LUXURY TIME

20090818

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

昨日に引き続き、ヘミングウェイが愛したキューバのお酒のお話です。
1930年代以降、カクテル作りにミキサーが導入されたことにより、
ミキサーで作る「フローズンスタイル」のカクテルは、
カクテルの歴史の中でも今までにない新しい味わいを生み出しました。
そのフローズンスタイルの先駆けとなったのが「フローズン・ダイキリ」です。

フローズン・ダイキリの基本的なレシピは、
ホワイトラム、ライムジュース、シロップ、
さらに、マラスキーノチェリーで作ったリキュールを入れると味に深みが出ます。

モヒートとともに、この「フローズン・ダイキリ」も愛したヘミングウェイは、
「我ダイキリはフロリディータで、我モヒートはボデギータで」という言葉を残しています。
モヒートを飲むなら、ラ・ボデギータ・デル・メディオ。
フローズン・ダイキリを飲むなら、ラ・フロリディータで、とお店まで決めていたそうです。
ただ、彼がオーダーしたのは通常レシピと異なり、
砂糖抜きでダブルサイズというスペシャルなフローズン・ダイキリだったそうで、
多い時には、そのフローズン・ダイキリを
17杯以上=4リットル近くも飲んだという逸話まで残っています。

うだるような暑さが収まる夏の夕暮れ。
フローズン ダイキリは身も心も爽やかにリフレッシュしてくれます。

また、フローズンスタイルのカクテルは、ミキサーを使用するだけに、
シェイクやステアといった難しい技術が要りませんので、家庭で作るカクテルにも最適です。
夏のホームパーティーなどで、ぜひお試しください。

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
今日は、ホテルの顔ともいえる1階ロビーフロアにあるレストラン
「ザ・グリル」をPick Up!!
3547.jpg3549.jpg

「ザ・グリル」は、ブッフェスタイルの朝食やボリュームのあるランチ、
フレンチスタイルのディナーなど、1日を通して利用できるレストランとなっています!
天井が高く、オープンスペースとなっている店内には、
薪のオーブンを備えたオープンキッチンがあり、
シェフの声や料理をする音、さらには食材の香りがテーブル席にも届いてきます。
また、大きな窓からは、ホテル自慢の石庭園を見渡すことができ、
美しい緑が目に飛び込んできます。

お料理は、季節ごとの新鮮な素材の持ち味を最大限に生かし、
シンプルかつダイナミックに調理した正統派グリル料理が揃っています。
平日はランチセットが5種類あります。
スープがついた「サンドウィッチセット」
京都市の北にある旧日吉町の豚と、その豚から作ったソーセージがメインとなる
「京都日吉ポークのグリル」。
心地良い弾力があり、噛みしめるほど、旨みが広がる「大山地鶏もも肉のソテー」
ヘルシー志向の方にお勧めの「鮮魚のグリル」。
そして、メインのRib Eyeステーキとポテトが見る人を圧倒する
GRILLの人気メニュー「ニュージーランド産ビーフステーキ」があります。

すべてのランチセットに、前菜となる一品がついてくるんですが…
例えば、「京都日吉ポークのグリル」の前菜は、サーモンリエット。
その他にも、人気メニュー「ザ・グリルバーガー」のサイドディッシュには、
特徴のある大きめの「フライドポテト」がつきます。

また、注目すべきはザ・グリルのメニューをはじめ、
「トラットリア セッテ」「Touzan」と、
ホテル内すべてのレストランでは、長澤農園で収穫された有機野菜が使用されていること!!
090810luxury8.JPG090810luxury9.JPG

無農薬野菜栽培の第一人者である17代目 長澤源一さん指導のもと、
レストランスタッフらが育てた「有機栽培の野菜」は、本当に美味しいです。
食材や味にこだわるだけでなく、食べる人のカラダの中まで、
すべてにおいて、きめ細かい配慮が行き届いています!
090810luxury12.JPG

現在は、夏野菜の収穫ピークが過ぎ、
これからは、秋や冬の野菜の作付けなどを行うそうです。
どんな野菜が育ち、どんなお料理に登場してくるのか楽しみですね!!
また、全てのレストランにおいて、アレルギー表示が行われています。
苦手な食材やアレルギーなどある場合は、気軽にお問い合わせください。
090810luxury1.JPG090810luxury10.JPG

さて、夏休みも残りわずかとなってきましたが、
皆さん、家族との夏の思い出はできましたでしょうか?
なかなかまとまった休みがとれない方も多いと思います。
そんな忙しい家族の団らんには、週末限定のメニュー「ザ・ブランチ」をご利用ください!!
「ザ・ブランチ」は、週末 土曜日・日曜日限定メニューで、
午前11時30分から2時30分まで実施されています。
メニューは…週末ということで、優雅にスパークリングワインからスタート!!
続いて、前菜と食後のデザートは、ブッフェからお好きなものをどうぞ。
ラタトューユやポークリエット、季節のスープなど、
南フランススタイルの様々な前菜をお楽しみいただけます。
そして、メインディッシュは、
●「ソーセージとオニオンのオムレツ」
●「大山鶏モモ肉のソテー」
●「京都日吉ポークのグリルとソーセージ」
●「本日の鮮魚のグリル」
●「ステーキフリット」以上、5種類の中から選ぶことができます!!
デザートも含めると、ほんとボリュームたっぷりです!!

週末のお昼を優雅な気分にしてくれる限定の「ザ・ブランチ」はおひとり3950円!!
なお、土曜日はレディースデイとなっていて、
女性に限り、事前にザ・ブランチを予約される際に
「レディースデイ希望」というだけで、おひとり2950円で召し上がることができます!!
ガールズトークに華を咲かせる「女子会」が最近ブームですし、
お値段も、おひとり3950円が2950円と、とってもお得になっていますので、
女性の皆さん華やかな週末をお過ごしください!!

小さいお子さんがいらっしゃるご家族なら、日曜日がオススメ!!
日曜日は、「ファミリーデー」となっていて、
予約をしていただくと12歳以下のお子さんは前菜とデザートが並ぶブッフェのみ無料です。

日曜日は家族全員がそろわないので平日利用したいという皆さんは
大人気メニューのザ・グリルバーガーとビールなんていうのも、オススメ!!
レストランに隣接して、テラスもありますので、
夏の夕暮れに、親子の絆を語り合うのもイイんじゃないでしょうか!!

平日のランチやディナーを考えている方は、素敵な特典をご利用ください。
現在、「ハイアット リージェンシー 京都」の各レストランでは、
開業3周年を記念して、
ゲストへの感謝の気持ちを込めた「アーリーバードスペシャル」を実施中です。
こちらは、各レストランご利用日の3日前までに、
ランチまたはディナーを予約いただいた方に限り、
ご利用料金から、30%を割引きするというサービスです。
3日前までに予約の際は、「アーリーバードスペシャル希望」とお伝えください!!

レストラン「ザ・グリル」の営業時間は…
ブレックファーストが、午前6時30分~10時30分まで。
平日のランチと週末のブランチは、午前11時30分~午後2時30分まで。
ディナーは、午後5時30分~午後10時までとなっています。
予約の際は、ザ・グリル 電話075-541-3203までお願いします。

今日ご紹介した各レストランの詳細は、オフィシャルサイトでご覧いただけます!
「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ

goTop