LUXURY TIME!!

20090721

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

昨日に引き続き、
スタンダードなカクテルをオーダーする際に目安となるカクテルスタイルのお話です。

まず、「リッキー」という言葉の入ったカクテル。
これは、ベースとなるスピリッツに、大きなライムを絞り、ソーダで割ったものを、
飲み手がマドラーでライムを潰して飲むスタイル。
スピリッツ本来の味を感じながら楽しめ、ジンをベースにした「ジンリッキー」や
ウォッカをベースにした「ウォッカリッキー」などが知られています。

続いて、「バック」という名の付いたカクテル。
これは、ベースとなるスピリッツやリキュールに、
レモンの果汁を入れ、ジンジャーエールで割ったもの。
バックという言葉は「雄鹿」という意味があり、荒々しい雄鹿のように「キックのある飲み物」、
つまり、アルコールが強いカクテルを表しています。
代表的なカクテルに、ジンをベースにした「ジンバック」があり、
最近では、ジンジャーワインをベースに割った「ストーンズバック」も人気となっています。

今日ご紹介した「リッキー」や「バック」といったカクテルスタイルには、
果汁やソーダにも味が勝ってしまう「テキーラ」よりも「ジン」があうといわれています。
また、シンプルなスタイルだけに、「ジン」本来の味や香りも楽しむことができ、
男女を問わず、人気となっています。
もちろん、ベースとなるスピリッツやリキュールを変えれば、味は大きく変わってきます。
飲み比べて、自分にぴったりなカクテルを探し出すのも、
お酒を楽しむ方法のひとつかもしれません。
ぜひ、自分の好みを伝えてみるなど、バーテンダーとのコミュニケーションも含めて、
美味しいカクテルTIMEをお楽しみ下さい。

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
今日は、日本料理レストラン「Touzan」をピックアップしました!!
0407touzan1.JPG0407touzan2.JPG

「Touzan」はホテル地下1階のガーデンフロアにあります!!
地上に向かって吹き抜けの石庭園があり、
店内からは、その自慢のお庭を望めたり、
陽の光もしっかりと差し込む明るい雰囲気となっています。
また、店内は、京都らしい和のテイストと斬新なデザインが融合した空間が広がり、
オープンな寿司カウンターと炭火焼カウンターがあるほか、
8人まで一緒に食事ができるセミプライベートルームが5つ、
16人が一堂に集える完全プライベートルーム も1つあります。
夏休みを迎えるにあたって、ご家族揃ってのお食事会などにぜひご利用ください!!
京都にはちょっとした機会に食事ができる個室が揃っているお店は意外と多くありません。
家族やお友達、会社の仲間が揃って、
ひとつのテーブルを囲むお食事会をプライベートな空間でお過ごしください。
0407touzan3.JPG0407touzan4.JPG

さて、お料理のほうですが、
京都ならではの旬の食材を使った和の味を楽しむことができます。
寿司カウンターや炭焼きカウンターを活かしたコンセプトをもとに、
より、京都では珍しい江戸前スタイルのお寿司や炭火料理にフォーカスされています。

人気のランチセットにはどんなメニューがあるのかといいますと…
●幅広い層に人気の定番メニュー「松花堂弁当」セット。
 お造りをいただいたあと登場するお弁当BOXには、
 賀茂ナスや万願寺唐辛子など、京野菜をはじめ、旬の食材が見た目も鮮やかに広がります。

●「お寿司の盛り合わせ」セット。
 新鮮なネタだけをセレクトした全10貫のお寿司が、竹カゴに入って登場します。
 板前の握る本格的なお寿司をお得にお召し上がり下さい。
 カウンターは苦手という方にも楽しんでいただけるよう、
 寿司カウンターから職人が握ったお寿司を、お庭の見えるお席でいただくことも可能です。

●「蕎麦の膳」セット。
 京生湯葉の小鉢からはじまり、お造りと煮物と続いて、
 メインは、そばの実になる前の若芽を精製した「ハイルチンそば」をお楽しみください。

続いて、ディナーコースは、炭焼きのコースが2種類あります。
お店の名前がコース名となった「東山」は、自慢の炭焼きを取り入れた会席コースです。
車海老、クラゲを使った鉢物や、京都の夏の食材「鱧」のお料理などが続いて、
メインの「強肴」は、炭焼きの魚介かお肉を選べるスタイルとなっています。
もう一つの炭焼き会席「伏見」は、
料理長自らセレクトしたその日おすすめのお料理、全11品をコース仕立てでお楽しみ下さい。
そして、お寿司のコースは自信を持ってオススメできるコース「祇園」1種類です。
「鱧落とし」などの鉢物に続いて、
お寿司、留め椀、デザートという流れででてくるんですが、
メインとなるお寿司は、寿司職人が、
新鮮かつ厳選されたネタを使って江戸前スタイルで15貫ほど握ります。
手の温度がネタに伝わらないよう一切の無駄を省いた握り。
そして、お寿司にまつわるいろんなお話など、
カウンターならではなお食事をお楽しみいただけます。
さらに、期間限定のコース「文月特別献立」も登場しています。
「鱧落とし」「鱧の子玉締め」「京野菜」のお料理が続いて、
メインは、兵庫県淡路のブランド「沼島の鱧」を「松茸」とともに、お鍋料理で召し上がり下さい。
さらに、締めには、職人が握る「お寿司」もあります。

京都の夏を感じる食材をふんだんに取り入れたお料理が、満載ですが、
今日ご紹介したTouzanのメニューはもちろん、
ハイアット リージェンシー 京都のすべてのレストランで、
長澤農園で収穫した、安心・安全で、新鮮な有機野菜を一部使用しています。

食材や味にこだわるだけでなく、食べる人のカラダの中まで、
すべてにおいて、きめ細かい配慮が行き届いています。
もちろん全てのレストランにおいて、アレルギー表示が行われています。
苦手な食材やアレルギーなどある場合は、気軽にお問い合わせください。

また、Touzanご利用の際は、ぜひお得な特典もご利用ください。
古都・京都にちなんだ「きものプラン」は、
着物または浴衣で来店し、お二人以上でランチセットかディナーセットを注文すると、
お一人分の料金が無料となります。
必ず事前予約が必要ですので、予約の際に「きものプラン」希望とお伝えください。

また、平日のランチやディナーを考えている方は、素敵な特典をご利用いただけます。
現在、「ハイアット リージェンシー 京都」の各レストランでは、
開業3周年を記念して、
ゲストへの感謝の気持ちを込めた「アーリーバードスペシャル」を実施中です。
こちらは、各レストランご利用日の3日前までに、
ランチまたはディナーを予約いただいた方に限り、
ご利用料金から、30%を割引きするというサービスです。
3日前までに予約の際は、「アーリーバードスペシャル希望」とお伝えください。

日本料理レストラン「Touzan」の営業時間は、
ランチタイムが、午前11時30分から午後2時30分まで。
ディナータイムが、午後5時30分から午後10時まで。
なお、毎週月曜日がお休みとなります。

予約の際は、Touzan
電話 京都075-541-3201までお問い合わせ下さい。

「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ!!

goTop