KYOTO BLEND!!

20090713

夏といえば「怪談話」ゾワ~ッと涼を求めた方も多いのではないでしょうか?
そこで今日は、京都国際マンガミュージアムでは、
開催されている特別展「妖怪天国ニッポン~絵巻からマンガまで~」をご紹介します!!
090713blend1.JPG

この「妖怪天国ニッポン」は江戸時代の貴重な歴史的資料から、
現代における紙芝居、マンガにいたるまで、「フィクション」「キャラクター」として、
楽しまれてきた「妖怪画」の系譜をたどりながら、
日本人と妖怪の関係について追求したいわゆる妖怪”超”入門的展覧会なんだそうです。

こちらは諸星大ニ郎さんの「六福神」のパネル!!
智美さん、パネルと一体化しちゃってます。
090713blend2.JPG

展示内容は大きく4つのテーマに分類されています!!
①歴史的な妖怪画資料
現代の妖怪マンガの「源流」となった江戸時代の錦絵や幕末・明治の浮世絵、
板本など、貴重な妖怪画資料などおよそ140点を展示。

②見世物文化の中の妖怪
京極夏彦さんの妖怪小説の表紙を飾った「妖怪張子」の現物や、
見世物文化に登場していた”妖怪”を科学的に再現する体験展示「妖怪手品」など、
様々な妖怪たちを体験できます。

③現代の妖怪マンガ資料
現代を代表する妖怪マンガを、歴史資料のつながりの解説と共に紹介しています。
さらにそのうちの数作品は、原画・複製原画も展示しています。

④読書コーナー”こわいマンガ”で涼しくなろう!
この展示で紹介した妖怪マンガを中心に、暑い夏を涼しく過ごす”こわいマンガ”
500点以上を、実際に手にとって読むことができます。
090713blend3.JPG090713blend4.JPG

ここでは妖怪占いをすることも!!
090713blend5.JPG090713blend6.JPG

090713blend11.JPG090713blend12.JPG

音楽室のベートーベンの写真が笑うなど、
みなさんの学校にも七不思議ありませんでしたか?
090713blend8.JPG090713blend10.JPG

今回、案内して下さった伊藤さんと!!
090713blend7.JPG

他にも、工作ワークショップや、小学生向けセミナーも実施されているそうです。
期間は8月31日(月)までで、期間中は無休です。
時間は午前10時~午後8時まで。(入館は午後7時30分)
観覧料は大人1000円、中高生500円、小学生200円。
アクセスは・・・京都市営地下鉄「烏丸御池」北改札口2番出口すぐ。

京都国際マンガミュージアムのHPはコチラ!!

goTop