5/25 Meets the Kyoto

20160525

今日は亀岡市の「明智光秀ゆかりのスポット」をご紹介します。

京都市の隣に位置する亀岡市は、京阪神の都市圏とのアクセスが良く、
周辺の山々や保津川など豊かな自然に囲まれている
住みやすい街と言われています。

亀岡市は、安土桃山時代に”明智光秀”が
丹波地域攻略の拠点として”亀山城”を築城し、
城下町を築いたことから近代的な発展を遂げました。

今日でも”明智光秀”は亀岡市の英雄とされ、
光秀にゆかりのあるスポットやイベントがあります。

もっとも大きなイベントは、毎年5月3日に開催されている【亀岡光秀まつり】です。
光秀が祀られている”谷性寺”での法要に始まり、
JR亀岡駅近くに広がる城下町を総勢500人の行列が練り歩く勇壮な武者行列は圧巻です。

“谷性寺”の前には、光秀の家紋にもなっている
桔梗の花を栽培している「ききょうの里」があります。

ここでは定番の紫色をはじめ、珍しいピンク色や八重咲きなど、
約5万株の桔梗を見ることが出来ます。見頃は7月ごろとのことです。

他にも、石垣とお濠ほりが残る「亀山城址」や、
“本能寺の変”の直前に光秀がお参りに行った愛宕神社までのハイキングコース「明智越え」など、
亀岡市には明智光秀ゆかりのスポットが数多くあります。

日本の歴史の中で最大の”下剋上”を起こした明智光秀が
なぜ亀岡市では英雄と称えられているのか、
その所以を探しに行ってみてはいかがでしょうか。

(問)「亀岡市観光協会」TEL 0771-29-5152

京都府広報課インフォメーション>>>

毎年5月に開催されている国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」に、
今年から新たに京都ステージが加わります。
大会史上初となる8日間8ステージ中、京都ステージは2日目の5月30日(月曜日)です。

当日は、9時25分に京田辺市にある地元物産の販売所「普賢寺ふれあいの駅」からセレモニーランが始まり、
同志社大学京田辺キャンパスを通過したのち、9時50分に「普賢寺小学校前」からレースがスタート。
精華町の「けいはんなプラザ」西側のゴールを目指します。

「普賢寺ふれあいの駅」や「けいはんなプラザ」をはじめとする観戦ポイントには、
自転車大好き芸人のインパルス堤下さんたち「よしもと自転車部」や、
京きゃらの皆さんが応援にかけつけてくれます。

また、”京田辺玉露レディ”によるお茶のおもてなしや、精華町のスイーツをはじめとする
京都府南部地域の特産品の販売も行われますので、ぜひお越しください。

(問)「ツアー・オブ・ジャパン 京都ステージ実行委員会事務局」TEL 075-414-4252

詳しくは、京都府のホームページをご覧ください。
京都府ホームページ>>> http://www.pref.kyoto.jp/

goTop