10/25 Meets The Kyoto

20171025

今日は宮津市で行われる【第8回 宮津まちなみシンポジウム】をご紹介します。

 

宮津湾や天橋立など“海の京都”としてすっかり定着している宮津市。
宮津市では、この美しい宮津の景観を考えるシンポジウムが
定期的に開催されています。

 

第8回となる今回は、明治から昭和にかけ、お茶屋がならび
芸妓さんが行き交う、まるで祇園のような賑わいをみせた
“新浜エリア”をピックアップして行われます。
当日は、午前中に宮津市民を対象にした町歩きが行われ、
午後からは、学生による取り組み発表や
“新浜エリア”に詳しい講師の方を迎えての講演会、
つづいてパネルディスカッションが行われ、
花街として賑わった当時の“新浜エリア”を振り返るとともに、
これからの町並み景観について考えます。

 

【第8回 宮津まちなみシンポジウム】は、10月28日(土曜日)、
「みやづ歴史の館」4階で開催。
同日開催として、同じく4階にある「宮津歴史資料館」では、
宮津の歴史や暮らし、文化などが再現されます。
参加費は無料で、お申込みも不要です。
この機会にぜひご参加ください。

> MEETS THE KYOTO INFORMATION >>>>>>>>>

山城地域の“お茶”と“食”を一堂に集めた、地域最大の食のイベント
【お茶の京都 食の祭典~JOYOフードフェスティバル~】が行われます。

 

会場では、城陽市の特産“てん茶”のふるまいや、
山城地域のさまざまな食材を使った和食やイタリアン、フレンチなど、
60を超えるお店がならび、
音楽コンサートや京舞妓の舞台、山城地域のご当地キャラが登場する
ステージイベントも行われます。
また、芝生の上では、
“竹とんぼ”や“紙飛行機”を飛ばして競うミニゲームなども実施され、
一日ゆったりと過ごせるイベントとなっています。

 

【お茶の京都 食の祭典~JOYOフードフェスティバル~】の開催日時は、
10月29日(日曜日)の午前10時から午後4時まで。
会場は、「京都府立 木津川運動公園・城陽五里五里の丘」です。

詳しくは、『城陽市お茶の京都博・実行委員会』
電話 0774-56-4005までお問合せください。

goTop