LUXURY TIME!!

20090629

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

ビールが美味しい季節がやってきましたが、
ひとくちにビールといっても、種類や特徴は様々です。
しかし、ビールの分類は、世界的に共通のルールはありません。
そこで、いろんな分類方法の中から、
今日ご紹介するのは、発酵方法によって分類するものです。

まずは、「上面発酵酵母」タイプ。
20℃前後の常温に近い温度で発酵させて造り、
発酵の終わりに、酵母がビールの液体の表面に浮かびあがることから、
「上面発酵」といわれています。
このスタイルは「エール」と呼ばれ、イギリスやアイルランドのビールに代表されます。
冷蔵技術を必要としないため、古代から行われている醸造方法で、
冷蔵庫で冷やさずに常温で飲むのが最適とされ、
発酵させた時と同じくらいの温度で飲むと、
そのビールの特徴をより味わうことができると言われています。

続いて「下面発酵酵母」タイプ。
10℃前後の比較的低い温度で発酵させて造り、
発酵の終わりに酵母が底に沈むことから、「下面発酵」といわれています。
このスタイルは、「ラガー」と呼ばれ、
現在、世界のビール生産量のおよそ9割を占めていて、
日本の主流である、淡いビール「ピルスナー」もここに分類されます。
味が穏やかですっきりした味わいが特徴です。

そして最後が、「自然発酵」タイプ。
先にご紹介したエールやラガーのように人工的に酵母を加えるのではなく、
空気中酵母の働きを利用して、自然の状態で常温発酵させるスタイルです。
「ランビック」とも呼ばれているこのスタイルは、
酵母の生息地は限られているため、
一般的には、生産地はベルギーのブリュッセルとその近郊地域に限られています。

ということで、きょうご紹介した発酵方法以外にもいろんな分類方法がありますが、
どのビールも、すべては、消費者である私たちに
潤いを与えてくれるドリンクに違いはありません!!
「今晩はエールにしよう」、「ラガーが飲みたいなぁ」、
「久しぶりにランビックでも飲もうか」など、ワインを選ぶように、
その日の気分でビールの種類を選ぶのも、夜の楽しみのひとつですね!

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
今日は、イタリアンレストラン「トラットリア セッテ」をピックアップしました。
90120-2.JPG90120-3.JPG

ホテルロビーフロアから続くらせん階段をのぼった2階にある
「トラットリア セッテ」は、カジュアルなスタイルで楽しめる正統派イタリアン!
七条通りからかかる橋をあがると、外からも直接お店に入ることができます!
店内は、78席すべての席が窓に沿って配置されているんですが、
ぜひ、窓から見える国立博物館や石庭園の風景をお楽しみください。
また、イタリアンレストランには珍しい、6人掛けや8人掛けのテーブルがありますので、
グループやファミリーでゆったり食事をお楽しみいただけるのもポイントです。
ホテルレストランなのに、カジュアルな雰囲気が漂う一方で、
BGMには最新のイタリアンPOPSが使われるなど、
イタリアへのこだわりを徹底して感じる洗練されたイタリアンレストランとなっています!

気になるお料理なんですが…大人気のランチセットメニューは、全部で4種類。
まずは、週替わりのパスタがメインの「パスタセット 」。
メインのパスタは毎週水曜日に変わるのですが、
あさって7月1日(水)~7日(火)までは「アンチョビ風味のペペロナータ」です。
2つ目は、ボリュームたっぷりのナポリスタイル「石釜で焼くピッツァセット」!
7月7日までは「鶏肉のサルシッチャとブロッコリー」。
トマトソースを使わないビアンカスタイルで、自家製鶏肉ソーセージの旨みを引き立てました!
3つめは、「Pranzo」!!
偶数月はメインに「お魚料理」、奇数月はメインに「お肉料理」をセレクト。
7月7日までのメインは、「その日の鮮魚と有頭海老のグリル 赤ピーマンソース」です。
香ばしくグリルした海の幸を、キリッと冷えたシチリア産白ワインとともに召し上がり下さい!
そして4つめが、リピーターからのオファーによって実現した豪華な「スペシャルランチ」。
見た目にも楽しい5種類の前菜やあさりのリングイネ、
メインは、国産牛フィレ肉のローストを粒マスタードの酸味とともにお楽しみください。

続いて、ディナーは3種類のコースが揃っています!
月替わりのディナーコース「sette」は、
メイン料理として「パスタ」か「ピッツァ」を選ぶことができます。
冷製スープや、夏野菜のピッツァなど、夏を感じるメニューとなっています。
今度は、トラットリア セッテの料理長、南條シェフがオススメする
旬の食材をふんだんに使ったフルコース「エステイト」!
アンティパストの盛合せやその日のシェフお勧めのパスタ。
鮮魚のグリルなどを楽しんだ後、メインディッシュは、
最近注目の「北海道産 牛ロース肉」を薄切りしたタリアータと京野菜「賀茂ナス」のグリル!
スパイシーなソースがピリッと刺激してくれます。
デザートは、トロピカル100%!!
マンゴーのムースとココナッツアイスクリームとなっています。

そしてもう一つは、イタリア各州の代表的なお料理がコース仕立てとなったコース。
今月は、ラツィオ州にあるイタリアの首都「ローマ」の郷土料理をピックアップ。
前菜のトマトとキノコを器に見立てた冷製トリッパと豆の煮込みは、
器も含めてすべて食べることができますので、お楽しみください。
パスタは、一度食べたら病みつきとなる「じゃがいものニョッキ」。
メインは、「仔牛ロース肉の詰め物のロースト ローマ風」。
仔牛ロースに自家製ソーセージとアーティチョーク・ほうれん草のペーストを塗り、
「うずまき仕立て」となっています。
ローマ名物の「ひよこ豆のトマト煮込み」が添えてあり、食材のバランスの妙をお楽しみ下さい。
ということで、たくさんご紹介しましたが、
どのお料理もシェフのこだわりが行き渡り、舌を巻く美味しさです。
カジュアルな雰囲気で、最高のイタリア料理をいただくことができます。
もちろんコース料理だけでなく、
アラカルトメニューも充実していますし、ワインも豊富に揃っています!
カップルやファミリー、グループで、お料理をシェアするのもオススメです!

また、平日のランチやディナーを考えている方は、素敵な特典をご利用ください。
現在、「ハイアット リージェンシー 京都」の各レストランでは、
開業3周年を記念して、
ゲストへの感謝の気持ちを込めた「アーリーバードスペシャル」を実施中です。
こちらは、各レストランご利用日の3日前までに、
ランチまたはディナーを予約いただいた方に限り、
ご利用料金から、30%を割引きするという嬉しいサービスです。
3日前までに予約の際は、「アーリーバードスペシャル希望」とお伝えください!

イタリアンレストラン「トラットリア セッテ」の営業時間は、
午前11時から夜10時まで。
ランチタイムは、午前11時30分から午後2時まで。
ディナータイムは、午後5時から夜10時までとなっています。
予約の際は、
電話 京都075-541-3204までお問い合わせ下さい。

「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ!!

そして、最新情報をお伝えします。
ハイアットリージェンシー京都が、
「安心・安全・環境」に配慮した有機栽培農園で、
野菜の自家栽培する取り組みをスタートしました。
肥料によって、味が変わるか?など、
こだわりを感じる育て方にチャレンジしているそうです!
今後、トラットリア セッテをはじめとした全てのレストランで有機野菜が登場します。
詳しくは、また来月お知らせしますので、ぜひお楽しみに!!

goTop