7/12 Meets the Kyoto

20170712

今日は亀岡市の「千手寺」をご紹介します。

亀岡市北部にある山「獨鈷抛山」の中腹に鎮座する「千手寺」は、
弘法大師・空海によって建てられたお寺です。
「千手寺」は、大同2年(807年)、空海が唐から帰国する際に、
日本に向かって“独鈷”と呼ばれる仏具を投げたことが
始まりとされています。

帰国後、春日明神のお告げによって
“独鈷(とっこ)”が、この地の松の枝にひっかかっているのが発見され、
“千手観音”を彫って本尊として祀ったことから「千手寺(せんじゅじ)」、
または「とこなげさん」と呼ばれるようになりました。

千手寺」は、目の観音さんとしても知られています。
眼病=目の病に 霊験あらたかと言われ
目の病に悩む、多くの参拝者が訪れています。

また4月17日と7月17日には、この日に参拝すると
1000日分 参拝したことと同じご利益がある
【とこなげさん千日まいり】の法要が行われます。

7月17日は来週の月曜日です。
この機会に参拝されてみてはいかがでしょうか?

「千手寺」へは、JR「亀岡駅」から京阪・京都交通バスに乗り換え、
「国道佐伯」停留所を下車、およそ1時間“歩いて”到着となります。
夏場に長時間の“徒歩”となります。
タクシー、バスの乗り継ぎも可能ですが
じゅうぶんな水分補給と休憩をとりながらお出かけください。

 

>> MEETS THE KYOTO INFORMATION >>>>>>>>>

「京都丹波」イチ推しの食プロジェクト
森の京都・京都丹波の「食」の魅力を
多くの方に知っていただき、味わっていただくため、
「ホテルグランヴィアグループ」佐藤伸二総料理長と料理メニューを共同開発する
「京都丹波」イチ推しの食プロジェクトを展開しています。

京都丹波エリアにある7つの道の駅などが、旬の「夏野菜」や、
米の食味ランキング特Aを獲得した「丹波産キヌヒカリ」など、
とびきりの食材を使って9種類の新メニューを開発しました。

「京都丹波」イチ推しの食「新メニューフェア」
会期:開催中~10月31日(火)
会場:京都丹波エリアの「道の駅のレストラン」など
URL:http://www.pref.kyoto.jp/nantan/nourin/ichioshi/top.html
TEL:「京都府南丹広域振興局農林商工部 企画調整室」0771-22-0133

goTop