開催。
タイトルのアール・ブリュットは,加工されていない生の芸術や伝統や流行,
教育などに左右されずに湧き上がる衝動のままに表現した芸術のことを言います。
このイベントは,チームメンバーのNPO法人劇研と天才アートKYOTOが中心となり,
アール・ブリュットや障害のある方が描かれた絵画等と
楽しく出会うことができるアートイベントになります。
当日は,ゲストに,京都造形芸術大学名誉教授の水野哲雄氏,
天才アートKYOTO理事長の高島寛氏をお迎えし,
アール・ブリュットとの出会いをテーマにしたトークセッションを開催します。
他にも,アートグッズや作業所の製作物の販売,
障害のある方たちのステージパフォーマンス,
どなたでも自由に参加できるワークショップ「ちぎってペタペタ色あそび」などを行います。
会場は,錦林保育所の横にあります,左京東部いきいき市民活動センターになります。
参加費や事前申込は不要で,子どもから大人まで楽しめるイベントになっていますので,
皆さんぜひお越しください。
また,4月29日(土)から5月14日(日)まで,
同じ会場のエントランスや階段において,天才アートKYOTOの作品の展示を行います。
詳しくは,「いきいき春の文化祭」と検索し,ホームページをご確認ください。

「寄付を募集されています」
NPO法人劇研では,文化や芸術により,市民生活を豊かにするために,
様々な活動に取り組んでおり,
活動を資金面から支えていただける寄付を募集しています。
現在は,特に,演劇やダンスを主とする芸術を発信する場である,
劇場アトリエ劇研の運営,舞台芸術作品の制作,
世界各国の劇場や芸術課との共同事業,演劇を活用した青少年育成事業,
文化芸術を活用した地域振興事業に係る費用の寄付を募集しています。
寄付は,1口3,000円からとなっており,個人の場合は所得税や住民税からの控除,
法人の場合は,損金算入が一定の範囲で可能です。
ホームページの専用フォームで受け付けていますので,皆様のご協力をお願いします。
詳しくは,「NPO劇研」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,左京東部いきいき市民活動センター
「075-761-1385」へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.04.16

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,愛ときずなの胎教により,
幸せな家庭や社会をつくることを目的に活動されている
日本胎教協会の山村尊子さんにお話を伺いました。
IMG_4810

「日本胎教協会の活動について」
胎教とは,受精した瞬間から赤ちゃんを一人の人間と考え,
「おなかの赤ちゃんにとってよい環境をつくる」ことです。
当協会では,胎教の普及により,幸せで明るい家庭や平和な社会を
実現させたいと考え,様々な子育て支援等の活動を行っています。
主な活動としては,安定期(妊娠5か月~8か月)の妊夫・妊婦を対象に,
妊娠期の不安を安心に変えるための胎教講習の開催や,
胎教のスペシャリストである胎教アドバイザーによる
イベント等の開催などがあります。
他にも,「よい胎教は,家庭と社会を明るくする」という理念のもと,
執筆活動などを行い,胎教に関する様々な情報発信にも取り組んでいます。
また,市民が取り組むまちづくりの提案を募集し,
京都市が実現に向けたサポートを行う“みんなごと”のまちづくり推進事業に,
「おなかの赤ちゃんサポート」という提案を提出し,
「まちづくり・お宝バンク」に提案を登録しています。
今回,この提案をきっかけに,胎教に対して熱い想いを持つ,
全国の胎教アドバイザーと,参加型シンポジウムの「お宝祭」を企画しました。

「お宝祭について」5
月7日(日)の午後1時~午後3時30分まで,胎教から,
幸せで明るい家庭や平和な社会を実現させることなどについて,
皆さんと一緒に考える,参加型シンポジウムの「お宝祭」を開催します。
内容は,ゲストに京都大学大学院教育学研究科教授の明和政子先生と,
書道家の山村龍和先生を迎えて行う「トークライブ」や,
参加者同士で名刺交換や情報交換を行っていただく「交流会」の開催などになります。
「トークライブ」では,「人類が幸せな方向へと進むためには,○○が鍵」など,
お宝祭でしか聞けないお宝トークが満載です。
また,交流会では,たくさんの方とお話しいただき,ぜひ一緒に夢を実現する,
活動する仲間を増やしていただければと考えています。
他にもオリジナル図書カードが当たる抽選会や,
会場への想いを込めた山村先生の即興の書のプレゼントなどの
お楽しみも企画しています。
会場は,西本願寺の北側にあります聞法会館になり,
定員は先着150名、参加料無料となっています。
お申込みは,ホームページの専用フォームもしくは,メール,FAXでお願いします。
詳しくは,「日本胎教協会」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,日本胎教協会
「075-322-0126」へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.04.09

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,京町家や京都の生活文化の価値を発信する活動に取り組まれている
NPO法人うつくしい京都の理事 富家大器さん,理事の石盛真徳さん,
会員の相澤恵美子さんにお話を伺いました。
IMG_4802

「NPO法人うつくしい京都の活動について」
うつくしい京都は,京町家の価値が社会的に見直されてきた時期である
2002年11月に発足し,今年で活動を始めて15年になります。
京都の美しいまち並や暮らしなどの生活文化の研究を行うとともに,
こういった文化が未来にどうあるべきかを考え,
次世代へ橋渡しすることを活動の目的にしています。
現在,主に取り組んでいる活動には,祇園祭の後祭で,
北観音山を出す六角町に位置する「京都生活工藝館無名舎・吉田家」を拠点に,
京町家の持つ生活文化の価値を発信するという活動があります。
この活動では,祇園祭山鉾連合会・前理事長の吉田孝次郎さんを毎回の講師に迎え,
京都の生活文化を学んでいただく「吉田塾」の開催や,
文化財建造物の保全活用を行う,文化庁からの委託事業などに取り組んでいます。
歴史都市である京都市の中心部は,国の重要な歴史的街区として街並み及び
景観が保全されているべき地域なのですが,様々な開発行為などにより,
京町家が取り壊されてしまっている現状があります。
近年は,景観に配慮し,マンションやホテルの一階部分に,
京町家のファサードを模した意匠が取り入れるなどの工夫も見られますが,
それらは次善の策で,本来の京町家の持っていた価値とは異なります。
今後は,京町家での様々な体験をもとにした
生活文化の伝承にも取り組んでいきたいと考えています。                                

「吉田塾2017の参加者を募集中」
うつくしい京都では,京都の生活文化をより深く学び,
これからの京都を考える場として,
祇園祭山鉾連合会・前理事長の吉田孝次郎先生が語る連続講座
「吉田塾」を2013年より開講しています。
吉田塾は,四季折々の京町家での室礼を鑑賞してもらうために
年5回程度開催しており,今年度の第1回は,敷物に網代を敷き,
建具をたて葦戸夏座敷に替えた夏座敷を体験していただくもので,
6/18(日)に開催します。
吉田塾の開催時には,京都生活工藝館無名舎・吉田家所蔵の夏の衣装,
帷子を展示し,衣装と生活文化の関わりなども学んでいただいています。
第2回は,祇園祭の後祭りの曳き初めに合わせて,7/20(木)に開催します。
会場は,中京区新町通六角下ル西側の京都生活工藝館無名舎で,
参加費は,一般が各回2,500円になり,現在参加者を募集中です。                         
定員は,先着20人ですが,第1回と第2回については,
既に,定員の半分ぐらいに達していますので,早めにお申込みください。
申込方法は,メールのみになります。
詳しくは,「うつくしい京都」と検索し,ホームページをご確認ください。

「会員や寄付を募集されています。」
会員には,活動を担っていただく「正会員」と,活動趣旨に賛同いただき,
資金面をサポートしていただく「賛助会員」があります。
他にも,京都地域創造基金の仕組みを利用し,
「京都生活工藝館無名舎・吉田家」の
保存・活用のための寄付を募集するプロジェクトに取り組んでいます。
吉田家は,京町家の生活文化の発信源となっている大型京町家ですが,
現在は当主が一人で建物の維持管理作業を行っておられ,
継続的に維持管理していくために,幅広い支援が求められています。
今回のプロジェクトでは,建物の保全改修工事と,
より多くの見学者を受け入れるための事前予約受付システムの開発を行う予定です。

詳しくは,「うつくしい京都」と検索し,ホームページをご確認ください。
お問い合わせは,ホームページのメールフォームからお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.04.02

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,観光客や修学旅行生を対象に,観光ガイド活動に取り組まれている
京都散策愛好会の大野克二さんにお話を伺いました。
IMG_4791
 
「京都散策愛好会の活動について」
京都散策愛好会は,地元住民による観光ガイドグループで,
30代から熟年までの幅広い年齢層の男女が京都を訪れる観光客や
修学旅行の生徒等を対象にガイド案内を行っています。
京都市は,都市部でありながら自然と共生する佇まいが見られるなど,
すばらしい景勝地でもあります。
1200年の歴史や文化を感じさせる旅や,
会話形式による楽しい散策観光を目指して案内を行っており,
京都の自然環境に配慮したコース作り,
観光資源を立体的(年代やテーマ別等)に捉えたコース作りなどに取り組んでいます。
京都市の観光は神社,仏閣だけではありません。
テーマ別の観光コースは,全部で21コース用意しており,
古都の風情を今に伝える京町家を巡る「町並み探検・伝統の形」コースなど,
見逃せないコースがたくさんあります。
京都には,多くの魅力ある観光地があるので,何処に行くか考えるのが大変です。
そんな京都観光だからこそ,是非ガイドを利用して,
様々な京都の魅力にふれていただきたいと考えています。
私達は,9名までの小グループでも,
市バス等・公共交通機関を利用した「ECO」な「ガイド散策」を提案しています。
小人数でも「ガイド散策」は本当に「ECO」で楽しい観光になりますよ。
テーマ別のコースなど,詳しくは「京都散策愛好会」と検索しホームページをご確認ください。

「京都散策愛好会の皆様は,強い想いを持って活動に取り組まれています。」
私達は,修学旅行生を案内させていただくことがよくあり,
「班別行動」では,6名前後の生徒を一人のガイドが担当して案内しています。
全員が若いお客様なので観光を楽しんでいただくためには色々な配慮も必要ですし,
一定の学習効果も得ていただかなくてはなりません。
案内を終了した時に,「よかった!」の言葉をいただくために,
一生懸命に誠実を尽くします!!
日々,このような想いで,観光客や修学旅行生への案内を頑張っています。

「観光ガイドボランティアを募集中」
京都の観光産業の一員として,
地元住民によるガイド集団を目指して活動しています。
このボランティア精神を基調とした活動の趣旨を理解し,私達と一緒に,
京都を訪れる観光客,修学旅行生等を対象に観光ガイドをしていただける方を募集しています。
京都市及び近隣在住の30歳~65歳ぐらいまでの方で,
京都の歴史文化に関心のある方,徒歩・公共交通機関・観光バス乗車による
ガイド案内を行っていただける方を対象に募集しています。
活動は有償となり,勤務に対して礼金をお支払いしています。
また案内時の昼食代も支給させていただきます。
なお,勤務いただくには,研修を受講していただく必要がありますので,
詳しくはお電話でお問合せください。皆様からのご連絡をお待ちしています。   

電話でのお問合わせは,
京都散策愛好会「075-464-7776」へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.03.26

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,平成28年度のLet’s KYO Together!のコーナーについて
京都市総合政策室 市民協働課長の寺澤昌人さんにお話を伺いました。
IMG_4790

「この1年Let’s KYO Together!で取り組んできたことについて」,
今年度もNPO等の市民活動団体の方や大学生の方など,
幅広い分野と年齢の皆さんにご出演いただきました。
今年度も,ご紹介した全ての取組でゲストの方に出演いただき,
皆さんの熱い思いとともに,リスナーがすぐにでも参加できる様々な活動を
ご紹介いただきました。
例えば,
・祇園祭の山鉾「岩戸山」の保存会にご出演いただいたときは,
 祇園祭の運営を次世代に託していくため,
 広く祭りに関心のある方々に向けて門戸を開き,
 祇園祭に内側から関わっていただける方を募集するという取組
「岩戸山ソーシャル寄町」をご紹介いただきました。

・洛西地域で,広く高齢者を対象に,居場所づくり,健康づくり,
 生きがいづくり,困りごと相談の場所づくりなどの事業を行い,
 地域の活性化に取り組まれている活動について,洛西地域を愛する想いとともに
 NPO法人洛西福祉ネットワークにご紹介いただきました。

・他にも,今年度に開始しました「“みんなごと”のまちづくり推進事業」,
 「東アジア文化都市2017」のプレイベントといった京都市の取組や
 七条大橋をきれいにする活動,英語で道案内を行うボランティアプロジェクト,
 古文書の保存に取り組む活動等々,様々な活動を紹介いただきました。

「放送終了後に出演者から感想が寄せられているそうです。」
「一緒に活動を行いたいという問合せがあった」や,
「放送を聞いてイベントに参加された方がいらっしゃった」など,
ラジオ放送の効果を実感する内容の感想も寄せられており,
出演者の方からの「出演させていただいてよかった」という声を
数多くいただいています。
少しでも多くのNPO,団体等に出演いただき,
自分たちの取組をたくさんの方に,ご紹介いただければと思っています。
来年度もこれまで以上に取組を広げていきたいと思っています。
NPO,企業など,たくさんの方と連携させていただき,
さらにたくさんの方に,市民活動に興味をもっていただきたいですね。
これからもLet’s KYO Together!をよろしくお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER ~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.03.19

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,様々な人たち同士が繋がりを持つ,
多様性のあるまち京都を目指し活動されている
NPO法人ALIZEの中村周平さん,山本”ALEX”辰馬さんにお話を伺いました。
IMG_4770

「NPO法人ALIZEの活動について」
障害の有無や国籍の違いなどに捉われず,
京都で様々な人たちの繋がりや接点をつくることを目的に活動を行っている
NPO法人です。
多くの方が,日常生活の中で,自分自身の中にある情報やイメージなどから,
障害のある方や外国人の方の様々なことを勝手に判断してしまい,
そのことが,障害のある方や外国人の方への
偏見などにつながっているという現状があります。
勝手なイメージや偏見などには,情報不足や理解不足といったことが
原因にあると考えており,共通の趣味などを通して
同じ時間を共有することができれば,お互いを知ったり,
理解することに繋がり,
偏見などをなくしていくことができるのではないかと考えています。
誰もが生きていくうえで必要な「福祉」に,音楽,スポーツ,
国際交流などの要素を掛け合わせ,これまで関わりが少なかった
様々な立場の人同士の繋がりや接点をつくることにより,
様々な人同士がつながる多様性のあるまちをつくりたいと考えています。
主な活動としては,障害福祉サービスである居宅介護支援事業,
誰もが音楽やスポーツを楽しむことができるイベント等を開催する
ユニバーサルエンターテインメント事業の開催などがあります。

「ユニバーサルエンターテインメント事業について」
ユニバーサルエンターテイメント事業では,主に二つの事業を行っています。
一つ目は,WheelchairFootballです。
こちらは,月1回のペースで京都市障害者スポーツセンターで開催している,
車いすアメフトになります。
二つ目は,コネクトザユニバースです。
こちらは,2ヶ月に1回程度のペースで京阪神宮丸太町駅直結の
京都クラブメトロで開催しているクラブパーティーです。
内容は,人種,宗教,障がい,職種関係なく多種多様な人たちが繋がる
チャリティーパーティーになります。
お客様だけではなく,出演者も非常にバラエティに富んでいて,
中には車椅子のアーティストも何名かおられます。
会場内はバリアフリーが整っており,いつもたくさんの方が来られ,
パーティーは大盛り上がりです。
また,売上金は,学生のネパール支援団体“ナマステの会”に寄付しており,
ネパール震災で倒壊した学校の建設費に充てられています。

「一緒に活動を行うメンバーを募集中」
私たちの活動の趣旨を理解し,
一緒に活動を行っていただけるメンバーを募集しています。
現在,ホームページはあるものの,更新できるメンバーがおらず,
非常に困っています。
ホームページの更新やイベントの撮影等,
広報関係をお手伝いいただける方がいましたら,ぜひ,ご連絡をお願いします。
他にも,ユニバーサル・エンターテインメント事業で行なっている,
「Whellchair Football」を一緒に運営していただける方も絶賛募集中です。
また,コネクトザユニバースの運営に関してご興味のある方も是非ご連絡ください。
詳しくは,「NPO法人ALIZE」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
NPO法人ALIZE「075-415-7976」へお願いします。

Newer

Older

goTop