11/14 Meets The Kyoto

20161114

今日は和束町の「鷲峰山金胎寺」をご紹介します。

お茶の里「茶源郷」として知られている和束町にある
もう一つの観光スポット「鷲峰山金胎寺は、
名前の通り鷲峰山(通称:じゅぶざん)の山頂付近に建立されたお寺です。

「金胎寺」は、7世紀末ごろに修験者の開祖・役小角が開いたと言われ、
標高682m、古くから修行の山として栄えた「鷲峰山」は、
巨大な岩や不思議な岩が連なる、難易度の高い道のりとなっています。

勾配のきつい林道をはじめ、岩の中をくぐる「胎内くぐり」、
落差100mほどの絶壁の道などを経てたどり着いた「金胎寺」では、
1298年に建てられた重要文化財「多宝塔」や、木造の弥勒菩薩坐像など、
歴史文化財を見ることができ、良く晴れていれば遠くに琵琶湖も望め、
頑張って登った疲れが吹き飛びそうです。

「茶源郷」和束町のはじまりは、
その昔、鷲峰山のふもとにお茶の種をまいたことと伝えられています。
そんな和束町のルーツに訪れてみませんか?

(問)和束町活性化センター TEL0774-78-3396

Meets the Kyotoインフォメーション>>>>>>>>>>>>>

「関西文化の日」
関西の美術館や博物館、資料館など
文化施設の常設展の入館料を無料とする秋の恒例イベント。
14回目となる今回は、過去最高の658の施設が参加登録しています。
日程は、11月19日(土)20日(日)を中心に開催されます。

また、年間を通して芸術文化情報を発信している
webサイト「関西文化.com」では、

今年度の参加施設の無料開放 実施日や展示の概要、イベント紹介など、
便利な情報が掲載されています。
ぜひ活用し、関西各地の魅力あふれる文化をご体感ください。

H.P. 関西文化.com

(問)京都府文化交流事業課 TEL 075-414-4287

goTop