9/26 Meets The Kyoto

20160926

今日は八幡市の「流れ橋」をご紹介します。

宇治川、木津川、桂川の3つの川が合流する八幡市は、
川のある暮らしを古くから営んできた街。

なかでも木津川に架かる「上津屋橋=通称「流れ橋」」は、
川の水位が橋板に達すると橋脚を残して橋板だけが流れ、
水が引いたあと、橋板につながれたロープを手繰り寄せて
橋脚に乗せるという仕組みの橋で、昭和28年に建設されました。

木津川の自然豊かな風景に溶け込んだ「流れ橋」は、
時代劇の映画やドラマの撮影にも利用され、
観光スポットにもなっていましたが、平成21年の台風で流出・・・
その後、復旧工事が行われ開通するものの、
平成26年の台風で再び流出…と、度重なる被害にもあっています。

この経験を活かし、今年3月に復旧した新生「流れ橋」は、
先日の台風16号の大雨による増水が心配されていましたが、
無事、流れずに済みました。

一部コンクリート製ですが、大部分は木造の「流れ橋」。
昔からこの橋を思う地元の方たちや映画界の人たちなど
多くの方に大事にされ、流れない「流れ橋」として変わらず愛されています。

(問)「八幡市観光協会」TEL 075-981-1141

京都府広報課インフォメーション>>>>
京都府では、住民や地元企業の方に、
府が管理する道路の一定区間を
ボランティアで
定期的に環境美化活動をそてもらう
「さわやかボランティアロード事業」を行っています。

みなさんも参加して、
暮らしの中でいつも通る身近な道路をキレイにして守っていきませんか?
定期的にボランティアでの環境美化活動を行っていただける方なら、
誰でも参加出来ます。

(問)「京都府 建設交通部 道路管理課」075-414-5265

goTop