京都駅ビルからもしもしリポート♪

20110726

さあ、いよいよお子さんは夏休みに入り、
旅行やレジャーを計画中の方も多いんじゃないでしょうか・・・

そんなあなたに、耳寄りな情報をKYOTO AIR LOUNGE水曜日・木曜日担当の
川原ちかよさんが京都駅ビルから届けてくれました♪

DSC_0076.JPG
雄大な北アルプスの山々に囲まれ、数多くの温泉が湧く、
岐阜県高山市の「奥飛騨温泉郷」。

その「奥飛騨温泉郷」を体感できるイベントが、
今日26日火曜日から29日金曜日まで、
京都駅ビルインフォメーション前広場で開催されています!!

DSC_0073.JPGDSC_0074.JPG

奥飛騨といえば、何と言っても北アルプスに代表される大自然と、
日本第3位を誇る湧出量にめぐまれた温泉が一番の見所ですよね。
奥飛騨温泉郷とひとくちにいっても、5つの異なる温泉地を擁していますよ。

まず、北アルプスの登山口としても知られる「新穂高温泉」、
奥飛騨で最も古くからひらかれた湯の里「平湯温泉」、
山里ならではの素朴さと懐かしさを感じさせる「福地温泉」、
歴史と伝統、そして新しい魅力も併せ持つ「新平湯温泉」、
清々しい川のそばにあって渓流釣りファンにも人気の「栃尾温泉」。

温泉の泉質も一種類ではなく、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫黄泉、単純泉と
4種類の泉質がお楽しみいただけます。
中には1つの施設内で2種類の泉質を楽しめるところもありますよ。
お肌にやさしく、疲れもとれて健康にとってもいいとのことです。

真夏であっても3000メートル級の北アルプスには、涼しい高原の風が吹いています。
この夏は暑さを逃れて、ぜひ涼しい奥飛騨温泉郷へ行ってみてくださいね!

夏の期間中には奥飛騨温泉郷各地でいろんな夏祭りも開催予定とのこと。
まず、昨日7月25日から8月25日までは「福地温泉夏まつり」、
8月1日から8月5日までは「平湯温泉猿満まつり」、
8月5日から8月21日までは「新平湯温泉いで湯まつり」がそれぞれ開催されます。

DSC_0077.JPGDSC_0079.JPG

奥飛騨温泉郷や大自然の写真パネルの展示があったり、
ハイビジョン画像によるPRビデオの放映があったりと、
奥飛騨温泉郷がどんな所か、一目でわかるイベント会場となっていますよ~。

京都をはじめとした関西方面からですと、
電車の場合はJR高山本線ダイヤの充実などによりアクセスも向上したそうですよ。

ちなみに京都から高山へのJR直通特急も通っていて、
およそ3時間42分で高山の中心までつけますよ。
高山駅から奥飛騨温泉郷まではバスをご利用ください。

また、クルマの場合は、名神高速・一宮ジャンクションから、東海北陸自動車道へ。
東海北陸自動車道・飛騨清見インターチェンジで、
中部縦貫自動車道に乗り換えてもらい、高山インターチェンジで下車。
その後は国道158号線を走ってもらうと奥飛騨温泉郷に到着します。
渋滞などがなければおよそ4時間半で温泉三昧ですよ。

なんと言っても、まず、「日本を元気に!震災復興支援」と題し、
会場で毎日先着500名さまに
奥飛騨温泉郷で使える2,000円分のクーポン券を配布しています!

奥飛騨温泉郷内の宿泊やお食事、お土産などで使えるということで、
オトクな企画ですよね。

また、会場ではアンケートに答えてもらうと、
奥飛騨の名産品があたる抽選にも参加できますよ!

気になる賞品はといいますと、、、全国から出品される米の品評会で
3年連続受賞されているという、奥飛騨名産のお米『黄金のきらめき』や、
地酒、足袋とタオルの御旅セット、奥飛騨の天然水などです。
簡単なアンケートですのでぜひ参加してください。

このエリアの中心地で朝市も有名な飛騨高山エリア、
美しい手付かずの大自然を満喫できる上高地エリア、
そして、合掌造りが有名な白川郷エリアなど、
温泉を満喫する前後に足を伸ばしてみたい観光スポットがたくさんあります!

キャンプ場もエリア内に数多くありますので、避暑にも抜群ですし、
秋は紅葉、冬はウィンタースポーツなど、
四季を通じていろんな楽しみ方がある奥飛騨温泉郷にぜひお越しくださいね!

奥飛騨温泉郷について詳しくは、
奥飛騨温泉郷観光協会のホームページをご覧下さい。

 
なお、この京都駅ビルでのイベントは毎日午前10時から午後6時までとなっていますので、
気になる!という方は明日以降、
ぜひ京都駅ビルインフォメーションセンター前広場によってみてください!

goTop