LUXURY TIME!!

20090713

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

先週、美味しいビールには、「泡」がかかせないというお話をしました。
きめの細かい泡は泡持ちが良く、ビールの香りや炭酸ガスがビールから逃げないように、
「泡」がふたの役割を果たすのですが、では、どれぐらい泡を作ればいいのか?
グラスやジョッキに注ぐ際に、見た目に美味しい、飲んでも美味しいビールは、
ビールと泡の比率が、7対3になることが理想といわれています。
自宅などで、瓶ビールや缶ビールを飲む時、
ビールを上手に注げないと思ったことがあると思います。
そこで、綺麗で長持ちする泡を作れる注ぎ方をご紹介しましょう。

日本で最も親しまれているピルスナービールの飲みごろの温度は、4度から8度。
時間の目安としては冷蔵庫にいれて5~6時間です。
次に、ある程度泡立ちさせるためにも、
少し背の高いグラスを用意して、適度に冷やします。
グラスを冷やしておくことで、泡立ち過ぎるのを抑えることができます。

用意ができたら、まず、両手にビールとグラスを持ち、
グラスは立てた状態のまま、垂直に持ちます。
090713LUXURY1.JPG

続いて、ビールをグラスの底に叩きつけるように勢いよく注ぎます。
090713LUXURY2.JPG

そして、すぐにグラスを傾け、後は最初にできた「泡」を消さないように静かに注ぎます。
090713LUXURY3.JPG

その際に、大きい泡にめがけて注いでください。
090713LUXURY4.JPG

最初にできた「大きな気泡」が弾けることで、きめの細かい「泡」が残り、
クリーミーで消えにくい「泡」が出来上がります。
090713LUXURY5.JPG

たとえ、自宅であろうと、できることなら美味しいビールにありつきたいもの。
ビールをより美味しく飲むためにも、
少しの努力を惜しまないことが、優雅な時間を作る秘訣かもしれません。

そして、もちろん、バーテンダーが入れるビールは格別です。
彼らがどのようにビールを注いでいるのか…
BARにお出かけの際は、目を凝らして注目するのも上達への近道といえるでしょう!

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
今日は、7月18日(土)に開催されるイベント
「ウェディング エクスペリエンス」をご紹介しましょう!
「ウェディング エクスペリエンス」は、毎月開催している大規模なウェディングイベント。
テーマに合わせてバンケットルームをディスプレイし、
会場の雰囲気やテーブルコーディネートのプレゼンテーションが行われております。
また、経験豊かなウェディング コンシェルジュとともに、
新しいスタイルでコーディネイトされた披露宴会場を見学いただきながら、
おふたりのウェディングイメージの手助けをしてくださいます。

ハイアット リージェンシー 京都のウェディングは、
装花からお料理、ケーキにいたるまで、
お二人のために創り上げる、テイラーメイドウエディングです。
そして、1組のカップルを1人のウェディング コンシェルジュがエスコート。
もちろん、シェフやフラワーアーティストといった各分野のスペシャリストも、
おふたりをしっかりサポートしてくれます。

今回の「ウェディング エクスペリエンス」は、7月18日(土)に開催。
午前11時から午後7時まで、3部構成で行われます。
第1部が、午前11時から。 第2部が、午後2時30分から。
第3部が、午後5時から行われます。

内容は…「会場コーディネイト」をご覧いただくほか、
「ウェディング コンシェルジュによる個別ご相談会」や「ホテル内のご案内」。
また、ウェディングドレスのフィッティングの上、写真撮影を行い、
その写真はプレゼントとして後日お送りするということです。

さらに、午前11時からの第1部では、ご好評いただいております「試食会」を開催。
第2部・第3部では、無料のフィンガーフードもご用意しています。

実際に足を運んで体験したり、見たり、聞いたりすることで、
よりお二人の理想が現実に近づく良い機会です。
何から始めればイイか分からない、ふたりの理想がイメージできない…というカップルは、
ウェディングのスペシャリストに
いろんなお話を聞くところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

ハイアット リージェンシー 京都らしい洗練されたスタイルとなっていますし、
京都らしい式を挙げたいという方にもオススメです。
結婚を考えているという皆さんは、ぜひ「ウエディングエクスペリエンス」にご参加ください!!
第1部のみ参加費が、ご飲食代として5000円必要です。
第2部・第3部はいずれも参加費無料となっています。

さらに、7月26日(日)にも、スペシャル ウェディング トークと題して、
第1部が午前11時から。第2部が午後3時から行われます。
「会場コーディネイト」をご覧いただくほか、
「ウェディング コンシェルジュによる個別ご相談会」や「シェフとのご相談会」など、
気になるポイントをくまなく見ることができ、相談することもできます。
また、この日は、第1部・第2部いずれも無料となっています。
なお、7月18日・26日両日の各回いずれも、
8組限定の完全予約制となっていますので、お早めにご連絡ください。

ただ、週末は仕事なので参加したいけどできませんというカップルもいると思います。
そういう方のために、毎日、ホテル内ギャラリーには、
ウェディング相談会の場が設けられていますし、
毎週木曜日なら、「イブニング トーク」と題して、夜9時まで行われています。
いずれも、事前に予約が必要ですが、
ウェディング コンシェルジュが丁寧に対応してくれますので、
まずは気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先は、ハイアット リージェンシー 京都 ウェディング直通までお願いします。
電話:075-541-3211
Fax: 075-541-3236
e-mail:wedding.hrkyoto@hyatt.com です。

さて、ハイアットリージェンシー京都が自信をもって提供されている
「テーラーメイド ウェディング」を1組様にプレゼントするという企画で、
見事当選された美鈴(みすず)さんですが、
現在、ウェディングスタッフとの打ち合わせが、始まっています。

挙式の日取りが、2009年12月29日(火)に決定!!
挙式までの打ち合わせ進捗状況などを織り交ぜながら、番組でご紹介させていただきます!
現段階で決定しているのは…
■京都の大学出身であり、東山に思い入れが深いことから、京都らしい結婚式を希望。
■新婦は、お花のお勉強もされていて、受付にもお花を飾りたい。
 さらに、新婦のお母さまもお花が好きということで、
 ご自身が学生時代にされていた流派を会場の一部に取り入れてみたい。
■オープニングやプロフィールなどでは、映像を使用したい。
 当日編集となるエンドロールも楽しみにしているといった点が分かりました。

さらに、両家のご家族も参加しての、打ち合わせも行われました。
お顔合わせも無事にすまされ、とても和やかな雰囲気の中、会場の見学をされたそうです。

このような感じで、打ち合わせはこれから徐々に進んでいきます。
番組では、今後もお二人の打ち合わせを通して、
ホテル ハイアット リージェンシー 京都のウェディングが
どのように進んでいくのかをご紹介して参ります。
ぜひ、結婚をお考えの方は、自分たちのイメージと照らし合わせながら、
参考にしていただければなと思います。

最後に、もうひとつ。昨年に引き続き、「京都流議定書イベント2009」が、
7月24日(金)25日(土)26日(日)の3日間、
ハイアット リージェンシー 京都で開催されます。
京都市と京都流議定書実行委員会の共催となる今年度は、
「京都スタンダードを探求する」をテーマに掲げ、
京都検定で御馴染みの岩上力さんが、
三日間の連続講座で、京都の一月から十二月を解説して下さいます。

また、その他にも、堀場製作所最高顧問 堀場雅夫さんや
門川市長が出演されるセミナーも予定されています。
一日目は「ホスピタリティー」、
二日目は「伝統とクオリア」、
三日目は「環境」という個別テーマを設けて、
それぞれの角度から京都スタンダードを探求します。
7月24日から26日までの3日間開催される「京都流議定書イベント2009」。
ぜひ、お出かけ下さい。

「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ!!

goTop