9/12 Meets The Kyoto

20160912

今日は城陽市から井手町、木津川市をまたがる「山背古道」をご紹介します。

「山背古道」は、京都と奈良のあいだ、
南山城の山際をうねりながら続く、全長25キロの旧道です。
木津川にほぼ並行している「山背古道」は、
緑豊かな山なみに四季折々の草花、
神社や古墳など見どころも多い散策路となっています。

JR城陽駅からスタートし、「鴻ノ巣山」や「青谷梅林」、
いろんな動物が彫られている「玉津岡神社」などを経て
ゴールのJR平城山駅まで、それぞれの町の特色が生かされた
「山背古道」25キロを一気に歩こうとせず、
南山城の歴史と自然を楽しみながら散策すれば
心身ともにリフレッシュできそうです。

路面に埋め込まれた、地域の子供たち作った
「山背古道」のマークを探して歩くのも一興。
古くから地域をつなぐ道として親しまれてきた
「山背古道」は、“懐かしさを感じる道”としても人気です。
これからの季節、ぜひ一度散策してみてはいかがでしょうか。

(問)「井手町企画財政課」TEL 0774-82-6162

京都府広報課インフォメーション>>>>
「高齢者の交通事故防止 強化月間」
9月は「高齢者の交通事故防止 強化月間」です。

高齢者の皆さんは交通ルールを守り、正しい交通マナーの実践に努めましょう。
またドライバーの皆さんは、高齢者が多く通行する住宅街では特に速度をおとし、
安全運転を心がけましょう。

「思いやり みんなでなくそう 高齢者事故」

goTop