☆Rambling Journey☆

20101101

毎週月曜日の「KYOTO AIR LOUNGE」と、
毎週日曜日の「OVERSEASTOP40」では、列車で行く、ブラリ旅をご紹介しています。

目的・テーマ別、ちょっとした休日に、自然の楽園・絶景を見る!
歴史を感じる!、食べ歩きづくし!、温泉でリラックス!などなど、
そんな列車で行く旅を楽しんでみませんか?

先月10月23日に
大人の愉しい食マガジン「あまから手帖11月号」が発売となりました。
その誌面に【JR特急「サンダーバード」で行く、旬の魚=旬魚の街~七尾×ノドグロ】という
特集があります。

石川県七尾市にあります、
温泉街『和倉温泉』や、七尾駅周辺の美味しいグルメスポットなどが掲載。
今回は、その「あまから手帖」とタイアップして、「七尾」エリアをご紹介します。

能登半島の中心といわれる七尾市には、
古い歴史に彩られた街並みや工芸品。
そして、七尾湾でとれる海の幸をはじめとする自然の味覚が揃っています。
JR七尾駅からスグの一本杉通りへ向かうと、
明治から昭和初期に建てられた、お醤油さんの蔵や、和ロウソク屋さんが並び、
日本の古き良き風景を楽しめる通りとなっています。
どのお店でも、七尾ならではのお土産を買うことができるんですが、
「あまから手帖」がオススメしているのが、
一本杉通りに面する、昆布・海産物を売るお店「しら井」です。

蝦夷の地から昆布やニシンを運び込み、
賑わった江戸時代の七尾を彷彿される創業80年の「しら井」。
吹き抜けの土間には、利尻昆布や羅臼昆布をはじめ、
天然の昆布が所狭しに並び、日本のダシの文化が凝縮されています。
鍋料理やあったかい汁物が食べたくなるこれからの季節。
美味しいダシに欠かせない天然昆布をお土産に買って帰ってはいかがでしょうか?

お腹がすいたら、
一本杉通りから歩いてスグの「幸寿し本店」へ!!
港町ゆえに魚にうるさい地元の人々にも人気のお寿司屋さんです。
カウンター席のお寿司屋さんなのに、14貫で3150円と
関西ではありえない安さで提供されるメニュー「おまかせ」は、
地元七尾湾や富山湾に揚がる海の幸が中心となっています。
旬のアオリイカやノドグロ、カマスに白エビのほか、
甘エビの濃厚なミソをたっぷりのせた軍艦といった珍しいモノまで、
江戸前スタイルで満喫することができます。

今日ご紹介した七尾は、見る観光ではなくふれあい観光を揚げ、
お店のご主人や女将さん、街を歩くおじいちゃんやおばあちゃんの目線で、
七尾の魅力を聞いて楽しむ観光ができるスポットです。

あまから手帖11月号とRambling Journeyがタイアップしておすすめする
「七尾へ行く列車の旅」をお楽しみください。

JR西日本からのお知らせです。
今回オススメするのは、金沢・加賀エリアまでの特急列車の往復きっぷと、
金沢・加賀のJR、周遊が3日間乗り放題、
さらに兼六園や石川県立美術館といった、
主な観光施設の入場券や伝統工芸体験がセットになった「金沢・加賀ぐるりんパス」です。

例えば、京都市内発ですと、
お値段は、大人お一人が14000円、お子さんはお一人7000円。
金沢市内や加賀温泉泉郷エリアの観光にはかなりおとくです。
なお、この「金沢・加賀ぐるりんパス」は、2名以上が同じ行程で利用することが条件となります。
お子さんだけでのご利用はできません。

利用期限は来年の平成23年3月31日までの連続する3日間、
発売期間は来年の平成23年3月28日までで、
利用開始日の1ヶ月前から前日までにお買い求め下さい。

更に、旅行先での移動に手軽でお得な【駅から観タクン】もとっても便利!!
駅前タクシー乗り場のタクシーを利用して、周辺の観光地をおとくな価格で、
気軽にまわっていただけるタクシー観光プランです。
北陸エリアですと、
石川県の和倉温泉駅や福井県の武生駅・福井駅・芦原温泉駅から
出発するコースがあります。
予約いらずで当日購入もOK!!

今日ご紹介した「金沢・加賀ぐるりんパス」、「駅から観タクン」に関して詳しくは、
詳しくは、JRおでかけネット
またはJRの主な駅のパンフレットでチェックして下さい。

goTop