11/28 Meets The Kyoto

20161128

今日は笠置町で行われる「自分探しの一日修行」をご紹介します。

京都府の最南端に位置する笠置町には、
「神のやどる山」として古くから信仰の対象とされている“笠置山”があります。

奈良時代になると“笠置山”は“修行の山”となり、
多くの僧侶がここで精神を鍛えたと言われています。

そんな“笠置山”で年に数回行われているのが、
修行体験【自分探しの一日修行】です。

その内容は、まず朝9時、笠置山に鎮座する“笠置寺”で受付を済ませた後、
修行に入る前の心構えや考え方を学ぶ“発心式”を行います。

その後、「般若心経」などで仏教の基本を学び、“座禅”で静かに自分自身を見つめ、
お昼になると特製の精進料理を頂き、笠置山に残る行場での修行、
そして最後に写経をして修了となります。

すべての修行が終わると修了証が授与され、
「笠置駅」近くにある天然温泉「笠置いこいの館」の入浴券が頂けます。
お帰りの際は、心地よく疲れた体を温泉で癒してください。

自然の中での修行という非日常の中から、新たな自分に出会えるかもしれません。
【自分探しの一日修行】
次回の開催は12月11日(日)
※お申込の締切は12月8日(木)

(問)笠置町商工会 電話 0743-95-2159

Meets the Kyotoインフォメーション>>>>>>>>>>>>>

【京都とっておきの芸術祭】
京都府では、障害のある方がそれぞれの個性や才能を発揮する場として
公募作品展を開催しています。

22回目となる今回は、京都府内全域から約600点の作品が集まりました。
絵画や陶芸、写真など、個性豊かな作品をご覧いただき、
とっておきの“芸術の秋”をお楽しみください。

【京都とっておきの芸術祭】
日時:12月1日(木)~12月4日(日)
場所:日図デザイン博物館(みやこメッセ地下1階)

(問)京都 障害者芸術祭 実行委員会 事務局 電話 075-414-4601

goTop