7/26 Meets The Kyoto

20170726

今日は京丹波町で行われる「夏祭り」をご紹介します。

京都府のほぼ中央に位置する京丹波町には、
古くから守り育てられてきた文化遺産や景観を生かした環境資産、
そして、地域性豊かな文化行事があります。
夏祭りもその一つで、エリアごとに特色のある夏祭りが開催されます。

丹波エリアでは、毎年多くの人で賑わう花火大会
【京たんば夏まつり】が行われます。
道の駅「丹波マーケス」を中心に、七夕まつりやミュージックベルの演奏、
よさこい踊り、カラオケ大会、そして2000発の打ち上げ花火など
様々な催しが行われます。

【京たんば夏まつり】は、8月5日・土曜日の開催です。
道の駅「丹波マーケス」へは、
京都縦貫自動車道・丹波インターチェンジからすぐです。

>> MEETS THE KYOTO INFORMATION >>>>>>>>>

京都府立植物園「夏の早朝開園」
7月28日~8月1日の「朝顔展」期間中、
京都府立植物園の開演時間が午前7時に、
8月13日までのその他の日程は、午前7時30分から開園となります。

また、子供たちに人気の「食虫植物展」が
8月6日(日)まで「観覧温室・特別展示室」で開催され、
ウツボカズラやサラセニアなど、
100種類150鉢の食虫植物が展示されています。
期間中は、土日を除いて午前11時から30分程度、
展示会場内で小学生以下の子供たちを対象にした観察会も開催。
夏休みの自由研究にもピッタリです。

(問)「京都府立植物園」電話 075-701-0141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つ、京丹波の瑞穂(みずほ)エリアでは【みずほ夕涼み大会】があります。

この夏祭りでは、地元の名産が並ぶ屋台や、ステージイベント

そして瑞穂の名産“瑞穂そば”を使って1本3メートルから

5メートルの そば を一気に食べる「瑞穂そば1本つるつる大会」など、

多彩な催しで会場を盛り上げます。

地元の有志による手作り感満載の【みずほ夕涼み大会】開催は、

8月11日・山の日の金曜日

会場は、JRバス「桧山(ひのきやま)」停留所近くの「桧山(ひのきやま)商店街(しょうてんがい)」です。

goTop