LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.10.15

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,薬物依存症者の回復や社会復帰を支援する活動に取り組まれている
NPO法人京都DARCの施設長 太田実男さんにお話を伺いました。
IMG_5246

「NPO法人京都DARCについて」
京都DARCは,薬物依存症者及びその家族を対象に回復や社会復帰を支援する
事業や,一般の方等に薬物依存症に関する啓発事業などを行っている団体です。
「プログラムに従って徹底的にやれば必ず回復できる」というメッセージを掲げ,
依存症の仲間同士が関わり,繋がる,「ミーティング」を中心に,
様々な薬物の依存から仲間を助けるための活動を行っています。
主な活動には,薬物依存症者が,自立した生活を営むことができるように実施する,
買い物&調理実習,農作業,カフェでの就労体験,ゴミ拾い等のボランティア,
運動などの自立訓練事業や,自立訓練を修了された方に,一般企業への就職,
職業訓練校等への進学等の支援を行う活動などがあります。
他にも,拘置所や精神病院等を訪問し,薬物依存から抜け出そうとしている方に,
回復への希望を伝える活動や,フォーラム等の開催,
行政や更正保護機関等が開催する薬物関連問題の研修会等での体験発表などの
啓発活動にも取り組んでいます。
京都DARCでは,薬物依存症者やその家族からの相談を随時受け付けています。
利用したい,話しを聞きたいという方がいらっしゃいましたら,まずはお電話ください。

「フォーラム開催について」
「NPO 法人京都 DARC14周年記念フォーラム」を,
10月21日(土)の午後1時30分から5時30分まで,
河原町五条下ルにある「ひと・まち交流館 京都」で開催します。
今年のテーマは,「もう,二度としません!~原点回帰~」。
14回目となる今年は,原点に戻って,
それぞれの回復の歩みを分かち合いたいと考えており,
薬物依存症者とその家族の話や日本で初めてダルクを作った
日本ダルク代表の近藤恒夫さんの講演を予定しています。
事前申込不要で,参加料無料となりますので,参加を希望される方は,
直接会場にお越しください。当日は,午後1時開場となっています。
詳しくは,「京都DARC」と検索し,ホームページをご覧ください。

「会員や寄付を募集されています。」
京都DARCでは,障害者総合支援法の事業を行うことにより,
活動資金を得ていますが,この事業は,私たちの活動の一部であり,
皆様の支援がなければ,事業を運営していくことが困難な状況です。
薬物依存症者が回復を望み,生きる希望を持ち,
社会の有用な一員となるために,
資金面から,私たちの活動を支えていただける会員を募集しています。
会員には,機関紙「京都DARCニュース」を定期的にお届けするとともに,
セミナーなどのイベント案内をお送りさせていただきます。
会員以外にも,京都DARCニュースを購読いただける方や,寄付を募集しています。
薬物依存症者が,回復と成長を手にすることができる場として,
京都DARCの活動を継続していけるよう,皆様のご協力をお願いします。         
詳しくは,「京都DARC」と検索し,ホームページをご覧ください。

お電話でのお問い合わせは,「NPO法人京都DARC」
「075-645-7105」へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.10.08

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,上京区にある大将軍商店街の活性化に取り組まれている
大将軍商店街振興組合の理事長・井上明さんにお話を伺いました。
IMG_5216

「大将軍商店街について」
大将軍商店街は,上京区に位置する一条通の西大路から中立売通までの区間の
約400mの長さに商店が並ぶ商店街で,
昔から妖怪たちが行列した百鬼夜行の通り道と言われていることから
「一条妖怪ストリート」と呼ばれている場所です。
大将軍商店街振興組合は,こうした伝承を今風にアレンジし,妖怪をテーマに,
商店街の活性化を図るため,毎年行われる商店街最大の行事「一条百鬼夜行」や,
妖怪フリーマーケット「モノノケ市」の開催などに取り組んでいます。
商店街には,妖怪のオブジェが設置されており,たくさんの妖怪たちに出会えます!
また,竹墨を使用し漆黒の衣が特徴の「妖怪コロッケ」や,
真っ黒なスープに紫の麺であっさり京風味の「妖怪ラーメン」など,
様々な妖怪グルメを味わうこともできます。
他にも,スマートフォンのカメラで妖怪を探し,
記念撮影できる「妖怪カメラ」というアプリを開発し,商店街でアプリを起動すると,
利用者の位置により,様々な妖怪が登場し,一緒に記念撮影を楽しむことができるなど,
お買い物だけではなく観光も楽しんでいただける商店街となっています。

「今年の一条百鬼夜行について」
百鬼夜行を現代によみがえらせる妖怪仮装行列である,
「一条百鬼夜行」を10月14日(土)の午後6時30分から開催します。
毎年10月に開催しており,たくさんの方に参加いただき,
ぬらりひょんや青坊主など,
多くの妖怪が,大将軍商店街を練り歩く大イベントとなっています。
また,当日の午後3時~8時まで,から揚げやたこ焼きなどを販売する屋台や,
妖怪グッズなどを販売する店舗が出店する,
妖怪アートフリマ「モノノケ市」を同時開催します。
今年の妖怪仮装行列の見どころは,外国人の妖怪が多数参加されるところです。
詳しくは,「大将軍商店街」と検索し,ホームページをご確認ください。

「商店街活動に協力いただける方を募集中」
主な活動は,秋祭りや商店街の売出しなどのお手伝いになり,
商店街の加盟店になってご協力頂ける方には,
組合事務所の2階又は3階を組合会費と同額で貸し出すこともできます。
お手伝いいただく方の条件は,商店街活動にご理解があり,
フットワークの軽い情熱のある方になります。
イベントの企画や準備,広告宣伝などに,ぜひご協力いただきたいと考えています。
お手伝いいただける方がいらっしゃいましたら,商店街事務所までご連絡ください。
詳しくは,「大将軍商店街」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
「大将軍商店街振興組合」075-461-2520へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.10.01

このコーナーでは,「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,「町家キルト」の創作活動に取り組まれている
手芸家の林サヨコさんにお話を伺いました。
IMG_5214
IMG_5213

「町家キルトについて」
京都の町家や風景をパッチワークキルトで表現した作風の事で,
アメリカンパッチワークとの違いを表すために,
町家キルトと林さんが名付けました。
町家キルトを通して多くの方に,京都の良さを再確認していただく活動に取り組み,
懐かしい京都の街並みを大切にしたいと思う人を増やしたいと考えています。
また,町家キルトの材料は,箪笥に眠る代々の古着物です。
古い着物地を使うことで,懐かしさと温かさも感じられる作品となります。
現在,「町家キルト」を多くの方に知っていただくために,個展の開催や,
日本でただ一つの町家キルト教室の開講などに取り組んでいます。

「10月末から開催される個展について」
「林サヨコ創作キルトの世界~古布で綴るかやぶき物語~」を,
10月31日(火)~12月3日(日)まで,
京都府南丹市美山町にある「美山かやぶき美術館」で開催します。
入館料は500円で,開館は午前10時~午後4時30分まで,
月曜日は休館となっています。
生まれ育った町家とかやぶき屋根のデザインは,
林さんの作品の大切なモチーフになっています。
縦220cm×横175cmで1枚の絵の中に,かやぶきの四季を表現した,
新作タペストリーも展示させていただきます。
また,11月4日(土)には,関連イベントとして
「溝淵仁啓ギターコンサートin美山~町家キルトと紅葉に包まれて~」を開催。
当日は,午後4時開演,参加費は入館料込みで,予約3,000円,当日3,500円。
コンサートでは,アルハンブラ宮殿の思い出等のクラシックギターの名曲や,
赤とんぼ等の秋のイメージの曲の演奏,
そして林さんの作品をイメージしたオリジナル曲と詩の朗読とのコラボ演奏などを行います。
来年の2月21日~27日には,京都祇園ギャラリー西利でも個展の開催が決まっています。
詳しくは,「林 サヨコ」と検索し,ホームページをご確認ください。

「町家キルト教室の参加者を募集中」
町家キルト教室に参加し,懐かしい京都の町並みや風景を「町家キルト」で表現し,
たくさんの方に京都のすばらしさを再確認していただく活動を行いませんか?
現在募集しているクラスは,水曜日クラスと木曜日クラスがあり,
月2回,隔週の開催で時間は,午後1時30分~3時30分までの2時間,
入会金5,000円,月謝6,000円です。
伏見区深草直違橋にある工房で,初心者を対象に,小人数でゆっくりとしたペースで
お教えさせていただいていますので,
「町家キルト」で懐かしい京都の町並や風景を残す活動に興味のある方は,ぜひご参加ください。
詳しくは,「林 サヨコ」と検索し,ホームページをご確認ください。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.09.24

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,支援が必要な方々に食品をお届けする
「フードバンク活動」などに取り組まれている
NPO法人セカンドハーベスト京都の澤田政明さんにお話を伺いました。
IMG_5198

「NPO法人セカンドハーベスト京都について」
セカンドハーベスト京都は,安全に食べられるにも関わらず,
廃棄されてしまう食品を集め,支援が必要な方を支える団体等に
提供する活動を行い,フードロスの削減や必要な方に食品を提供できる
社会の実現を目指している団体です。
セカンドハーベスト京都では,食品を団体や施設などにお届けする「フードバンク」,
家庭の食品を集荷地点で寄贈いただく「フードドライブ」,
子ども食堂の起ち上げ支援や普及啓発等を行う「子ども食堂」支援などに取り組んでいます。
食品提供をご希望される団体・施設からの相談や,
子ども食堂をはじめたい方や運営されている方からの相談を受け付けています。
また,現在,個人の方へ食品を直接提供することは行っていませんが,
京都市内にお住まいの方はパートナー団体を通しての支援が可能な場合もありますので,
ご相談ください。

「フードドライブを実施されることについて」
「フードドライブ」は,家庭にある「買い過ぎた」「味が好みじゃない」
「お中元やお歳暮でもらったけど使い切れない」などの食品を寄贈していただく活動で,
地域や学校,会社,団体などで,食品ロスを減らす取組としても注目されています。
今回,9月30日(土)に西京極スタジアムで開催される,
「京都サンガF.C. VS ジェフユナイテッド千葉」との試合において,
この「フードドライブ」を実施します。
寄贈いただきたい食品は,缶詰,インスタント麺類,レトルト食品,
平成28年以降のお米などになり,
西京極スタジアムフレンズスクエア内の特設ブースにおいて,
正午から午後3時まで,食品1品からの寄贈を受け付けます。
なお,寄贈いただく食品の条件としまして,「賞味期限が2ヵ月以上あるもの」,
「未開封であるもの」,「自家製の加工食品ではないこと」になります。
お持ちいただく食品について,事前にホームページに掲載しますので,
お手数ですが,「セカンドハーベスト京都」と検索し,ホームページをご確認ください。

「ボランティアや食品の寄付などを募集されてます。」
食品を団体や施設などへお届けいただく,ドライバーやアシスタント,
また,フードドライブの受付を行っていただくボランティアの方を募集しています。
詳細についてはホームページをご覧いただき,ご質問等がありましたら,
ホームページのお問合せ欄から,ご連絡をお願いします
現在,お米,レトルト食品,缶詰,野菜,飲料,お菓子,離乳食など,
皆さんからの食品の寄付を募集しています。
加工食品は,賞味期限が1ヶ月以上で未開封のもの,
自家製の加工食品や匿名の寄付は不可,宅配便の元払いでの送付をお願いしています。
また,フードバンク活動を行うための寄付を募集しています。
約1000円の寄付で,80人以上の方へ食品をお届けすることができますので,
皆さんのご協力をお願いします。
他にも,食品関連企業や農業経営者の方で,市場に出せなかった食品や
戻ってきた食品で,社会貢献をしたいとお考えの方からのご相談もお待ちしています。
詳しくは,「セカンドハーベスト京都」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
「NPO法人セカンドハーベスト京都」075-343-7250へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.09.17

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,難病患者の方の就労支援や雇用創出などに取り組まれている
NPO法人京都難病支援パッショーネの上野山裕久さん,永野智香さんにお話を伺いました。
IMG_5197

「NPO法人京都難病支援パッショーネについて」
NPO法人京都難病支援パッショーネは,難病患者の方の経済的・社会的
精神的自立に寄与することを目的に,難病患者であるために,
就職先が見つからない方の相談に応じ,情熱を込めて就労支援を行っている団体です。
団体の設立は,設立者である私自身が,35歳の時に重症筋無力症を発病し,
3度の入退院を繰り返し,難病を持つ中で職を安定させることや就職活動の難しさ,
難病を持つことのハンデなどを痛切に感じたという実体験がもとになっています。
難病患者の方は障害者の方よりも,社会的,経済的な保障が少ないのが現状です。 
現在,採用を検討している企業に難病患者の方を紹介して就労に結び付けること,
難病患者の方を採用し,企業から受託した仕事を行っていただくこと,
難病のことを多くの方に知っていただく広報活動などに取り組んでいます。
広報活動では,ホームページで,難病患者の方の日常のちょっとした困ったことや,
世の中に伝えたいことなどを描いた4コマ漫画の公開や,
漫画を使った啓発パンレットなどを作成しています。
また,外部からの仕事を受注することに留まらず,
アニメキャラクターとのコラボ商品を製作・販売するなど,
自ら収益事業を展開し,
難病患者の方の雇用拡大を図ることにも取り組んでいます。
難病患者の方の就労支援に関する相談を髄時受け付けていますので,
まずは京都難病支援パッショーネにご連絡ください。

「アニメキャラクターのコラボ商品について」
現在,森見登美彦の京都が舞台の小説で,幻冬舎より2007年に刊行され,
2013年にテレビアニメ化された,有頂天家族の商標化権を取得し,
主人公である,たぬき姿の矢三郎を配置したオリジナルデザインの手ぬぐいを
製作・販売しています。
この手ぬぐいは,天然草木染めで,一つ一つ手作業で製作しています。
綿100%で肌触りがとても良く,しかも,水に濡らすと柄が浮かび上がる
「七変化」手ぬぐいで,価格は1,200円になります。
みやこめっせで開催されている「京都国際マンガ・アニメフェア」(京まふ)に
出店しているブースにおいて,先行販売を行っていますので,
ラジオをお聞きの皆さん!ぜひ,みやこめっせで,
実際に商品を見ていただき,ご購入をお願いします!
「京まふ」終了後は,当法人のwebショップで販売させていただきます。
こちらの商品を多くの方にご購入いただくことが,難病患者の方の就労支援や
雇用拡大につながりますので,皆さんのご協力をお願いします。
詳しくは,「京都難病支援パッショーネ」と検索し,ホームページをご確認ください。

「活動を資金面から応援いただける会員を募集されています」
京都難病支援パッショーネでは,難病患者であるために,
就職先がなかなか見つからないといった方の相談に応じ,
情熱を込めて就労支援のバックアップを行っています。
この活動の趣旨にご賛同いただき,
活動を資金面から応援していただける会員を募集しています。
会員には,総会で議決権のある「正会員」と議決権のない「賛助会員」があります。
私たちのビジョンに共感していただける老若男女,法人の方,ぜひ協力お願いします。
詳しくは,「京都難病支援パッショーネ」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,「NPO法人京都難病支援パッショーネ」
「075-366-6877」へお願いします。

LET’S “KYO” TOGETHER~今日からはじめる 京からはじまる~

2017.09.10

このコーナーでは「京都のためのちょっといいこと」をテーマに,
リスナーの方にも参加できる京都のまちづくりの取組を紹介しています。
今日は,本やわらべうたを通して,
親子のふれあいの楽しさや必要性を伝える活動に取り組まれている
京都南この本だいすきの会の岡田典子さんにお話を伺いました。
IMG_5177

「京都南この本だいすきの会について」
京都南この本だいすきの会は,北海道から沖縄までの全国約70支部で,
子どもと本をつなぐ活動を行っている「この本だいすきの会」の支部として,
1998年6月に活動をスタートさせた団体です。
京都府内8つ目かつ,唯一の主婦だけの支部として,
「絵本で子育て 心育て~絵本で育つ心とことばの力~」
「子育てに絵本とわらべうたを」をスローガンに,
乳幼児から小学生の親子や,マタニティママ・パパなどを対象に,
本の読み語りや一緒にわらべうたで遊ぶ活動を行っています。
主な活動には,本の読みがたりや貸出を行う出前型「ぴよぴよ文庫」,
保育園,幼稚園,児童館,図書館,子育てサークルなどで,
幼児を対象に開催しているおはなし会の「わらべうたとおはなしの世界」,
毎年1回開催している「京都南子どもの本と文化の集い」の開催などがあります。
また,子育てに役立つ講座やおしゃべりタイムなども開催し,
参加者の親同士の交流を深める場にもなっています。

「京都南子どもの本と文化の集い開催について」
10月22日(日)の午後1時30分から午後3時30分まで,
「第19回京都南子どもの本と文化の集い」を,
イオンモール京都Sakura館4階の「南区暮らしの工房館&Kotoホール」で開催します。
当日は,南区にある3図書館の職員による「ミニお話し会」の後,
絵本作家の正高もとこ氏を講師に迎え,
「なぜ子どもに絵本を読むの?絵本を読むといいことあるよ!」をテーマに,
お話しいただきます。
正高さんは,「がまとうさぎのもちあらそい」,「まいにちまいにちたんじょうび」,
「つばめのピーちゃん」,「どんぐりころちゃん」などの著者で,
当日は,子どもの成長に大きく影響する,
絵本のチカラや子育ての楽しみ方などのお話しをしていただきます。
終了後には,正高さんの著書販売サイン会も行います。
参加料は無料で,お子様の授乳&お昼寝スペースも用意していますので,
ぜひ,お子様と一緒に楽しい子どもの本のお話しを聞きにきてください。
会場の座席の関係上,できる限り電話での事前申込をお願いしています。
また,このイベント以外にも,先ほどご紹介しました様々な企画を,
府内の児童館や図書館などの様々な場所で実施しています。
直近では,18日(月)に吉祥院図書館で赤ちゃんのおはなし会,
19日(火)に南区子育て支援ルームすくすくみなみで絵本とわらべうたあそび,
21日(木)に松陽児童館でわらべうたとおはなしの会,
25日(月)に久世ふれあいセンター図書館ちいさなおはなし会で
乳幼児親子のおはなし会を開催します!
詳しくは,「京都南この本だいすきの会」と検索し,ホームページをご確認ください。

「一緒に活動を行うメンバーを募集されています。」
主な活動は,図書館や児童館,子育てサークルなど,
毎月7ヵ所で8~10回行っている,絵本の読み語りや,
わらべうた遊びなどになります。月1回の参加でも大丈夫です。
参加してみたいという方がいらっしゃいましたら,ぜひご連絡をお願いします。
詳しくは,「京都南この本だいすきの会」と検索し,ホームページをご確認ください。

お電話でのお問い合わせは,
「京都南この本だいすきの会」070-5348-4582へお願いします。

Newer

Older

goTop