1/16 Meets the Kyoto

20170116

今日は大山崎町の「天王山」をご紹介します。

古くから京の都の玄関口として栄えた大山崎町は、
京都府の南西【天王山】のふもとに位置する街です。

天正10年、『本能寺の変』をキッカケに起こった
羽柴秀吉と明智光秀の戦い『山崎の戦い』。

その舞台になった【天王山】は、現在でもスポーツなど勝負事になると
“天下分け目の天王山”と例えられるほど、かつては重要なスポットでした。

【天王山】山中には、秀吉の本陣だった「宝積寺」や、
秀吉軍が士気を上げるため松の木に旗印を掲げた「旗立松展望台」、
そして山頂には、戦いに勝った秀吉が築いた“山崎城”の痕跡が点在し、
当時の面影を垣間見ることができます。

また現在、大山崎町と岐阜県関ケ原町が
それぞれ街のプロモーション動画を作成しYou tubeで公開、
その視聴数を競う『大山崎 天下取り決戦祭り』を開催しています。

戦国時代も、そして現代も戦いの舞台となっている【天王山】に
足を踏み入れてはいかがでしょうか。

 

(問)「大山崎町 企画観光係」 電話 075-956-2101

 

Meets the Kyotoインフォメーション>>>>>>>>>>>>>

 

京都府では、定期的に【京のおもてなし】というキャンペーンを行っていますが、
ご存じでしょうか。

京野菜をはじめ、お肉やお魚、お米など、
京都府産の食材を5品目以上使用した、
とびっきりのスペシャルメニューを
府内と東京都内のいろいろなお店で味わえる企画です。

今回開催の【京のおもてなし-2017・早春-】では、
92の飲食店やホテルが参加し、各店こだわりのメニューが期間限定で味わえます。


【京のおもてなし-2017・早春-】

日時:1月16日(月)~2月28日(火)

現在、専用のガイドブックを、京都駅の「京都総合観光案内所」
「京都府庁府民総合案内・相談センター」などで配布しています。

 

詳しくは、「京のおもてなし企画」で検索していただくか、

(問)「京都府 流通・ブランド戦略課」 電話 075-414-4971

goTop