LUXURY TIME

20091109

この「LUXURY TIME」では、
平日のアフターファイブや週末を華やかにしてくれる
お酒を紹介するとともに、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」の魅力をお届けしています。

今日から「ワイン」についてのお話です。
「これでお酒をつくりなさい」
そういって神様が授けてくれた果物が葡萄だった、という伝説があります。
その伝説通り、つぶして置いておけば、それだけでも発酵を始めてくれるブドウは、
まるで、ワインになるために生まれてきた果物といえるかもしれません。
ただ、そんな自然に一番近いお酒だけに、
ちょっとした製法の違いで、びっくりするほど味わいに違いが出てきます。

現在、ワインの生産地は世界中にあり、
世界で生産されるワインの量は、300億リットルともいわれています。
しかし、ブドウの樹は、暑すぎても寒すぎても育ちません。
樹の生育を抑制するだけの寒い冬、成長を始めるのに適した穏やかな春、
開花と実の生育を促す十分な日照量のある暑い夏、完熟させて豊かな香りをもたらす秋。
これらの四季が揃う、北緯30~50度、南緯20~40度の範囲に、
ワイン産地は集中しています。
中でも、最も代表的な生産国はフランスです。
生産量が世界一でおよそ20%を占めるというだけではなく、
世界で最も上質とされるスパークリングワイン「シャンパン」の故郷、「シャンパーニュ」。
いくつかのブドウ品種をブレンドする製法や、
長期熟成型の赤ワインで知られる地域「ボルドー」。
ボルドーとは反対に、ひとつの品種で造ることが多い地域「ブルゴーニュ」など、
フランス各地で造られるワインの品質はどれも高く、
ワイン界のリーダー的存在と言っても、過言ではありません。

しかし、そんな上質のフランスワインも、保存の仕方で、台無しにしてしまいます。
中でもワインの大敵は光と温度。日光や高い温度はワインを変質させてしまいます。
直射日光を避け、できるだけ暗い場所が好ましく、蛍光灯は避けましょう。
長期間保存するには比較的涼しく、温度差の少ない場所を選びます。
さらに、新聞紙などに包み、発泡スチロールや段ボールの箱に寝かせておくと、
コルクも乾かず、匂いもつきにくいでしょう。

ただ、一度、栓を開けたら、あまり日を置かず、早めに飲みきってしまうことが、
最後まで美味しくいただける一番の秘訣といえるかもしれません。

ここからはホテル「ハイアット リージェンシー京都」の魅力をご紹介します!!
「ハイアット リージェンシー 京都」が位置する東山南部周辺は、
風情あふれる街並が今なお残り、観光客がたくさん訪れる地域です。
そんな「東山南部」周辺をテーマにした、写真投稿コンテストが、現在実施されています。
タイトルは、「東山南部地域活性化委員会主催 第一回 写真投稿企画
   東山南部 心に響くフォトエッセイ~ゆっくり歩いて・見て・感じたものを作品に~」です。

「東山南部」とは、鴨川より東、北は五条通りから南は東福寺までを含む地域のことで、
「東山南部地域活性化委員会」は、
この地域に含まれる寺社仏閣や京都国立博物館、各集客施設や3つの商店街、
地元の陶磁器組合、旅館、学校、そしてホテル ハイアットリージェンシー京都など
およそ30団体をメンバーとし、地域振興を目的としています。
今回のフォトコンテストでは、
独自の歴史や風情が残る東山南部地域を散策する中で出会う
「人」「建物」「景色」「地域生活」などについて、
心に響き感動を受けた情景を撮影した写真作品として募集しています。

応募されたすべての方を対象に、参加賞が授与されるほか、
特別賞を受賞された方には、
「泉涌寺・銘々皿」「智積院・拝観案内」「京都国立博物館・特別展入場券」
「ハイアットリージェンシー京都 レストランディナー券,宿泊1泊招待券」など、
豪華商品が授与されます。

応募作品については、
東山南部地域活性化委員会の厳正なる審査によって、
各特別賞の受賞作品を決定後、応募された方に直接メールにてご連絡となります。
応募期間は、11月30日(月)まで。
応募方法は、インターネットもしくは携帯電話からの送信となります。
インターネットから投稿の場合は、http://kyoto-higashiyama.jp にアクセスの上、
応募フォームより投稿ください。

携帯電話から投稿の場合は、
pe@ kyoto-higashiyama.jp に写真を添付の上、メールを送信してください。
イベント詳細など、詳しくはホームページをご覧下さい。

さぁ、そして、東山南部にお出かけの際は、
ホテル「ハイアット リージェンシー 京都」にお立ち寄りください!!
オススメは、ホテル1階ロビーフロアに構えるレストラン「ザ・グリル」です!!
3547.jpg3549.jpg
「ザ・グリル」は、ブッフェスタイルの朝食やボリュームのあるランチ、
フレンチスタイルのディナーなど、1日を通して利用できるレストランとなっています!!

天井が高く、オープンスペースとなっている店内では、
シェフの声や料理をする音、さらには食材の香りがテーブル席にも届き、
大きな窓からは、自然豊かなせき石ていえん庭園を見渡すことができます。

また、お料理は、薪オーブンがあるオープンキッチンで調理し、
旬の素材をシンプルな味付けでダイナミックに仕上げ、最高にジューシーです。
平日はランチセットが5種類あります。

さつまいものスープが付いた「サンドウィッチ セット」。
全粒粉を使用したサンドウィッチには、
スモークベーコンとスパニッシュオニオンがたっぷり入っています。
「京都日吉ポークのグリル」セットは、
旧日吉町の豚と、その豚から作ったソーセージがメイン。
クリーミーなマッシュルームソースで召し上がりください。

続いて、絶妙の柔らかさに蒸し煮した「仔羊すね肉のブレゼ」セット。
ヘルシー志向の方にお勧めの「鮮魚のグリル」。
そして、メインのRib Eyeステーキとポテトが見る人を圧倒する
GRILLの人気メニュー「ニュージーランド産ビーフステーキ」があります。
全てのセットに、メイン料理にあわせた一品とデザートがついてますので、
ボリュームたっぷりです!!

レストラン「ザ・グリル」の営業時間は、
ブレックファーストが、午前6時30分~10時30分まで。
平日のランチと週末のブランチは、午前11時30分~午後2時30分まで
ディナーは、午後5時30分~午後10時までとなっています。
予約の際は、ザ・グリル 電話075-541-3203 までお願いします。

京都は、本格的な秋の観光シーズンを迎えはじめていますが、
東山南部地域には、紅葉を含め、見どころがたくさんあります。
カメラを片手に、素敵な東山南部を散策。
感動したスポットで撮影を済ませた後、
レストラン「ザ・グリル」で優雅なランチタイムを過ごす。
必ずや、素敵な秋の思い出となることでしょう。
東山南部地域の燃えるような秋をお見逃しなく!!

「ハイアット リージェンシー 京都」のHPはコチラ

goTop