6/14 Meets The Kyoto

20170614

今日は綾部市の「綾部バラ園」で行われている
『春のバラまつり』をご紹介します。

京都府北部に位置する綾部市は、繊維工業を中心に栄えた町で、
綾部の歴史文化や特産品など綾部市の情報を発信する施設
「あやべ グンゼスクエア」 があります。

その敷地の中にあるのが、
毎年この季節、私たちの目を楽しませてくれている
「綾部バラ園」です。

「綾部バラ園」は、庭の設計から土づくり、
苗の植え込みまで、全ての作業を綾部市民の方たちと
ボランティアの方たちで取り組まれている手作りのバラ園で、
2010年にオープンしました。

120種類およそ1200本のバラが栽培されていて
今でも市民ボランティアの方たちによって、
バラの花の維持と管理が続けられています。

また見ごろを迎える毎年 春と秋には「バラまつり」が開催されています。

「バラまつり」期間中は、バラ園が無料で開園され、
“バラの苗”などが販売されます。

園内に咲き誇るバラ園のシンボル“アンネのバラ”や
ツルバラを代表する品種“カクテル”でしつらえたバラのトンネルなど、
市民の方たちのアイデアで色とりどりのバラを見せてくれています。

たくさんのバラの美しさとその香りで
優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
『春のバラまつり』開催期間は6月25日(日)までです。

 「あやべ グンゼスクエア」の中にある「綾部バラ園」へは、
JR山陰本線または舞鶴線の「綾部駅」を下車して、
南口から出発する“あやバス”に乗り換え、
「グンゼ綾部本社前」停留所を下車してスグとなっています。

 

>> MEETS THE KYOTO INFORMATION >>>>>>>>>

京都府からのお知らせです。

みなさん、お父さんはがん検診、受けられていますか?
大腸がんは早期に発見できると治る確率が非常に高い病気であり、
その95%以上が早期発見・早期治療により
完治するというデータもありますが、
早期では自覚症状がないため、
発見するためには定期的に検診を受けることが大切です。
特にかかりやすくなる40歳以降の方は年1回の受診が可能で、
助成も受けることができます。

次の日曜・6月18日は、父の日。
大切なお父さんにいつまでも元気でいてもらうために、
ぜひ受診してもらって下さい。

京都府でも父の日に合わせ【いつまでも元気でいてね♪お父さん】として、
「大腸がんクイズラリー」や、大腸の形をしたトンネル
「大腸トンネル探検隊」など、
小さなお子さんも楽しく学べる啓発イベントを実施します。
大切なお父さんに受診してもらうためにも、
ぜひこの機会にご家族でお越しください。

日時:6月18日(日)午前11時から午後3時まで
会場:「イオンモール久御山」1階 憩いの広場

(問)健康対策課 がん対策担当【電話】075-414-4739

goTop