4/18 Meets the Kyoto

20160418

今日は和束町の「お茶が楽しめるスポット」をご紹介。

京都府の南、山城地域の東南部に位置する和束町は、
街の中央に水のきれいな‟和束川”が流れ、
山間部では山の斜面の起伏を利用した茶畑が広がる
日本の美しい原風景を残す町です。

清々しい空気と涼しい気候そして昼夜の寒暖の差が
大きいというお茶の栽培の条件を全て備えた恵まれた地域で、
和束町での美味しいお茶づくりは800年以上続いていて、
別名「茶源郷」と呼ばれています。

そんな和束町では、美味しいお茶が頂けるスポットや催しなど、
「茶源郷」和束町の魅力を各所で体感することができます。

和束町の情報発信センターとなっている「和束茶カフェ」では、
和束町グッズやお茶をふんだんに使ったお菓子、
市場に出回る前のもっとも新鮮な和束茶が何十種類も販売され、
イートインスペースではプロが入れるお茶がいただけます。

「和束茶カフェ」から近い「和束運動公園」の芝生広場にある
「テラス和束」では、日本茶のインストラクターから手ほどきを受ける、
お茶の淹れ方教室を随時開催しています。

5月になると いよいよ茶摘みの季節に入り、
和束町の各所で茶摘み体験の募集が始まります。
そして11月には和束町の年に一度の大きなイベント「茶源郷まつり」が開催。
このお祭りでは、世界のお茶ブースやお茶尽くしの屋台村、
お茶の体験エリアなど、お茶をたっぷり堪能することができます。
「茶源郷」とも呼ばれる和束町で、茶畑の美しさや本物のお茶の味、
ここでしかできないことをぜひ体験してみてください。

お問い合わせ「一般財団法人和束町活性化センター」
TEL 0774-78-3396

京都府広報課インフォメーション>>>
「海の京都 TANTANロングライド」参加申し込み受付中

京都府では、日本三景の天橋立から自転車でぐるっと1周する
「海の京都 TANTANロングライド」の参加申し込みを受付けています。

※「ロングライド」とは・・・
自転車で交通規制を守りながら一般公道を走るレクリエーションで、
タイムを競う競技とは違って長距離を走ることを楽しみます。

海の京都の雄大な景色の中を自転車で走り、
エイドステーションでは郷土食を堪能できる【TANTANロングライド】にチャレンジを。

「海の京都 TANTANロングライド」
日時:6月5日(日)午前6時 START
コース:・Aコース>>>丹後天橋立大江山国定公園をめぐる190キロ
    ・Bコース>>>丹後半島をゆったり1周する100キロ
申し込み方法:大会公式ホームページより http://jtbsports.jp/contents/kitakyoto/
※締め切り:5月8日(日)
お問合せ:ANTANロングライド実行委員会事務局 TEL 075-284-0173

京都府ホームページ>>> http://www.pref.kyoto.jp/

goTop