7/4 Meets The Kyoto

20160704

今日は向日市の「西国街道めぐり」をご紹介します。

京都府の南西部に位置する西日本一小さな街・向日市には、
「向日神社」や「乙訓古墳群」、「長岡宮跡」など
歴史文化資源が豊富に点在しています。

なかでも建造物や石造物が数多く残されている
西国街道「阪急「西向日駅」から「東向日駅」までは、
気軽に巡ることができる散策コース。

スタート地点の阪急「西向日駅」近くには、
わずか10年だけおかれた都の中心「長岡宮跡」があります。
こちらは現在も発掘調査が行われ、昭和39年に国の史跡に指定、
「大極殿公園」という名前で憩いの場になっています。

「西向日駅」から南に歩き、「一文橋」から石畳の道「歴史の道」を北へ向かうと、
国の有形文化財「中小路家住宅」があります。

「中小路家住宅」は、「西国街道」の歴史風情を
さらに高める屋敷構えで、土間を改装した喫茶室があります。
江戸時代に建てられた旧家という特別な空間でお茶を頂いた後は、
さらに北へ歩き、もう一つの旧家「須田家住宅」や説法石”を経て、
ゴールの「東向日駅」へ到着。

コースから少し足を延ばせば、市の名前の由来となった「向日神社」や、
乙訓地域で最も古い「元稲荷古墳」など歴史観光スポットは まだまだあります。

幻の都“長岡京”が置かれた向日市に出かけて、
のんびりと「歴史散歩」をしてみてはいかがでしょうか?

(問)向日市観光協会 TEL 075-931-1111

京都府広報課インフォメーション>>>
『海の京都 ウォータープロジェクションショー
新・羽衣伝説「転生離合」』

日程:7月8日(金)-7月9日(土)
時間:1回目20:00~ / 2回目21:00~
ユネスコ世界ジオパークに認められた丹後の海、
中でも小天橋により外海と隔てられた静謐(な久美浜湾において、
日本最大級のウォータースクリーン(水の幕)に映像を浮かべ、
周囲を光と壮大な噴水で彩る一大スペクタクルショーを実施します。
なぜ、海の京都の海が美しいのか?
その美しい海に秘められた神話伝説を
今回のショーのために完全オリジナルのストーリーで書き下ろしました。
迫力ある演出と圧巻の映像美を体感ください。

イベントホームページはコチラ

goTop