2/7 Meets The Kyoto

20180207

 

今日は大山崎町の“勝負祈願アイテム”【木製ひょうたん】をご紹介します。

 

大山崎町のシンボルといえば、大山崎町の西側にそびえる“天下分け目の「天王山」”。

この「天下分け目の天王山」という言葉は、
羽柴秀吉と明智光秀との『山崎の戦い』で、
天王山を巡る攻防戦が勝負の行方を左右したことから
そう呼ばれています。

 

『山崎の戦い』では、秀吉が味方の士気を高めるために
“千成ひょうたん”の旗印を高々と掲大山崎町げ、
結果、勝利をおさめたとされています。
大山崎町は、そんな秀吉の勝ち運にあやかって
勝負祈願ができる【木製ひょうたん】を作製しました。

 

勝負の願い事を込めた【木製ひょうたん】は、秀吉が旗印を掲げた場所、
旗立松展望台の近くにある「ひょうたん掛け処」にかけて祈願ができます。
もうすでに多くのひょうたんが掛かっているようです。
皆さんも受験や就職、スポーツ、プロポーズなど、
勝負の願いを込めて【木製ひょうたん】を掲げてみませんか?

【木製ひょうたん】は、「大山崎町・商工会」をはじめ、
大山崎町の各所で販売されています。

> MEETS THE KYOTO INFORMATION >>>>>>>>>

家族に対する素直な気持ち、伝えてますか?
恥ずかしくて面と向かって言えないことや、
口に出さなかった日々の小さな感謝などを、家族に手紙やメールで伝える。
そんな素敵でほのぼのとする家族の絆を紹介する
『京都発!手紙(メール)でむすぶ家族ふれあい大賞』の
15回記念イベントが開催されます。

イベントでは、千件以上の応募の中からの入賞作品を紹介・表彰するとともに、
「京の文化と家族のふれあい」をテーマに
「京都ぎらい」の著者・井上章一さんと、歌人の永田紅さんが対談する
トークセッションも開催します。
ぜひ、お越しいただき、心温まる家族の絆に触れて下さい。

『第15回 京都発!手紙(メール)でむすぶ
  家族ふれあい大賞表彰式&記念トークセッション』
日時:2月10日(土)10:30~12:30
会場:京都府立 京都学・歴彩館 大ホール
詳細:京都府こども総合対策課 TEL 075-414-4602

goTop